ORICON STYLE

Check 2010年10月20日
BROWN EYED GIRLS『スペシャルインタビュー』
BROWN EYED GIRLS
フォトギャラリー
BROWN EYED GIRLS BROWN EYED GIRLS BROWN EYED GIRLS BROWN EYED GIRLS BROWN EYED GIRLS
and more
BROWN EYED GIRLSインタビュー1 BROWN EYED GIRLSインタビュー2
ダンスは、曲の世界をよりよく伝えるための手段
BROWN EYED GIRLS ミリョ
BROWN EYED GIRLS ジェア

──まずはみなさんの自己紹介をお願いします!
【ジェア】 私はBROWN EYED GIRLSのリーダーであり、ソングライティングも担当しています。しっかりしていると思われがちですが、実は末っ子みたいな甘えん坊なところもあるんですよ(笑)。
【ミリョ】 私はラップ担当。日本語もちょっと話せます!見た目はワイルドな印象かもしれないけど、実はとっても繊細な性格なんです。
【ナルシャ】 私はボーカルを担当しています。音楽活動の他に、バラエティ番組に出演したりとか、韓国では幅広く活動しています。
【ガイン】 ユニットのなかで最年少だから、本当の末っ子ですね。他に3人に、とってもかわいがってもらってます。

──BROWN EYED GIRLSは韓国では、数多くの女性ユニットをおさえて、最もセクシーなダンスをすると大人気ですね。
【ミリョ】 本来、私達はボーカル中心のユニットとして結成したんです。だからちゃんとしたダンスレッスンを受けたことがなくて。ここ最近、ダンサブルな楽曲を歌うことが多くなったから、自然と振り付けが大胆になってきて、そう思われたみたいです。
【ジェア】 あくまで曲の雰囲気にあうダンスをやっているだけなんです。だから、アクロバティックなことはしないし。またダンスだけでなく、表情やファッションといった部分にもこだわっているので、そこにも注目してほしい。でも、それらより大切なのは音楽。すべてはその音楽の持つ世界を、よりよいものに見せるためのものなのだから。

──確かに、音楽はとってもこだわって作られていますよね。日本デビュー盤『SOUND-G』は、最先端のエレクトロビートから、美しい旋律を響かせるバラードまで、どれも完成度が高く、華やか。
【全員】 ありがとうございます!
【ミリョ】 このアルバムでは、グレイトなサウンドを作ることを目的で作ったから、タイトルを『SOUND-G』にしたんです。結果、エレクトロをメインにしながら、バラードなどさまざまな音を通じて、今の私達が持つ魅力を100%表現できたと思います。

共演してみたい日本のアーティストは?
BROWN EYED GIRLS ナルシャ
BROWN EYED GIRLS ガイン

──メンバーそれぞれ思い入れの強い曲は?
【ガイン】 私は「アブラカタブラ」ですね。このアルバムのなかからというより、今までリリースした楽曲のなかで、最もBROWN EYED GIRLSの持つ魅力を表現できたと思うから。
【ナルシャ】 私は「アイ・ウォント・レット・ユー・ゴー」ですね。自分がメインボーカルなんですが、とても哀しいバラード。このせつない雰囲気は、きっと日本のみなさんにも共感してもらえるはず。
【ミリョ】 私は「ムーディ・ナイト」かな。アルバムのなかで最もセクシーな曲になったから!
【ジェア】 私は自分で作曲した「ジェア'ズ・ウェディング・ソング」。とっても愛くるしい内容なので。

──音楽に対するこだわりは?
【ミリョ】 大切にしているのは、聴いた方に共感してもらえる音楽を作ること。今回のアルバムは、ビートの強い曲が多かったから、いつもより大胆な雰囲気かも。でも、奥には繊細さが潜んでいて、そのあたりも感じてもらえたら嬉しいですね。

──また、本作には「アブラカタブラ」の日本語バージョンが収録。
【ジェア】 うまく日本語の発音ができなくて苦労したんですけど、日本人のスタッフの方からとてもよく歌えていると言っていただき、最終的には楽しいレコーディングになりましたね。
【ガイン】 今後、日本で活動するからには、もっと言葉を勉強して、みなさんに共感してもらえるような曲をいっぱい発表していきたい。あと、m-floさんと共演してみたいな。彼らはとっても素晴らしい楽曲を提供してくれると、韓国でも大評判だから。
【ナルシャ】 日本に進出したからには、みなさんに私達のことをちゃんと知っていただけるよう、一生懸命活動していきたいですね。今、さまざまな韓国のアーティストが、日本進出してきているけど、他にはない独自のカラーを描けていきたいです。


(写真:草刈雅之)
(文:松永尚久)


BROWN EYED GIRLSインタビュー1 BROWN EYED GIRLSインタビュー2
リリース

SOUND-G
BROWN EYED GIRLS
2010/08/25[アルバム] 価格:\2,700(税込)
ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル
品番:SICP-2782


CDを購入する(Amazon) このCDについて語ろう 着うた配信
プロフィール

それぞれ違う個性を持っボーカル3人と、ラッパー1人で構成された実力派グループ。 メンバーは、Miyro(ミリョ)、Narsha(ナルシャ)、Jea(ジェア)、Gain(ガイン)。
2006年3月、「Your Story」で韓国デビュー。『第16回ソウル歌謡大賞新人賞』を受賞。
2009年7月にリリースした「Abracadabra」で見せた奇抜な"小生意気ダンス"は、韓国の有名人や著名スポーツ選手なども真似て踊るほどの社会現象となった。
2010年8月25日、アルバム『SOUND-G』で日本デビュー。

ARTIST COMMUNITYARTIST PAGEOFFICIAL SITE

PLAYPLAY