オリコン2010年上半期ランキング シングル
MENU
1位〜25位 26位〜50位
順位
タイトル/アーティスト名
推定累積売上数(枚)
26
113,481
レビュー
Amazon購入着うた(R)
27
111,489
レビュー
Amazon購入
28
109,456
レビュー
Amazon購入着うた(R)
29
104,187
レビュー
Amazon購入着うた(R)
30
100,484
レビュー
Amazon購入着うた(R)
31
93,759
レビュー
Amazon購入
32
85,315
レビュー
Amazon購入着うた(R)
33
81,532
レビュー
Amazon購入着うた(R)
34
76,056
レビュー
Amazon購入
35
75,964
レビュー
Amazon購入着うた(R)
36
74,922
レビュー
Amazon購入
37
74,103
レビュー
Amazon購入
38
72,062
レビュー
Amazon購入
39
69,231
レビュー
Amazon購入着うた(R)
40
68,482
レビュー
Amazon購入着うた(R)
41
68,078
レビュー
Amazon購入
42
64,331
レビュー
Amazon購入着うた(R)
43
63,470
レビュー
Amazon購入
44
61,094
レビュー
Amazon購入着うた(R)
45
60,101
レビュー
Amazon購入着うた(R)
46
58,724
レビュー
Amazon購入着うた(R)
47
58,060
レビュー
Amazon購入着うた(R)
48
56,765
レビュー
Amazon購入
49
56,484
レビュー
Amazon購入
50
56,469
レビュー
Amazon購入着うた(R)
1位〜25位26位〜50位
【調査期間】2009年12月28日付〜2010年6月21日付
(2009年12月14日〜2010年6月13日)
アニメ・キャラクター楽曲が好調!

 アニメシーンが元気だ。前シリーズでも桜高軽音部としてヒットを連発したTBS系『けいおん!!』からは、放課後ティータイム〔平沢唯・秋山澪・田井中律・琴吹紬・中野梓(CV:豊崎愛生、日笠陽子、佐藤聡美、寿美菜子、竹達彩奈)〕による「GO! GO! MANIAC」が21位、「Listen!!」が26位と、今回も期待に違わぬ好セールスで素材感を見せつけた。

 その『けいおん!!』と並んでヒット曲の宝庫となったのが、同じくTBS系で今年4月から放送がスタートした『Angel Beats!』である。オープニングテーマの「My Soul, Your Beats!」とエンディングテーマの「Brave Song」のカップリングでリリースされた、Lia/多田葵のシングルが5月26日発売にもかかわらず10万枚超えで堂々の27位をゲットしたほか、同アニメに登場するバンドGirls Dead Monster名義によるシングル「Crow Song」が43位、「Thousand Enemies」が49位と立て続けにTOP50入り。この他にも毎月のように作品がリリースされており、下半期にはこちらもチャートを賑わせることとなるだろう。

水樹奈々
「PHANTOM MINDS」 西野カナ「会いたくて 会いたくて」

水樹奈々
「PHANTOM MINDS」

西野カナ
「会いたくて 会いたくて」

同姓からの支持率が高い西野カナが健闘

 昨年から引き続き好調の放課後ティータイムやGirls Dead Monsterに代表される、アニメのキャラクター・シングルがさらに勢いを増しているのもこの上半期のアニメシーンを取り巻くムーブメントのひとつならば、声を演じている声優アーティストのセールスの上積みも大きなうねりのひとつだ。水樹奈々が「PHANTOM MINDS」を31位、「Silent Bible」を38位に2作送り込むなど高い安定感を示す一方で、声優もこなす南條愛乃をボーカルとする2人組音楽ユニットfripSideの「LEVEL5―judgelight―」が47位と新たな台頭も見て取れる。初の映画化で注目された『劇場版 銀魂 新訳紅桜篇』の主題歌に起用されたDOESの「バクチ・ダンサー」が32位で、テレビシリーズで数々のヒット曲を生み出した同アニメの底力をスクリーンでも見せつけた。

 同性からの高い支持を背景に西野カナの2作品「会いたくて 会いたくて」「Best Friend」がそれぞれ35位と40位にランク。共感を呼ぶ等身大の歌詞と伸びやかな歌声は、作品を重ねるごとに浸透度・注目度ともにアップを続けており、年末の年間ランキングでも興味深い存在となりそうだ。

(文:田井裕規)

▲このページのトップに戻る