ORICON STYLE

2005年06月22日



またまたハイカラが新しい引き出しを開けてきた! 今までのラウド&メロディアス路線を予想していたファンを嘲笑うかのように、ハイカラがドロップしたニューシングル『RUN☆RUN☆RUN』は、爽やかな雰囲気さえ醸し出す、夏仕様な激ポップなポジティヴ・チューン! 猛スピードで進化を遂げている驚異の6人が開けてしまった、新たな引き出しの真相に迫る!



――ラウド好きでメタル好きなメンバーが5人もいるバンドとは思えない、意表を付きまくりの爽やかなシングルがリリースされるわけだけど、まず、この「RUN☆RUN☆RUN」はどういう経緯で浮上してきたの?
【ユウスケ】 まず最初は、自分ですね。浮かんできたメロディを携帯でメモしてて。それを曲作りの時にみんなに聴かせて。そこから広げていった感じで。

――6人中、ユウスケが一番、メロディアス好きになるのかな?
【ユウスケ】 そうかもしれないです。曲を考える時はメロディばかり浮かぶし。カップリングの曲もカズトが持ってきた曲なんですけど、メロディは一緒に話しあったし。
【カズト】 自分も、最近は殆どメロディから入って曲を作っているんですよ。サビに関しては特にそうですね。ハイカラはやっぱり、心を掴むメロディがないと成り立たないと思うし。

――あ、メロディにはそこまで気を使っているんだ。それは他の4人もそうなのかな?
【カズト&ユウスケ以外の4人】 そうです!

――じゃあ、ヘヴィな音以外っていうか…メロディ重視で聴く音楽…例えばJ-POPだと6人はどんなのを聴いていたりするの?
【mACKAz】 僕は椎名林檎さんがずっと好きで聴いてますね。
【MEG】 俺はMr.Childrenさんですね。

――MEGからMr.Childrenの名前が出てくるとは思わなかったなぁ!
【MEG】 メロディもそうだけど、歌詞に凄く興味持ってて。あとは、BUMP OF CHICKENさんは今から聴いてみたい感じすね。あの切なさはいいっす!

――SASSYは?
【SASSY】 僕はメロディアスって言ったら、LUNA SEAさんです!

――今度はそっち方面かよ(笑)。
【SASSY】 自分もメロディアスな曲を持ってきてて、それがなぜかLUNA SEAさんっぽいんですよね。あと、SIAM SHADEさんも好きでした(笑)。
【カズト】 俺もメロディックっていう部分ではSIAM SHADEさんは大好きでしたね!

――カズトまでSIAM SHADEが好きだったとは(笑)。でも、LUNA SEAやSIAM SHADEっていったバンド名が出てくると、ハイカラの今回のシングルのメロディのルーツが見えてくる感じがするなぁ。あの辺のバンドって、実はメロディが飛び抜けて綺麗だったりするじゃない。
【カズト】 そうなんですよ!
【SASSY】 あと、メタルだったら、北欧系!

――SASSYは北欧メタルにまで手を出してるのか!?
【SASSY】 ストラトヴァリウスとかの王道なメロディアスな感じもいいなって。



――歌詞に関しては、今回もマーキーとユウスケの共作なの?
【ユウスケ】 そうですね。今回もそれぞれのパートで書いていった感じですね。

――ということは…メインはマーキーが書いたんだ?
【マーキー】 はい。最初に曲を聴いたら、凄く爽やかでポップな感じで…今までのハイカラとは違うし。前向きな歌詞以外は似合わないんじゃないかな?って。女の子が前向きになれる瞬間て、誰でもあると思うんですよ。誰かの話しを聞いて前向きになれたりとか。ちょっとした事…景色が綺麗だったら前向きになれるもんだと思うし。そういう瞬間を見過ごさずに過ごせたらどんなに楽しいんだろう!っていう思いを歌詞の中に書きたくて。

――確かに、そういう描写の歌詞はメンバーの中ではマーキーしか無理だよなぁ。
【マーキー】 そうですかね(笑)。でも、最初は今まで書いた事ない世界観だったから、どういう風に表現しよう?って迷っていたんですけど、自分の中で引っ掛かっているものが外れた時に、凄い勢いで書けました。別の人になるっていうか…自分の中で、登場人物や身近な景色をなるべく自分に近いように描いて。こういう書き方もあるんだぁっていうのが発見できて良かったです。

――こんな超ポジティヴな曲が完成したんで、敢えて聞いてみたいんだけど、6人の中で、一番ポジティヴなのは誰になるの?
【ユウスケ】 俺はmACKAzかなって思うんだけど(笑)。
【mACKAz】 でも、俺は恋に関してはネガティヴだけどね!
【MEG】 なんで、いきなり恋の話しなんだよ!(笑)

――誰も恋に関してとは聞いてないから(笑)。でも、mACKAzがポジティヴっていうのはわかるなぁ。
【MEG】 やっぱり、mACKAzが空気を作ってくれるんですよね。

――mACKAzが実はハイカラのキーマン的存在でもあるわけだ。
【SASSY】 実はそうなのかも(笑)。
【カズト】 mACKAzが凄い目をして見てる(笑)。まあ、何も考えていなからこそ、凄くいい空気になるっていうか…。

――こういう意見が出てるけど(笑)、本人としてはどう?
【mACKAz】 まあ、俺は何も考えてないんですよ、恐らく(笑)。

――当たりなんだ(笑)。じゃあ最後に、今回のシングルのここを聴いてくれ!っていうのを、ハイカラのキーマンであるmACKAzに代表して言ってもらおうか。
【mACKAz】 疾走感…いや、ドライブ感があります!
【カズト】 それって同じ意味でしょ(笑)。
【mACKAz】 いや、俺の中では違うのよ! グルーヴの問題。この曲の雰囲気っていうのは、自分はいつかやりたいなって思っていたし。ハイカラだからこそ出来る曲だと思うし。あとは、夏に向けて爽やかにいければいいなと。こんなシメでいい?(笑)
【mACKAz以外の5人】 まあ、いいです(笑)。
(文:梅沢直幸)