ORICON STYLE

2010年02月10日

aiko Special Interview & Live Report

 長い長いツアーを行っていたaikoが、約1年ぶりにニューシングル「戻れない明日」をリリースした。それは、大切な人の喜びや悲しみを完全に共有することはできないけれど、だからこそ、そばにいたいと願う、女の子の気持ちが描かれた楽曲。aikoならではの感性にグッとくるナンバーに仕上がっている。

人気曲から新曲まで、aikoの魅力が詰まった楽しすぎるライブ

ライブ写真

 「aiko!aiko!」というコールが響き渡る場内。『Love Like Pop vol.12』最終日。オーディエンスのテンションは、スタート前からかなりの高さだ。客席の期待が高まる中、ツアーの映像を映し出していた紗幕が落ちる。その瞬間沸き上がったものすごい歓声に、ステージ上のaikoにも笑顔が弾けた。

 オープニングチューンはアルバム『夏服』でも1曲目を飾った「飛行機」。どこまでも空を飛んで行けそうな気分になる、爽快なナンバーだ。軽快な「桜の時」。さらにアッパーな「ボーイフレンド」。aikoの「せ〜の!」の合図で客席もサビを大合唱し、会場の熱気が、どんどん上昇していくのがわかる。「今日もみんなの力がないと、このライブは成立しません。なので、みなさん、ぜひとも力を貸してやってください。嫌なことは全部、このNHKホールの床に垂れ流し、楽しいことだけ家に持って帰ってもらいたいと思います!」そんなaikoの言葉を待つまでもなく、オーディエンスは楽しむ気満々。途切れることのないaikoコールに、思わずaiko自身が「歌うから(笑)」と止めるほどだ。

 NHK連続テレビ小説の主題歌にもなっている「あの子の夢」や、2月3日にリリースしたばかりの新曲「戻れない明日」など、ファンが“早くライブで聴きたい!”と感じていたであろう楽曲もさっそく披露。特に「戻れない明日」はドラマティックなナンバーだけに、aikoのボーカルも、とてもエモーショナルで、さっきまで盛り上がりまくっていた客席もじっと耳を傾けている。この“はしゃぐところははしゃぐ、聴くところは聴く”というオーディエンスの姿勢は、ライブ中ずっと見られるもの。まさにaikoが言っていた通り、ファンの力がないと成立しないライブなのだ。

 グルーヴィーな「かばん」、アダルトな雰囲気の「17の月」、終盤にエネルギッシュな展開を見せる「より道」に、aikoの説得力ある歌声が印象的な「歌姫」。様々なタイプの曲が次々と奏でられ、オーディエンスは曲ごとの世界を堪能していく。客席からお題をもらい、今話題の大相撲ネタを盛り込んだユニークな即興曲も飛び出した“弾き語りコーナー”では、「テレビゲーム」と「ふれていたい」をチョイス。弾き語りというスタイルのおかげもあり、3000人はaikoと1対1で向き合って聴いているような気分を味わえたに違いない。

最終日だけのダブルアンコールに大感激!

ライブ写真

 後半は、「白い服黒い服」に始まり「猫」で終わる、なんと10曲にも及ぶボリューム感タップリなメドレーでスタート。「後半戦、もっともっと駆け抜けていくで!」というaikoの言葉を合図に、勢いのある曲が立て続けに繰り出される。スカのテイストが心地いい「milk」、明るく楽しくハッピーな「Power of Love」、パワフルでライブ感抜群の「be master of life」。赤と白のキュートなワンピースで飛び跳ね、クルクルと回るaikoに合わせ、3000人も手拍子&ジャンプ。会場は、この日最高の一体感を見せたのだ。

 最高潮に熱さが達した会場。そこに本編最後の曲として流れたのは「天の川」だった。「いろんな瞬間に、今日の事をこの曲と共に思い出してくれたら嬉しいです」というaikoの言葉と一緒に贈られた優しい手ざわりのバラード。キレイなメロディーと柔らかい歌声に、オーディエンスの心が温かさに包まれていくのが伝わってくる。

 アンコールでは「キスする前に」、そしてミディアムテンポの「シアワセ」を歌い上げ、エンディングの映像が流れる。本当に終わりなんだと思ったその時、aikoとメンバーがステージに再登場し「彼の落書き」を披露。最終日ならではのサプライズにオーディエンスが盛り上がる。悲しみや辛さを薄め、喜びは倍増させてくれるのが音楽の力。その素晴らしい力で見知らぬ者同士がひとつになった今日という日のことを、3000人は決して忘れないだろう。

(文:高橋栄理子)

Release

『Love Like Pop vol.12』2/5 @NHKホール
ライブ写真 01.飛行機
02.桜の時
03.ボーイフレンド
04.あの子の夢
05.戻れない明日
06.かばん
07.17の月
08.より道
09.歌姫
10.テレビゲーム
11.ふれていたい
12.白い服黒い服〜アスパラ〜ココア〜キラキラ〜恋ひ明かす〜キスでおこして〜小鳥公園〜木星〜アンドロメダ〜猫
13.milk
14.Power of Love
15.be master of life
16.天の川
EN1.キスする前に
EN2.シアワセ
EN3.彼の落書き

Release

戻れない明日 戻れない明日

戻れない明日
aiko
2010/02/03[シングル]
価格:¥1,260(税込)
ポニーキャニオン PCCA-03155

CD購入 このCDについて語ろう

Profile

aiko
1975年11月22日生まれ。大阪府出身。
1998年7月、シングル「あした」でメジャーデビュー。
その後、シングル「花火」「カブトムシ」「ボーイフレンド」、アルバム『桜の木の下』などが大ヒットを記録。数々のシングル、アルバムをリリースする。
2009年2月18日、シングル「milk/嘆きのキス」をリリース。最高位1位。
2009年7月〜9月、ライブツアー『Love Like Rock vol.4』を開催。
2009年10月、ライブツアー『Love Like Pop vol.12』をスタート。
2010年2月3日、シングル「戻れない明日」をリリース。
2010年2月5日、ライブツアー『Love Like Pop vol.12』ファイナルを東京・NHKホールにて迎える。

ARTIST PAGE COMMUNITY OFFICIAL SITE

Backnumber

▲このページの最初に戻る