ORICON STYLE

2004年11月17日
スガ シカオ ORICON STYLE SPECIAL COMMENT
スガ シカオのコメント映像が見れます!!
  スガ シカオ
  イビツで恰好良いポップ・ミュージックが誕生!!
PROFILE
1997年2月26日、シングル「ヒットチャートをかけぬけろ」でメジャーデビュー。
1997年9月3日、アルバム『CLOVER』をリリース。アルバムチャートで、10位を獲得。
1998年6月24日、アルバム『FAMILY』をリリース。アルバムチャートで、8位を獲得。
1999年9月8日、アルバム『Sweet』をリリース。アルバムチャートで、3位を獲得。
2000年10月25日、アルバム『4FLUSHER』をリリース。アルバムチャートで、4位を獲得。
2001年10月3日、アルバム『Sugarless』をリリース。アルバムチャートで、首位獲得。
2002年5月29日、シングル「アシンメトリー」をリリース。シングルチャートで5位を獲得。
2003年5月7日、アルバム『SMILE』をリリース。アルバムチャートで、2位を獲得。
2003年11月5日、アルバム『THE BEST HITS OF LIVE RECORDINGS-THANK YOU-』をリリース。アルバムチャートで、5位を獲得。
2004年10月27日、シングル「光の川」をリリース。
2004年11月17日、アルバム『THE BEST HITS OF LIVE RECORDINGS-THANK YOU-』をリリース。
オフィシャルサイトへGo
PLAY MOVIE
1. コメント映像   play
動画はWindowsMedia Playerで御覧になれます。
NEW RELEASE
TIME
スガ シカオ
2004/11/17[アルバム]
BMGファンハウス
【初回生産限定盤】
\3,059(税込)
AUCK-18004/5
CDを購入する

【通常盤】
\3,360(税込)
AUCK-11005
CDを購入する
PRESENT
スガ シカオのサイン入りポラを抽選で2名様にプレゼント!!沢山のご応募お待ちしています。

多数のご応募いただき、ありがとうございました。プレゼントの当選は、発送をもって換えさせて頂きます。
その他、開催中のプレゼントはコチラ
スガ シカオの新作『TIME』は、本人も「今まで聴いたことがない音楽ができちゃった」と言うほど凄い。生々しくて不条理でファンキーで、しかしポップ・ミュージックとして成立してるという、会心の出来だ。にもかかわらず本人は、シーンに理解してもらえるのか不安がっているのがまた可笑しいが。



──特に今回の『TIME』で顕著になったスガ シカオの世界観――不条理やグロ性は、好きな映画にも現れてるような。『ゴッドファーザー』とか『半落ち』とか。
【スガ】 そうですよねー。でもね、一昨日『ザ・デイ・アフター・トゥモロー』観たら……凄いよかった!本当に!!

――おいおい、イメチェン図ってないか。
【スガ】 僕もどうせ、『インディペンデンス・デイ』の余ったフィルムで作った映画ぐらいに思ってたんだけど、全然面白い!

――どこが違うの、その異常気象映画は。
【スガ】 『アルマゲドン』とか、人を泣かそうとするじゃないですか。「泣かすなよ俺を、おまえらごときの映画で」みたいな、『ボディガード』もそうなんですけど。でも『ザ・デイ・アフター・トゥモロー』はそういうとこ全く無くて、「異常気象には誰も勝てないよ?おわり」みたいな(笑)。

――わははは。潔いなあ。
【スガ】 よくある「愛があれば救われる」パターンかと思いきや、何も無し!
――お、スガ・ワールドに合うねえ。
【スガ】 だから、今回のアルバムのバランス感覚と同じなんですね――『ゴッドファーザー』が“サナギ”、『グリーンマイル』が“風なぎ”、で『ザ・デイ・アフター・トゥモロー』はやっぱ僕の中では“クライマックス”なんですよ(笑)。

――曲毎の方法論のポップ度に違いはあれど、根底に漂う不条理感は共通してるというね。
【スガ】 ですね。だけど『タイタニック』や『パイレーツ・オブ・カリビアン』も好きなのよ。よくできてるから。よくできてないのにエンタメするやつが、嫌いなんですよ。

――確かに。
【スガ】 でやっぱり重い映画はよくできてるでしょ、「よくできてる」以外に人を惹きつけるものが無いから(失笑)。

――ぎゃははは。にしても、スガ シカオってつくづくバランス感覚の優れた男で。
【スガ】 愉しいの作ったら愉しくないの作りたいし、バラードばっか作ってると嫌になっちゃうから速いの作りたいし。

――その体質は昔から?
【スガ】 ですねー。女の好みとかもね、飛び抜けていいとこある人よりもバランスいい人の方が好きで。

――突出してる部分があると、その分だけ闇もあるに違いないと思うわけだ。
【スガ】 「俺がその闇を背負うのは嫌だ」「俺は俺で精一杯」みたいな(失笑)。

――だははは。プラスをプラスとして無条件に受け止められないとは、因果な男だ。
【スガ】 そそそそ。「だってプラスの分、マイナスもあるんでしょ?」みたいな(苦笑)。

――若さに欠ける価値観ですなあ。
【スガ】 だってウチの親戚は大人ばっかで、子供は俺1人しかいなかったんだもん。上の世代の中で育ったから、よけいスレてる感じですよね。「しっかりしてますね」っていつも言われてたよ?(笑)。



――しかしそんな君が初めて、バランスを崩したアルバムだと思うのよ。だからこそこの、イビツで恰好良いポップ・ミュージックが誕生してるわけで。
【スガ】 俺も好きですよ、確かにバランスがちょっと崩れてるけど。ただねー、アタマの“サナギ”と“カラッポ”2曲があまりに凄いんで、偏りすぎてるかなと(笑)。

――いいのいいの。凄すぎるアルバム作っちゃったんだから、豪語しなさいよ。
【スガ】 自信はあるのよ?だから最近のプロモーションでは、とりあえずテンション上げて喋ってますけどね。「この先100年こんな音楽は日本のシーンに出ないから、発掘されたマンモスだと思って聴け!」とかさ――ツチノコか俺は(失笑)。

――スガに始まりスガに終わる、一代限りでいいじゃない。
【スガ】 宮大工や陶芸師みたいなもんですよ……ってイメージ悪いなー。

――確かにポップ感には欠けるな、それ。
【スガ】 じゃゴッホで。

――死後の評価でいいのか。
【スガ】 それも嫌だ! だけどね、日本人は皆グロが好きなはずなんですよ。だけどここ何年かの清潔主義というか、抗菌無臭ブームはやっぱ良くないですよねー。

――まさに最近の音楽もそうだからな。そこで生々しい君の出番なのよ!
【スガ】 「俺を抗菌してみろ!」みたいな(苦笑)。
(文:市川哲史)
(撮影:鈴木健太)
(スタイリスト:袴田能生)
(ヘアメイク:宮本由樹)
AIR  INFORMATION

11月 11/13(土) TBS系『CD TV』 深夜0:55〜
  11/19(金) NHK総合『POP JAM』 深夜0:15〜
  11/26(金) NTV系『音楽戦士!』 深夜0:44〜
 
LIVE INFORMATION

1月 1/8(土) 栃木県総合文化センター お問い合わせ:FLIP SIDE宇都宮 028-633-1009
  1/10(月) 高知県民文化ホール・オレンジホール  お問い合わせ:デューク高知 088-822-4488
  1/11(火) サンポートホール高松 お問い合わせ:デューク高松 087-822-2520
  1/14(金) 北海道厚生年金会館 お問い合わせ:WESS 011-614-9999
  1/16(日) 青森市文化会館 お問い合わせ:ノースロードミュージック秋田 018-833-7100
  1/17(月) 仙台サンプラザホール お問い合わせ:ノースロードミュージック 022-256-1000
  1/21(金) 福岡サンパレス お問い合わせ:キョードー西日本 092-714-0159
  1/23(日) 大分文化会館 お問い合わせ:キョードー西日本 092-714-0159
  1/29(土) 長野県県民文化会館 お問い合わせ:FOB長野 026-227-5599
  1/30(日) 石川厚生年金会館 お問い合わせ:FOB金沢 076-232-2424
2月 2/4(金) 広島厚生年金会館 お問い合わせ:夢番地 082-249-3571
  2/8(火) 横浜BLITZ お問い合わせ:FLIP SIDE 03-3470-9999
  2/11(金) 大宮ソニックシティ お問い合わせ:FLIP SIDE 03-3470-9999
  2/12(土) 名古屋センチュリーホール お問い合わせ:ジェイルハウス 052-936-6041
  2/16(水) 東京国際フォーラム ホールA お問い合わせ:FLIP SIDE 03-3470-9999
  2/18(金) 新潟県民会館 お問い合わせ:FOB新潟 025-229-5000
  2/22(火) 大阪グランキューブ お問い合わせ:グリーンズ 06-6882-1224
  2/23(水) 大阪グランキューブ お問い合わせ:グリーンズ 06-6882-1224
  2/25(金) 京都会館第一ホール お問い合わせ:グリーンズ 06-6882-1224
  2/27(日) なら100年会館 お問い合わせ:グリーンズ 06-6882-1224
  2/28(月) 神戸国際会館こくさいホール お問い合わせ:グリーンズ 06-6882-1224
3月 3/4(金) 熊本市民会館 お問い合わせ:キョードー西日本 092-714-0159
  3/5(土) 鹿児島県文化センター お問い合わせ:キョードー西日本 092-714-0159