ORICON STYLE

2007年07月11日
中孝介 SPECIAL INTERVIEW
いろんな花が集まって完成した待望の1stフルアルバム!!
PLAY MOVIE
1. コメント映像 PLAY
2. PV「花」 配信終了
3. PV「それぞれに」 配信終了
4. PV「真昼の花火」 配信終了
5. PV「思い出のすぐそばで」 配信終了

動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。

 シングル「花」がロングヒット。奄美大島出身のシンガー、中孝介の待望の1stフルアルバム『ユライ花』がついに完成した。さまざまな音の花が咲き誇る1枚。そこには、誰もを優しく、穏やかにする美しい光があった。

いろんな花が集まって完成したアルバム

──ついに1stフルアルバムが完成しました。
【中】 はい。この1年、いろんな活動の間を縫って制作してきたものなので、改めて聴いてみるとこの1年の写真アルバムを眺めているような気分です。

──タイトル『ユライ花』の意味は?
【中】 “ユライ”という言葉は奄美の方言で「集まる、寄り合う」という意味を持つものなんです。今回のアルバムは、いろんなミュージシャンの方、スタッフの方々の協力があったからこそ、完成できたものなんです。そんな方々を花に例えて、「いろんな花が集まりこのアルバムができた」ということを伝えたくて、このタイトルにしました。

──アルバムには、森山直太朗さん、河口恭吾さん、いしわたり淳治さん(exスーパーカー)を始め、多彩なアーティストが楽曲提供されてますが、どんなテーマ、コンセプトを持って、アルバムを制作したのでしょう?
【中】 僕は小さい頃にピアノを弾き始めたことをきっかけに、音楽に興味を持ち始め、以降TVやラジオから流れるJ-POPや、R&Bなどを聴いていました。高校生のときに観た元ちとせさんの歌うシマ唄に衝撃を受け、歌を歌い始めたんです。今回のアルバムでは、僕の音楽遍歴を伝えつつも、自分にしか表現できない世界観を見せられたら、という思いのもと制作しました。

──確かに、アルバムには中さんのいろんな表情が伝わってきますね。個人的には、アップテンポのR&Bナンバー「Goin'on」は、セクシーな印象で、新鮮でした。
【中】 これまでの作品では、バラードが中心で、アッパーな曲を歌ってこなかったんです。僕にもこういう一面があることを、みなさんに知ってもらいたくて。

──この曲ではラップにも挑戦してますね。
【中】 はい(笑)。これまでローリン・ヒルとか、HIP HOPも好きで聴いていたし。だから、違和感なくできました。

感じてほしいのは、「なつかしゃ」の風景

──また「星空の下で」では、作詞にも挑戦されています。
【中】 これまで歌うことに専念してきたので、作詞は難しかったですね。テーマはすぐに見つかったんですけど、メロディーに言葉をあわせていく作業が、特に・・・。

──なるほど。
【中】 歌詞を読むと僕が何か悩んでいるんじゃないか?と、思う人もいるかもしれないですが(笑)。全然そんなことはないので。どういう思いを込めたのかは、アルバムのライナーノーツに書いているので、そこで知ってもらえたらと思います。

──わかりました(笑)。他にもさまざまな音が存在していますが、その根底には中さんの暮らす奄美の雄美な海や山の風景が思い浮かびます。
【中】 アルバム全体から感じてほしいのは「なつかしゃ」な風景。これも奄美の言葉で「懐かしい」という意味のほかにも、素晴らしい何かに触れ、心の琴線が震えたときの気持ちをあらわすものなんですけど。それを感じてもらえたら、嬉しいですね。

──このアルバムを携え、『FUJI ROCK FESTIVAL '07』にも出演されますね。
【中】 初めて行くんですけど、どんな環境なのか?すごく楽しみにしています。

──また秋には、初の全国ツアーも決定しました。
【中】 アルバムタイトル通り、いろんな人という名の花に出会いたいですね。

──特に、こういう女性に出会いたい!とかありますか?
【中】 いや、応援してくださる人は、どなたにでも(苦笑)。

(文:松永尚久)

RELEASEPRESENT

ユライ花
中孝介
2007/07/11[アルバム]
\3,059(税込)
エピックレコードジャパン
ESCL-3001
CD購入(Amazon)

中孝介のサイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント!!
多数のご応募、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
PROFILE
鹿児島県奄美大島出身、在住。26才。
高校生の頃、同年代の女性がシマ唄を歌う姿に衝撃を受け、独学でシマ唄を始める。
2000年、奄美民謡大賞新人賞を受賞。
同年、日本民謡協会の奄美連合大会で総合優勝。
その後、琉球フェスティバルなどライブ活動を重ねる。
2005年12月7日、ミニアルバム『マテリヤ』をインディーズよりリリース。
2006年3月1日、シングル「それぞれに」でメジャーデビュー。
2006年6月28日、シングル「思い出のすぐそばで/真昼の花火」をリリース。
2006年10月11日、ミニアルバム『なつかしゃのシマ』をリリース。
2007年4月11日、シングル「花」をリリース。
2007年7月11日、アルバム『ユライ花』をリリース。
オフィシャルサイト