アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 音楽
  • 東京国際映画祭コンペに役所広司×小栗旬初共演作出品 主題歌は星野源

東京国際映画祭コンペに役所広司×小栗旬初共演作出品 主題歌は星野源

 10月22日より東京・六本木で開催される『第24回東京国際映画祭』のコンペティション部門に、役所広司小栗旬の初共演が話題の『キツツキと雨』(沖田修一監督、2012年2月11日公開)が、日本映画としては唯一出品されることがわかった。

 同作は、『南極料理人』(2009年)で藤本賞新人賞、新藤兼人賞金賞などを受賞した期待の若手・沖田監督の最新作。舞台はのどかで小さな山村。そこにゾンビ映画の撮影隊が突然やってくる。ひょんなことから無理やり手伝わされる羽目になった木こりの克彦(役所)。一方、新人監督の幸一(小栗)は、生来の気の弱さで現場をまとめきれずにパニック寸前。そんな2人の偶然出会いから始まる、村と撮影隊の奇妙なコラボレーションをコミカルに温かく描く。

 エンディング曲は俳優、文筆などで注目を集めるシンガー・ソングライターの星野源が、主題歌「フォルム」を提供している。

オリコントピックス