ORICON STYLE

日常に近い!?ふと口ずさむ感じの歌

――小さい女の子とか、Perfumeに憧れていると思いますよ。 【のっち】 わたしがもし今小さかったら、Perfumeに憧れていたかなあ?
【あ〜ちゃん】 この前やったダンスコンテストでも、小さい女の子たちがたくさん応募してきてくれたんですよ。「やろう!」って誰かの家に集まって動画を撮ってくれたんでしょうね。「みんなの学校でPerfumeのことが話題にのぼっているんだ」ってことを想像すると本当に嬉しい。わたしたちがSPEEDさんに憧れたように、今の小さい子供たちにとってPerfumeがそんな存在だったら嬉しいですね。

――きっとみんな「昨日の『MUSIC JAPAN』観た?」とか学校で話しているんですよ。 【あ〜ちゃん】 そうなんですかね〜!『MUSIC JAPAN』のわたしたちなんて、座ってニコニコしているだけですけど(笑)。「もうちょっと働いた方がいいんじゃないかな?」っていう説もあります(笑)。

――(笑)「時の針」とか「心のスポーツ」は、とくに小さい子が一緒に歌いやすいかもしれないです。 【かしゆか】 今回は鼻歌しやすい歌がいっぱい入っていますね(笑)。わたしたちもよく鼻歌をしています。
【のっち】 たしかにPerfumeの曲って、今まで鼻歌をしやすい感じのものはあまりなかったかもしれない。
【かしゆか】 「Dream Fighter」を鼻歌するのも変な気がするし(笑)。「レーザービーム」も向かないし、ふと口ずさむ感じではないのかな。今回の歌って、日常に近い感じがいろいろあるのかもしれない。前までは近未来の感じとかが多かったけど。

――その変化の理由は、中田さんも語らず? 【あ〜ちゃん】 そうですね。でも、それこそ「スパイス」で歌っているみたいに<知らないほうが いいのかもね>だと思います。作詞した人に意味を詳しく聞くのって、愚問だと思うんですよ。書いた瞬間の気持ちがあるんだろうし、その想いは全て歌詞に書き記してあるんだろうし。でもわたし、それを中田さんに一度しちゃったことがあるんです(笑)。「SEVENTH HEAVEN」のときなんですけど。<天国へ>って、急に天国へ行っちゃうから、「なんでですか?」って普通に聞いちゃったんです。そうしたら「まあそれは天国へ行っちゃうくらいの飛んだ気持ちと言うか」って答えてくださったんですけど、今考えたらすごいこと聞いちゃったなと(笑)。中田さんは謎めいたミステリアスな雰囲気があって、わたしたちも詳しいことを聞かない。だからこそ特別な存在でいてくださるのかなと思います。例えば「神様って何やっているのかな?」って調べないじゃないですか(笑)。視聴者さんの感覚と同じように、わたしたちにとっても中田さんはミステリアス。だからわたしたちもとくには詳しいことは聞かないで、自分たちで想像をふくらませて楽しんでいるんです。それで良いんだなと思います。小さい子とかも想像してくれているんですかね?

ライブにも新しい楽しさが出てくる

――自由に想像していると思いますよ。あと、言葉の響きの気持ち良さを無邪気に楽しんだり。 【あ〜ちゃん】 そういう楽しみ方は抜群だと思います(笑)。中田さんも言葉の響きを大事にしていろんな歌詞を書いてくださっているはずだから。「心のスポーツ」の<ほっぺたにキス>とかも、そういう楽しさがあって。音の響きがバッチグーな曲ばかりです!!物語がちゃんとありつつ、音の響きが音程と合っている歌詞。天才的ですね。

――「心のスポーツ」ってタイトルも響きが良いですもんね。しかも<恋はきっと そうねきっと 心のスポーツなんだよねLOVE>って、すごく恋の本質を突いている気がしますし。 【あ〜ちゃん】 すごくスタイリッシュな表現ですよね。

――歌詞に関して言うと「Have a Stroll」は新しい作風だと思いました。日曜日のお昼のことを時間経過通りにじっくり描いているから。 【のっち】 日記みたいですもんね。
【あ〜ちゃん】 「ワンルーム・ディスコ」でもそういう描写が一部あったけど、この曲は全部がそうですからね。
【かしゆか】 女の子をずっと観察しないと生れない歌詞かも(笑)。
【あ〜ちゃん】 あら!そういう説(笑)?
【かしゆか】 <赤色の靴>ってすごく具体的だし、<石畳の遊歩道>ってどこだろう?とか思っちゃいますもん(笑)。
【あ〜ちゃん】 Aメロは歌詞でいろいろ説明していて、サウンドもシンプル。でも、Bメロで<どおしよう>ってなると、気持ちもサウンドも一気に前へ出てくる感じになる。そこの部分は歌っていてもすごく気持ちが良いです。

――こういう新曲がたくさん生まれたから、Perfumeのライブもまた新しい楽しさが出てくる気がします。一緒に大合唱できる瞬間が増えそう。 【あ〜ちゃん】 それは嬉しいですね。中田さんにもリクエストしたんですよ。「みんなで楽しめる曲。ホー!って言ったらホー!、イエー!言ったらイエー!って返してくれるような感じが歌の中にも欲しいんです」って。

――「メガネ!コンタクト!裸眼!」っていう定番のやり取りだけじゃなく? 【あ〜ちゃん】 歌のなかでそういうやり取りがなかったんですよ。「wonder2」くらいで。一緒に歌える曲ってあんまりなくて。「スパイス」もかけ合いができそうですよね。

――ライブが楽しみになってきました。あと、シングルで出て、すでに聴き慣れているはずの曲の魅力を改めて実感できるのも、このアルバムの大きな楽しみですよ。例えば「575」ってやっぱり良い曲です。ラップがカッコイイし。 【あ〜ちゃん】 ありがとうございます(笑)。

――この前KREVAさんとお会いしたんですけど、「イベントでPerfumeと一緒になったときに、「575」でゲストに出てくださいって頼まれて。でも出番の関係で断っちゃったのをすごく後悔したんですよ」っておっしゃっていました。 【のっち】 良い人だあ(笑)。
【あ〜ちゃん】 でも、そのときのKREVAさんは、ご本人の出番のステージで「575」を歌ってくれたんですよ。その時のイベントは私たちの出番の方が先。私たちの方が後だったら出て頂くことができたのだと思います。
【かしゆか】 スペシャルゲストで登場!ってなったかもしれない。いつか出て頂けたら嬉しいですね。

⇒ 次のページへ【アルバムタイトル『JPN』に込める想い】

(文:田中 大/撮り下ろし写真:原田宗孝)

RELEASE

スパイス【初回生産限定盤】CD+DVD CD購入(Amazon) CD購入(HMV) このCDについて語ろう! JPN
【初回限定盤】

Perfume
2011/11/30[アルバム]
価格:\3,300(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
品番:TKCA-73730

スパイス【通常盤】 CD購入(Amazon) CD購入(HMV) 着うた®配信 JPN
【通常盤】

Perfume
2011/11/30[アルバム]
価格:\2,800(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
品番:TKCA-73735

PROFILE

Perfume
メンバーは、樫野有香(かしゆか)、西脇綾香(あ〜ちゃん)、大本彩乃(のっち)の3人。
2001年、広島県出身で(当時)11〜12才の3人がPerfumeを結成。
2003年8月6日、シングル「スウィートドーナッツ」でインディーズデビュー。以降、2枚のシングルをインディーズにてリリース。
2005年9月21日、シングル「リニアモーターガール」でメジャーデビュー。
2007年9月12日、シングル「ポリリズム」をリリース。7位を獲得。
2009年3月25日、シングル「ワンルーム・ディスコ」をリリース。1位を獲得。
2009年7月8日、アルバム『トライアングル』をリリース。1位を獲得。
2011年5月18日、シングル「レーザービーム/微かなカオリ」をリリース。2位を獲得。
2011年11月2日、シングル「スパイス」をリリース。2位を獲得。
2011年11月30日、アルバム『JPN』をリリース。
2012年1月より初の全国アリーナツアー『Perfume 3rd Tour「JPN」』をスタート。

ARTIST PAGE  COMMUNITY  OFFICIAL SITE

PICKUP

■シングル「スパイス」インタビュー
 『初ドラマ主題歌は不思議なダンスのおもしろい曲!?』(2011/11/03)
■シングル「レーザービーム/微かなカオリ」インタビュー
 『対照的な曲で多彩な魅力を表現!これがPerfumeらしさ!!』(2011/05/18)
■シングル「ねぇ」インタビュー
 『初ドーム直後にインタビュー!新作「ねぇ」に込める想い』(2010/11/17)

▲このページの最初に戻る