ORICON STYLE

2009年08月05日

元カレとのことも・・・リアルな話を歌詞に

――そして、デビュー曲「ナツラブ」が着うたウィークリーチャートの1位。すごいですね〜!
【マイコ】 本当にうれしい!1位なんて、体育祭以来ですよ〜(笑)。
【ハミ】 でも自分たちの顔が出ていないぶん、まだ実感があまりないんですよね。
【ユミ】 この間、渋谷のセンター街で私たちの曲「ナツラブ」が流れていたんですよ。あれは一番感動しましたぁ・・・(感)。しかも、ほかの曲よりも音が大きかったんです。・・・っていうのは自意識過剰かもしれないんだけど(笑)!
【ハミ】 昨日も3人でプールに行ったときに、“ここで「ナツラブ」がかかっていたら感動するよね”とか言ってたら、本当に流れてきたんですよ! 
【マイコ】 ヤバかった〜!

――とても切なくてやさしい歌ですね。
【ハミ】 別れって悲しいけど、それだけじゃないと思うんです。別れたからこそ築ける新しい関係もあるしね。この歌も、別れたときは悲しかったけど、時間が経ったら“こういう関係もあるんじゃない?”っていう、切ないけどポジティブな歌なんですよ。
【マイコ】 失恋ソングというよりは、卒業ソング。ひとつの恋が終わって、時間が経って、自分が旅立てる、そういうところを歌詞にしたかったんです。
【ユミ】 レコーディングでは感情の込め方が難しかったですね。メロディを意識して歌うだけじゃなくて、このシチュエーションでの気持ちになって、どうやったら自分の想いを届けられるかな?って考えながら歌いました。
【マイコ】 <エスカレーター1段上で、ちょうど同じになる目線は〜>の歌詞のところ、マネしてやる子が多いんですよ。“やってみちゃった!”みたいな! 

 

好みのタイプはバラバラ!取り合いはない!

JulietとBIG ECHOのコラボレーションにより、ギャルの“聖地”渋谷「ビッグエコー」の渋谷パート2店・324号室が、史上初のデコ部屋(!?)に生まれ変わった

――(笑)かわいいし、リアリティあるよね。
【マイコ】 私も、元カレとのリアルな話を歌詞に入れています。別れた当時は悲しかったけど、久しぶりに会って話したら、今の自分のことを話せるし、当時の2人の話もできるし、まわりの友だちや先輩がどうしてるのか?って話もできたし・・・。これって新しい関係だな!って思えたんですよね。
【ユミ】 恋が終わったばかりで立ち直れてない人にも聴いてほしいな。いつかは「ナツラブ」になれると思うから。偉そうにはいえないけど、ちょっとだけ幸せに導いてあげられるようなことがあったら幸せだな!
【マイコ】 そういう歌詞も、3人のガールズトークから生まれた話だったりするし、聴いた人みんなが共感できるんじゃないかな。
【ユミ】 私たち、めっちゃガールズトークするからね!

――じゃあお互いの好みのタイプとかも知っているの?
【ユミ】 バラバラだよね?取り合いはないと思います(笑)。

――せっかくだから好みのタイプ、教えてください(笑)。
【ユミ】 私はかわいくて一途な人!
【マイコ】 え、私わかんない!
【ハミ】 マイコは野獣タイプだよね。
【ユミ】 肉食系だよね。
【マイコ】 楽しい人がいいです!
【ハミ】 私は、年上で、落ち着いていて、支えてくれる人がいいです。

――ホント、かぶってないね〜。
【ハミ】 ハイ。ユミがかわいいタイプで私が年上タイプ、マイコが恐竜タイプ(笑)!

――(笑)というJulietの今後は?
【マイコ】 とりあえず、顔を出しますか!じゃないとウチのおばあちゃんとか気づいてくれなさそうだし(笑)。でもホント、リアルなことを歌っているから、ファンの方たちとキャッチボールをするためにも、シルエットから飛び出したいですね。

(文:三沢千晶)

 
 

「ナツラブ」
Juliet
発売日:2009/08/05[シングル] 価格:\1,000(税込)
ユニバーサル シグマ 品番:UMCK-5248
このCDについて語ろう!CD購入(Amazon)着うた(R)配信

   

【Juliet PROFILE】
海とマルキューが好きな、マイコ、ユミ、ハミの女子ボーカルユニット。マイコは、しっかり者で3人のまとめ役の正統派ギャル。ユミは、フワフワしているけど絶対音感を持つアーティスト肌の和み系。ハミは、クールで男気があり、しゃべりが立つ引き締め役。それぞれのキャラがしっかり立った3人組。
2009年8月5日、シングル「ナツラブ」でCDデビュー。

 

▲このページの最初に戻る