ORICON STYLE

2004年11月24日
小倉優子 ORICON STYLE SPECIAL COMMENT
小倉優子のPV映像が見れます!!
  オグラユウコ
  ゆうこりん的キラーチューンが遂に誕生!!
PROFILE
1983年11月1日、生まれ。千葉県出身。
愛くるしいルックスと独特のキャラクターでTV・CM・写真集などマルチに大活躍中。
2002月12月18日、アルバム『ウキウキりんこだプー』リリース。
2004年2月4日、シングル「恋のシュビドゥバ」リリース。初登場27位を獲得。
2004年5月26日、シングル「永遠ラブリン(∂∇<)/ 」リリース。初登場40位を獲得。
2004年9月8日、アルバム『フルーchu・タルト』リリース。初登場24位を獲得。
2004年11月26日、ニューシングル「オンナのコオトコのコ」リリース。
オフィシャルサイトへGo
PLAY MOVIE
1. PV 「オンナのコオトコのコ」   PLAY
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
NEW RELEASE

【初回限定盤】
小倉優子
2004/11/26[シングル]
\1,890(税込)
キングレコード
KICM-91124
CDを購入する

【通常盤】
小倉優子
2004/11/26[シングル]
\1,050(税込)
キングレコード
KICM-1124
CDを購入する
TX系アニメ「スクールランブル」エンディング・テーマ
PRESENT
小倉優子のサイン入りポラを抽選で1名様にプレゼント!!沢山のご応募お待ちしています。

多数のご応募いただき、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
ゆうこりん的キラーチューンが遂に誕生!過去のシングルが往年のアイドル路線だったのに対して、ニュー・シングル「オンナの子 オトコの子」は、あの 小西康陽完全プロデュース!ゆうこりんのナチュラルヴォイスと小西康陽のハイセンスなポップ感がミラクル化学反応を起こして、アイドルソングの新次元 に突入してます!奇跡のシングルを出してしまったゆうこりん本人に、シングルについて、そして歌手・小倉優子について語ってもらいました!



──まずは、シングル2枚と、アルバム1枚を出してみて、歌手・小倉優子として今はどんな気分?
【小倉】 んーと、最初のシングルより2枚目のシングル、2枚目のシングルよりアルバムって感じで、だんだんと馴れてきてて、レコーディングとかもスムーズになったのにぃ…今回のシングルになったらまた、元に戻っちゃって…。

──えー!? また振り出しになっちゃったの?
【小倉】 そうなんですぅ…。なんか難しくって…今までの曲とも雰囲気が違うし、また最初からスタートになってしまった感じがして…。

──今回は相当に大変な曲だったんだねぇ。
【小倉】 初めて聴いた時は簡単そうだな〜、歌いやすそうだな〜って思ったんですよ(笑)。それはたぶん、全体が同じような音程な感じだからだと思うんですけど。でも、いざ歌ってみたら、微妙な音程の上がったり下がったりが難しくて…。

──じゃあ、今回のレコーディングが今までで一番、難しかった?
【小倉】 はい。一番です…。

──でも、ゆうこりんの曲の中でも、一番の名曲だと思うけどなぁ。
【小倉】 ホントですかぁ? それは凄く嬉しいですぅ☆ なんか、小西さんが作った「オハロック」と一緒で、覚えやすいですよね☆
──2曲とも、小西さんらしいオシャレな雰囲気もするしね。
【小倉】 今まではぁ、なんだろう…なんかキラキラする感じだったんだけど…、今回はぁ、フワフワしてる感じかなぁ☆

──1stシングルを出した頃って、まだ歌手に馴れていない感じがあったけど、それはゆうこりんの中では解消した?
【小倉】 解消してないです!(笑) まだキレがないんですよ!

──キレがないっ!?!?(笑)それは歌!?それとも振り付け!?
【小倉】 なんか全体になんですけどぉ(笑)、特に振り付けにキレがないかなぁって。だから、今はキレを出して行こう!って思ってて。

──ゆうこりん自身は、1曲目の「オンナの子オトコの子」と2曲目の「恋の呪文はパパピプパ」、どっちが好き?
【小倉】 二曲目は歌うのが難しかったからなぁ…。もう、歌詞の中の“パパピプペパペポ”っ言うのが大変で…。

──噛んじゃう感じ?(笑)
【小倉】 そうですそうですぅ。もう、“パパピプペパペポ”が頭の中でゴチャゴチャしてて、「わあ、もう…ヤダぁ…」って感じで。



──歌手になって半年経つけど、人前で歌うのも馴れてきた?
【小倉】 それは馴れましたぁ! スタッフからも成長過程が凄くわかる!って言われてて。でも、優子も最初の頃は真っ白で何も覚えていなかったんですけど、今は全然大丈夫です!

──ゆうこりんの中で歌手っていうのは、かなり大きくなってる?
【小倉】 凄く膨らんできました! なんか、デビューした時はまだ歌を出す事が信じられなくって。そしたら次のシングルまで出して。今度はアルバムまでになって。でも、今は仕事の中で歌が一番楽しいっていうか、いっぱいやりたいなって思ってますね!

──今のゆうこりんて、歌手もグラビアもテレビもあって、凄く忙しい状態じゃない。その中で頑張っていく秘訣ってあったりする?
【小倉】 んーと、前はダイエットを気にしてたんですけど、今は逆に、何も気にしていないのに体重が安定してて。体がわかるみたいで、お菓子ばかり食べてると、野菜も食べたくなったり。だから、バランス良く食べようと思わなくなったから、バランスがよくなってきたかもです(笑)。あと、眠たい時は、前よりもどこでもすぐに寝れるようになったし。でもホント、優子がダメなのがぁ、共演者の方がいるなかで、喋っていながら寝ていたりするんですよぉ…。

──それはゆうこりん、あり得ないって!
【小倉】 もう、マネージャーさんがビックリして起こしに来たりするんですよ。ロケバスの中で移動中に共演者の方とお話しをしてて、「あ〜…」って聞きながら寝てたりするんです(笑)。

──芸に近いなぁ(笑)
【小倉】 芸っていうかぁ…思うがままに生きているって感じで(笑)。でも、…本番中とかでも…

──えぇぇぇぇ! 本番中にも眠くなるの!?
【小倉】 もう、すぐになるんですよぉ。カクンってなったりして…。だから、今は共演者の方とかにツネってもらったりとかして、頑張って気を付けるようにしてます!

──最後に、ゆうこりん的なこの曲の聴き所を教えてもらえるかな?
【小倉】 アニメに合ってる曲だなって思ってて。アニメは男の子のマンガに連載されているのに、女の子が主人公で、そこが可愛いなって思うし、だから、小さい子とか色んな人に受け入れてもらえそうな曲だと思うし。あと、PVも凄く楽しい感じに出来上がっているから、それも是非、見て欲しいです!
(文:梅沢直幸)