オリコン2011年年間 CD&DVD ランキング大発表
誰もが「生きる」ということを見つめ直した2011年。そんな1年にどんな曲が、作品があなたのパワーの源になったのだろうか。新しい力の台頭、大変な記録、哀しみの中にあっても時代は動いていくし、音楽の素晴らしさは変わらない。2011年のGREATSを一挙紹介!
AKB48が上位5枠を独占!子役も大ブレイクした1年

 ブームとか現象とか、そんな表現だけでは語りつくせないほどAKB48の勢いは凄まじかった。2月に発売された「桜の木になろう」から「上からマリコ」までの5作品がすべてミリオンセラーとなり、2011年のシングル年間ランキングの上位5枠を独占した。上位5位までを1アーティストが占めるのも初めてならば、1年間で5枚のミリオンセールスを叩き出したアーティストも史上初。全てが桁違い、全てが規格外の驚き。さらに、SKE48が「パレオはエメラルド」でメジャーデビュー2年にして年間TOP10入りを果たせば、2011年にCDデビューを果たしたNMB48も「オーマイガー!」で堂々の上位ゲットと、姉妹グループの動向からも目が離せない状況を呈している。派生ユニットの作品も含めると、TOP50の3割を占めるものすごさ。2012年もシングルマーケットは彼女たちを中心に動いていくのだろうか。

 一方、2010年の年間TOP10をAKB48と分け合った嵐も、この1年にリリースした2作品をしっかりとTOP10に入れてきた。「Lotus」「迷宮ラブソング」ともにメンバーが主演するテレビドラマの主題歌。それだけ個々の活動が充実していたともいえ、そんな状況下にあってもグループとしての貫禄をしっかりと示すあたりに、彼らのマルチな人気を感じさせる。ゴールデンタイムのレギュラー番組をスタートさせた関ジャニ∞も同じく、メンバーの個性とグループのバランス感覚の良さが幅広いアピールにつながり、TOP50に4作品と結果を残した。また、Kis-My-Ft2(キス・マイ・フット・ツー)はデビュー曲「Everybody Go」が堂々の上位入り。Hey! Say! JUMPも2作品がランキングをにぎわせる安定ぶりを示し、11月デビューのSexy Zoneも好調な滑り出しを見せつけるなど、ジャニーズアーティストの活躍ぶりも顕著だった。

 だが、この1年で最も知名度を上げたのは間違いなく、芦田愛菜と鈴木福の子役2人だろう。彼らが出演したドラマ『マルモのおきて』(フジテレビ系)の役名でリリースした薫と友樹、たまにムック。の「マル・マル・モリ・モリ!」は、キッズソングの歴史に刻まれるほどのロングセラーとなり、愛くるしいマルモリダンスは、伏せ目がちだった人々にも笑顔を取り戻させていった。音楽の楽しさを、この幼い2人が思い出させてくれた1年だったと言えよう。

 2010年に新たなムーブメントを巻き起こしたK-POPからも次々とニューパワーが台頭し、ランキングを彩った。そんななかにあって、俳優でもあるチャン・グンソクの歌手デビュー作「Let me cry」の週間ランキング1位獲得はセンセーショナルだった。というのも、海外アーティストではグループ、ソロを通じて史上初の快挙。オレ様キャラの浸透は、日本中の目を釘付けにした。年間29位は堂々たる勲章だ。

嵐が3連覇を達成!音楽の力を信じたアーティストたち

 シングル同様、嵐とAKB48の一騎打ちとなったアルバムランキング。ここでは、嵐が前年に『僕の見ている風景』で手にした年間首位の座を『Beautiful World』で守り通すとともに、2009年からのアルバムランキング3連覇を達成した。リリースされるシングルがことごとくヒットを記録、確実に年間ランキングのTOP10に入るなど、ともすれば“シングルアーティスト”のイメージで捉えられがちな彼らだが、『Beautiful〜』にはシングル5曲以外に、メンバーのソロナンバーや新曲を含めた全18曲が収められるというボリューム感で、彼らのライブにも負けない“豪華さ”と“楽しさ”を打ち出している。このサービス精神もまた嵐の魅力であり、それがアルバムの高セールスに跳ね返ってもいるのだろう。

 一方のAKB48『ここにいたこと』は、意外にもこれが初のオリジナルアルバム。「ポニーテールとシュシュ」「ヘビーローテーション」などのシングルヒット4曲を軸に、SME48、SDN48、NMB48といった姉妹ユニットも参加した表題曲など、ビギナーからマニアまでを引きつけた構成は見事。

 3位にはEXILEのオリジナル作品『願いの塔』が入り、TOP3を全てオリジナルアルバムで占める形となった。ポータブル端末などに収録して聴くというリスニングスタイルの普及とともにベストアルバムへの需要が高まったことで、ここ数年、年間のTOP3には少なくとも1作はベストが含まれている状況だったが、2005年以来となるこの記録は、オリジナル作品の楽しさを再認識させてくれることにつながっていくかもしれない。そんなTOP3を形成した嵐、AKB48、EXILEと、いずれもが東日本大震災に心を砕き、慈善活動に注力したアーティストたちだ。悲劇の中でともすればエンターテインメントの灯を見失いそうになった上半期、そんななかで音楽の力を信じ、たくさんの勇気と笑顔を送り届ける大きな存在となった彼らにふさわしい結果ではないだろうか。

 また、前年に続き年間TOP10入りを達成した、いきものがかりの初ベスト『いきものばかり〜メンバーズBESTセレクション〜』が累計で100万枚を大きく突破。少女時代やKARA、東方神起といった韓国アーティストのアルバムはシングルセールスを凌駕(りょうが)するデータを与えてくれた。いずれのアーティストも、2012年の注目ポイントの1つであることは間違いない。

 韓国の影響がランキングに反映したものはほかにもある。それが、TBS系ドラマ『美男ですね』だ。チャン・グンソクが主演し日本でもヒットした韓国ドラマが日本で初リメイクされ、Kis-My-Ft2のメンバーが出演するなど話題となった同作のMUSIC COLLECTIONが30位。さまざまな“韓流”が世間を賑わした1年でもあった。

 桑田佳祐の復活も音楽界にとっては明るい話題となった。渾身の力作『MUSICMAN』が貫録のTOP10入り。2011年はチーム・アミューズ!!として発売した「Let’s try again」(シングル年間12位)をはじめとするチャリティ活動にも粉骨砕身した桑田が、次なるステップとして今後どういうアプローチを見せてくれるのか、大いに期待したい。

 苦境に立たされたニッポンに優しく手を差し伸べてくれた海外のアーティストのことも忘れてはならない。公私にわたり力強く支えてくれたレディー・ガガは、その人気もすっかり定着し、アルバム『ボーン・ディス・ウェイ』が洋楽トップのセールスを記録した。注目度、影響力などどれをとっても破格の存在だ。アヴリル・ラヴィーンやレッド・ホット・チリ・ペッパーズは『SUMMER SONIC』に出演し、パフォーマンスで観客にパワーを与えてくれた。J-POPの名曲をカバーした『ラブ・ソングス』で、新たな魅力を打ち出してくれたシェネルの活躍も、特筆すべきトピックだったといえるだろう。

(文:田井裕規)

▲このページの最初に戻る



役立つ!使える!おすすめ情報満載♪ 春の新生活「応援」特集 2019