ORICON STYLE

2006年03月15日
WaT
“音楽が大好き”というキモチが伝わるステージ

 2004年5月から『WaT Entertainment Show 2006 ACT“do”LIVE』を続けてきたウエンツ瑛士と小池徹平の爽やかシンガーソングライター・デュオ、WaT。ACTとLIVEの2部構成で行われるこのショーは、彼らのエンターティナーとしての魅力を余すところなく披露してくれるもの。Vol.4のステージは、昨年11月のメジャーデビュー後初ということもあって、注目度も半端じゃない。しかも初の大阪・名古屋公演を含む全10公演という大躍進。あまりの報道陣の多さに、今回は本番直前の公開ゲネプロ(マスコミ関係者を招待しての最終リハーサル)の模様をレポートする事に。リハといえども初っ端から前のめりの2人(笑)。関係者をも乗せてしまいました!

 白いTシャツとジーンズ姿で手を振りながら登場した2人は、満面の笑顔。メジャーデビュー曲「僕のキモチ」でLIVEがスタート。彼らの歌声は、春の空気みたいにその空間をホンワカさせてくれる。客席にいるのは関係者だけど、コール&レスポンスをフツーに要求してくるウエンツ。
「カメラを持ってる人も一緒に歌ってー!」(ウエンツ)
少なすぎるレスポンスに「まーこんなもんだと思ってたけど」(ウエンツ)と言いつつも、めげずに再度求めてくるなど、挑発的(笑)。1曲1曲全力で歌う彼らのエネルギーが、“音楽が大好き”というキモチから発生している事を感じる。ステージに映し出される映像も、昔2人が歌っていた場所だったり、その周りの風景だったり。忘れたくない想いと大事にしたい想いが溢れていた。「卒業TIME」ではウエンツが今にも泣き出しそうな顔をしているし、徹平は目をギュッと瞑ったまま熱唱だし、こちらもウルッときてしまった。

喜怒哀楽を感じてほしい

 続くACTは2部構成。第1部が集団自殺という現代社会の問題を皮肉ったブラックコメディー、第2部は戦争の無意味さを訴えるシリアスドラマ。どんな内容であろうとも、Vol.1の時から一貫して“喜怒哀楽を感じてほしい”と言い続けてきた彼らが今回挑戦したテーマは“死”。生きているのに死を望む人たちと、生きたいのに死んでしまった人たち。彼らは驚くほどの迫真の演技で訴えかけてきた。若い彼らがそういう問題に正面から立ち向かう姿を目の当たりにして、今回のショーを体験した人たちは、ただ“面白かった”と片付けるわけにはいかないだろう。
「僕らは、いろんな見せ方をして2人個々の力をつけていきたいんです。今回で4度目だし、ステップアップをしないといけないなと思って頑張りました」(ウエンツ)
「毎回毎回パワーアップして、今僕達ができることを精一杯伝えたいということが一番大きいですね」(徹平)
 いや、めちゃくちゃ伝わりました。世間に注目されているWaTだからこそ、社会に対して出来ることがあるって事を自らも確信したと思う。いろんな意味でWaTへの期待が膨らんだEntertainment Showでした。

(写真:鈴木健太)
(文:三沢千晶)
RELEASE
WaT Entertainment Show 2006 ACT“do”LIVE Vol.4
WaT
2006/04/26[DVD]
\4,500(税込)
ユニバーサルミュージック
UMBK-1097

DVDを購入する
卒業TIME
〜僕らのはじまり〜
【初回限定盤】

WaT
2006/03/01[アルバム]
\3,000(税込)
ユニバーサルミュージック
UMCK-9139

CDを購入する
卒業TIME
〜僕らのはじまり〜
【通常盤】

WaT
2006/03/01[アルバム]
\2,800(税込)
ユニバーサルミュージック
UMCK-1202

CDを購入する
最新スナップショット満載!photo gallery
ウエンツ瑛士、小池徹平の2人組。
ウエンツ瑛士は、4歳の時からモデルで活躍。以降、ドラマ・映画・バラエティー番組に出演し、持ち前のキャラクターでお茶の間の人気者に。
小池徹平は、2001年第14回『JUNONスーパーボーイ・グランプリ』受賞後、CX系『ウォーターボーイズ2』、NTV『ごくせん』、TBS系『ドラゴン桜』と人気ドラマに次々と出演。
2002年、毎週日曜日に代々木公園近辺でストリートライブをスタート。
2003年12月のストリートライブで1,000人以上の大観客が集まり、大混乱になって以後ストリートライブを終了。
2004年2月、マキシシングル「卒業TIME」をインディーズからリリース。
2005年11月2日、シングル「僕のキモチ」でユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー。初登場2位を獲得。
2005年12月31日、NHK系『第56回NHK紅白歌合戦』に出演。デビューから最短での出演となり話題を呼ぶ。
2006年1月25日、シングル「5センチ。」をリリース。初登場2位を獲得。
2006年3月1日、アルバム『卒業TIME〜僕らのはじまり〜』をリリース。初登場2位を獲得。
2006年4月26日、初のDVD『WaT Entertainment Show 2006 ACT“do”LIVE Vol.4』をリリース。

オフィシャルサイト
【過去の特集】
■シングル「5センチ。」特集
 『鮮烈なデビューを飾ったWaTの2006年第1弾シングル!!』(2006/01/25)
■シングル「僕のキモチ」インタビュー
 『ストリートから飛び出し遂にデビュー!』(2005/11/02)