2010年オリコン年間ランキング シングル
MENU
1位〜25位 26位〜50位
順位
タイトル/アーティスト名
推定累積売上数(枚)
26
228,448
レビュー
Amazon購入着うた(R)
27
228,189
レビュー
Amazon購入着うた(R)
28
225,638
レビュー
Amazon購入着うた(R)
29
204,561
レビュー
Amazon購入
30
196,258
レビュー
Amazon購入
31
179,927
レビュー
Amazon購入
32
173,206
レビュー
Amazon購入
33
165,507
レビュー
Amazon購入着うた(R)
34
164,203
レビュー
Amazon購入着うた(R)
35
160,683
レビュー
Amazon購入
36
157,324
レビュー
Amazon購入
37
152,501
レビュー
Amazon購入着うた(R)
38
147,479
レビュー
Amazon購入
39
147,355
レビュー
Amazon購入着うた(R)
40
145,354
レビュー
Amazon購入着うた(R)
41
144,973
レビュー
Amazon購入着うた(R)
42
144,874
レビュー
Amazon購入着うた(R)
43
136,508
レビュー
Amazon購入
44
136,003
レビュー
Amazon購入
45
134,381
レビュー
Amazon購入着うた(R)
46
133,978
レビュー
Amazon購入
47
133,922
レビュー
Amazon購入着うた(R)
48
130,957
レビュー
Amazon購入着うた(R)
49
130,145
レビュー
Amazon購入着うた(R)
50
130,137
レビュー
Amazon購入着うた(R)
1位〜25位26位〜50位
【調査期間】2009年12月28日付〜2010年12月20日付
(2009年12月14日〜2010年12月12日)
若手お笑い芸人も健闘!

 2010年を代表するキーワードの発信源となったNHK朝のテレビ小説『ゲゲゲの女房』。その主題歌としてお茶の間に浸透したいきものがかりの「ありがとう」が33位にランクイン。優しさやいたわりを内包した楽曲が、未来の見えにくい現代に疲れた人々の心を、いかに癒してくれたかを知らしめるデータといえる。

 若手お笑い芸人のはんにゃとフルーツポンチが歌う「Onaraはずかしくないよ/ピラメキたいそう」が年間ランキングでも34位と健闘。“配信世代”にファン層が多い彼らだが、CDという“形”になっても大きな成果を残した。キャラクターアイテムとしてのCDの行方を占う上で注目したい1作だ。

EXILE「もっと強く」 いきものがかり「ありがとう」

いきものがかり
「ありがとう」

はんにゃ,フルーツポンチ
「Onaraはずかしくないよ/ピラメキたいそう」

声優&K-POPが目覚しい活躍をした2010年の音楽シーン

 TBS系アニメ『けいおん!!』が生み出したムーブメントは、2010年も鮮烈だった。登場キャラクターである平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬・中野梓(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈)からなるバンド、放課後ティータイムが「GO! GO! MANIAC」の39位を筆頭にベスト50内に3作品をランクインさせた。同じくTBS系アニメからは『Angel Beats!』のオープニングテーマ「My Soul, Your Beats!」とエンディングテーマ「Brave Song」をカップリングさせたシングルが38位を獲得。深夜アニメの放送が賑わいを見せる近年だが、そうした動きが新たな胎動を刻んでいることを強烈に印象づける推移といえる。

 K-POPアーティストの台頭も2010年の大きなエポックとして外すことはできない出来事だろう。その一翼を担った少女時代の2ndシングル「Gee」が49位に。海外女性アーティスト(ソロアーティストも含む)のデビューシングルとして歴代最高の初登場順位を記録したデビュー曲「GENIE」に続き画期的な記録の誕生だ。これまでの日本のアイドルグループにはなかったビジュアルイメージと音楽性は、同性から好まれるニュータイプの女性アイドル像を確立しており、アイドルシーンに新たな時代の到来を告げているのかもしれない。

放課後ティータイム〔平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬・中野梓(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈)〕「GO! GO! MANIAC」 少女時代「Gee」

放課後ティータイム〔平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬・中野梓(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈)〕
「GO! GO! MANIAC」

少女時代
「Gee」


(文:田井裕規)

▲このページのトップに戻る