ORICON STYLE

2006年03月15日
w-inds.
w-inds. SPECIAL INTERVIEW
5年分の感謝を込めて『THANKS』

――今回はシングルの「IT'S IN THE STARS」の流れもあり、アップの曲がキワだっててめちゃめちゃアグレッシブな仕上りですね。
【慶太】 ありがとうございます。でも実は僕のイチ押しは最後の「蝉時雨」なんですよ。
【龍一】 僕も「蝉時雨」。
【涼平】 僕は・・・やっぱ「蝉時雨」(笑)。

――えー、意外。ある意味、「蝉時雨」は異色曲じゃないですか?濃い目の曲が多い中で爽やかというか浄化作用があるというか。
【龍一】 いやいや、これを押さずしてどれを押そうかって。
【慶太】 多分、みんな気持ちが落ち着いてきてるんですよ。これを歌ってると癒されますもん。でもこのアルバムだと確かに意外ですよね。龍一君と涼平君だったら「Stomp」と「Sup wassup!!」の2曲を言いそうだし。

――そそ。龍一君と涼平君がめちゃめちゃハードロックを歌ってるっていう。
【龍一】 これは挑戦曲ですね。カッコつけて歌ったんだけど、すっごい疲れました(笑)。
【涼平】 キツかったよね。ずっと叫んで歌ったからのどが枯れた(笑)。気持ち良かったけど。ライブだとこれプラス動き回るから、大変だろうなぁ。
【龍一】 でもこれは慶太が唯一休める曲。思いやりソングってことで。

――アハハ。確かに。慶太君の挑戦曲は?
【慶太】 僕は「Hush...!」ですね。

――クラブっぽい曲だよね。洋楽っぽいっていうか。
【慶太】 だから外人を意識して歌ったんだけど・・・。これはまだまだイケますね(ニヤリ)。

――まだまだカッコ良くなると(笑)。でも今回、慶太君のボーカルの振り幅の広さはすごいよね。「Hush...!」みたいな曲ではえらい男っぽいし、かと思うと「十六夜の月」では別人みたいにツヤが出てるし。
【慶太】 「十六夜の月」はアルバムではギターだけのオケだったんでボーカルも録り直したんですよ。で、原曲はリズム重視だったけどこっちはメロディアスでセクシーな感じに (笑)。

――大人になったんだ(笑)。
【慶太】 もうデビューして5年ですからねぇ。アルバムタイトルの『THANKS』も5年間、やってこれたのはみなさんのおかげですって気持ちを込めてつけたんですよ。

普通の10代が経験しないようなことを・・・

――5年を振り返ってどう?
【涼平】 ひとつひとつのことをすごい考えるようになりましたよね。デビュー当時はやることすべてが初めてだから目の前のことをやるだけで精一杯だったし。
【龍一】 普通の10代が経験しないようなことをして、20年分ぐらいの重さはあったよね。

――もし、デビュー当時の3人が5年後の今回のアルバムを聴いたらどう思うかな?
【龍一】 なにこれ?新しいユニット??(笑)。
【涼平】 とりあえず慶太の声が変わっててビックリするでしょ。
【慶太】 変わり過ぎだよね(笑)。

――でも、カッコ良くなってて嬉しいんゃない?
【龍一】 感動するでしょうね、きっと。(文:若松正子)