ORICON STYLE

Vol.20 和己(SCREW)×葵(the GazettE)対談

1

2

年末年始はお互いの実家に!

和己(SCREW)×葵(the GazettE)
和己(SCREW)×葵(the GazettE)

――いやいや、言ってあげてね(笑)。2人で何処に行ったの?
【葵】 俺の実家と、コイツの実家(笑)。正月にね(笑)。なんかだいぶ前から言ってて、やっと実現したんだよね。一昨年だったかな、あれ。

――葵くんは三重だし、和己は鳥取だっけ?方向的には同じといえば同じだもんね。
【葵】 同じと言えば同じだけど、すっげぇ遠かった、マジで。年始だったのもあって、道が混んでて。あげくの果てに雪が大変でね。三重を10時に出て、鳥取に着いたのが夜中だったもんな。
【和己】 そうでしたよね。峠が越えられなくて。
【葵】 そうそう。途中の、なんとかって村の道の駅みたいなところに車置いてったもんな。チェーンも付けてなかったからそこからもう運転できなくて。
【和己】 はい。あそこに3日間くらい止めてましたよね?
【葵】 そう。そこに車置いて、和己ん家に2泊したからな(笑)。積もってたもんな、取りに行ったとき(笑)。和己ん家に行くのに、そこからもうひと峠超えていかなくちゃいけなかったから、そうするしかなくてね。
【和己】 はい。
【葵】 でも、楽しかったな。なんもない山奥だったけど(笑)。
【和己】 あははは。そうなんですよ。なんにもない山奥なんです、俺の実家(笑)。

和己(SCREW)
和己(SCREW)

――そこで何してたの?
【葵】 2人とも基本、酒飲みだから、ずっと飲んでたよな。
【和己】 はい。会話はつきませんでしたよね。ホント楽しかったなぁ。でも、ご飯は美味しくなかったですか?
【葵】 うん。ご飯はホント美味しかった。そもそもね、カニを食べに行こうツアーだったわけよ。それで、カニいっぱい食べてね。
【和己】 2人旅みたいな感じでしたよね!
【葵】 まぁねって、なんかゲイっぽくない?
【和己】 そんなことないです!僕、絶対に羨ましがられますから!ファンのみなさん、すいません(謝罪)。
【葵】 つかさ、和己の実家のご飯はめちゃめちゃ美味しかったんだけど、途中で食べたラーメンがめちゃめちゃマズくてね!
【和己】 でしたね。有名なチェーン店のラーメン屋さんだったから、ここなら間違いないだろうって入ったら、東京と全然味が違って。
【葵】 なんかキャベツがいっぱい入ってて最悪だったよな。でも、和己ん家は本当に楽しかった。ご両親ともいろんな話したしね。
【和己】 はい。両親も葵さんと話せてすっごい喜んでました。本当にいい方だねって。

――どんな話するの!?
【葵】 いろいろするよ。でもねぇ〜俺と同じ歳のコイツの兄ちゃんは、ちょっと“オマエみたいなヤツがいるから和己がなかなか実家に帰って来ないんだから!和己もいつまでバンドやってんだ!”っていう空気出してたね(笑)。心配してくれてんだろな、兄ちゃんも。やっぱりご家族の方からしたら、バンドなんてそんな夢みたいなこと言ってないで、ちゃんと働きなさいって思うもんね、きっと。でも、和己は本当にいい家族のなかで育ってきた子だなって思ったよ。本当にいいご両親だったからね。
【和己】 いやいやいや、そんなふうに言ってもらえて嬉しいです!
【葵】 あっそういえば、ごめんごめん、遅くなって。メジャーデビューおめでとう。
【和己】 ありがとうございます!っていうか、葵さん!すいませんでした!

――なになになに?
【葵】 いや、コイツね(笑)。この前、初めて印税が入ったって、どうしても最初にごちそうしたいんです!って俺のこと誘ってくれたの。

――いいヤツじゃない、和己。
【葵】 そう。可愛いヤツでしょ。そんで、2人で飲みにいったのよ。ご飯食べて、そっからいつも行く行きつけの店に飲みに行ったんだけど、2人で飲みに行ってんのに、途中で寝ちゃったの!

葵(the GazettE)
葵(the GazettE)

――最低だな、和己。
【和己】 すいません(謝罪)!ホントすいません!本当に申し訳なかったです!後日、マスターから、寝た後のこといろいろと聞かされて。

――え!?もしかして、お会計は葵くんが!?
【葵】 いや。そこはコイツしっかりしてて、ちゃんとマスターに渡してあったのね。
【和己】 いや、でも、葵さんが「足りないといけないから」ってお金置いていってくれたみたいで!ホントすいません!
【葵】 っていうね(笑)。俺はひとり寂しく飲んで帰ったっていう。
【和己】 すいませんでした!
【葵】 いいよ。でも、あの飲み屋ホントいいよね。俺たちみたいなヤツって、なかなか誘い辛いと思うんだけど、身内でやる鍋パーティとかにも呼んでもらったりもしてね。すっごいあったかいのよ。家にも呼んでもらったりしてるからね。そういうあったかいのホント好き。
【和己】 いや、あったかいと言ったら葵さんなんですよ。僕、いろいろとギターのこと教えてもらってますし、機材のこともいろいろと相談に乗ってもらってますし、ギターも貰ったんですよ!
【葵】 使わなくなったからね、使ってくれるなら貰ってもらおうと思って。でも、今別の色の同じモデルを使ってるから、なんかお揃いみたいでゲイっぽくない?

――そここだわるね(笑)。
【和己】 あははは。ゲイっぽくないですって!大丈夫ですって!大好きなんですから!
【葵】 ほら、そういうのゲイっぽい(笑)。
【和己】 いや、変な話、葵さんならかまわないです。そう思われても。いつでも身を委ねます!
【葵】 そういうのいらない(笑)。
【和己】 あっそうっすか(笑)。すいませんでした!でも、ホント葵さんのこと好きなんすよ!
【葵】 なんかね、俺が別の後輩と飲みに行くとめちゃめちゃヤキモチ焼くの(笑)。
【和己】 そうなんです!話の流れで、「この前飲んだときさぁ」っていう話になってると、気になってしょうがないんですよ!あっそれ、俺誘われてないっ!って。
【葵】 で、「なんですか?この前の話ってどうして僕は誘ってもらえなかったんですか!?」って問いつめられるの(笑)。

――葵くん、他の後輩からも大人気だからね。モテモテだね。
【和己】 そうなんですよ!そりゃみんな好きなのわりますけど、やっぱり焼けちゃいますよね。
【葵】 だから、そういうこと言うとゲイっぽいからやめて(笑)。
【和己】 いいです!僕はそう思われてもかまいませんから!
【葵】 俺が嫌だわ(笑)。
【和己】 いや、でも、本当に冗談抜きで、葵さんって本当に優しいんですよ。俺が良くないことをしたときには、本気でキツく、でもあったかく叱ってくれるんです。ギターの面でも、すごく親身になって考えてくれて、いろいろとアドバイスくれて。本当に感謝してるんです。そういうところも含め、ステージはもちろん、尊敬出来る人なんです。これからもずっと葵さんの背中は追いかけ続けますけど、葵さんに教わったことを糧にして、いつかは葵さんと同じとこに行きたいなって思っているんです。絶対に追い越すことは出来ないんで、せめて同じ景色が見れるようになれたらなって思うんです。
【葵】 いやいや、追い越していってくれよ。俺たちも追い越されないように頑張るからさ。
【和己】 いや、人間の器の大きさが違い過ぎるんで、無理かなと……。

――そんな葵くんのダメなとこは?
【和己】 ないです(きっぱり)。

――隠さず教えて。
【和己】 ないです(きっぱり)。

――ここだけの話。
【葵】 ここで話したら書くでしょ!?そしたらここだけの話じゃないじゃない(笑)。

――あっバレてる(笑)。でも、ほら葵くんってこんなだけど、
【和己】 だから、こんなだけどって(笑)。見たまますごい人ですよ!

――いやいや、こんなんだけど、案外弱いっていうか、細いとこあるでしょ。
【和己】 あぁ、たしかにありますね。涙もろいんですよ。さっき、実家に一緒に帰った話したじゃないですか。そのときの話なんですけど、僕、一昨年前に祖母が亡くなったんですよ。僕、すごいおばあちゃん子で。きっと祖母も葵さんに会いたかっただろうなって。そんな話をウチの父と僕と葵さんで、お酒を飲みながらしてたら、葵さんがボロボロ泣いてくれて。俺、感動しちゃったんですよ!男3人で泣きながらお酒を飲んだんです。ばあちゃんに会わせたいって話を前々からしてたんですけど、なかなか予定が合わなくて、結果年明けになっちゃったんですけど、祖母は年が明ける前の11月に亡くなったんです。予兆があったわけではなく、突然だったんで、ひと足遅かったというか。よく祖母にも葵さんの話してたので、祖母もすごく会いたがっていて………。
【葵】 本当におばあちゃん子だから、よく俺にばあちゃんの話してくれてたのよ。だから、会いたいなって思ってて、それでお父さんともその話になって、思わず我慢できなくてね……。
【和己】 優しいんですよ、本当に。
【葵】 俺、ばあちゃんとかじいちゃんとか大好きなんだよね。ウチのメンバーは全員関東だから、東京とか横浜のライブのときは、メンバーの家族とかじいちゃんばあちゃんも来てくれるから、メンバーのじいちゃんばあちゃんに会えるのもすっごい嬉しいんだよね。あれ?SCREWは和己以外、みんな関東?
【和己】 いや、ジンちゃんが熊本、マナブが大阪、ルイが千葉、鋲が東京です。
【葵】 あっじゃあいいね。俺なんて、俺以外みんな関東だから、東京とか横浜のなか打ち(ライブ後の楽屋あいさつ)んとき、身内いないの俺だけで、めちゃめちゃ寂しいんだよね。

――でも、三重に帰ったときにはみんな来てくれてるからね。
【葵】 まぁね。

――お母さんとかめちゃめちゃ若いよね!
【和己】 若い!ホントびっくりしちゃいますよね!僕、実は葵さんのお母さんとメル友なんです!
【葵】 そうなんだよ(笑)。コイツね、一緒に帰ったとき、まだ俺から母親には何も連絡してなかったのに、和己がメールで「今年は一緒に帰ります!」とかって連絡してて、俺が実家に電話したときには、もう知ってたっていう(笑)。なんだよそれっていう(笑)。
【和己】 葵さんのお母さんは、僕の三重のお母さんですから!
【葵】 なんだって(笑)。
【和己】 また一緒に帰って下さいね!あっそうだ!葵さん、まったく関係ない話していいですか?僕、60キロのダンベル買いました!30と30で、ダンベルを増やしていけるんですよ!
【葵】 筋肉と同じようにファンも増やしていけたらいいね。
【和己】 はい、頑張ります!
【葵】 最近すごくバンドっぽくなっきてるから、本当に頑張ってほしいなって思うよ。俺も頑張るから、和己も頑張ってな。
【和己】 はい、頑張ります!今日は本当にありがとうございました!

――よし。じゃぁ最後にミッションを1問1答で5問!イケ!和己!
【和己】 マジっすか!?え〜と、今日の髪型いいですね!
【葵】 それ質問じゃないじゃんか(笑)。
【和己】 そうですね。休日は何されてますか?
【葵】 曲作ってるね。
【和己】 僕の嫌いなとこ言って下さい!
【葵】 性格かな。
【和己】 おっと!ここカットでお願いします(笑)!僕の好きなとこ言って下さい!
【葵】 実はあんまり好きじゃないんだよね。
【和己】 もちろん、ここもカットでお願いします!

――あと2問!
【和己】 褒めて下さい!
【葵】 ふふふふふ、頑張ってるね。

――ここはカットかな。
【和己】 なんでですか!太文字ですよ!

――あと1問!
【和己】 好きです!これからもよろしくお願いします!
【葵】 質問じゃねぇじゃねぇか(笑)!
【和己】 あっすいません!ヤバイまた変な汗かいてきた(笑)。
【葵】 また飲みに行こうな。
【和己】 はい、ありがとうございます!

(文:武市尚子/撮り下ろし写真:山内洋枝)

1

2

次回は、葵(the GazettE)×虎(Alice Nine)が登場します!

【the GazettE info】

the GazettE live tour 12-13【DIVISION】FINAL MELT LIVE AT 03.10 SAITAMA SUPER ARENA
【初回生産限定盤】

the GazettE 
2013/06/26[DVD]
価格:\9,765(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ
SRBL-1580/1

 

the GazettE live tour 12-13【DIVISION】FINAL MELT LIVE AT 03.10 SAITAMA SUPER ARENA
【通常盤】

the GazettE 
2013/06/26[DVD]
価格:\6,090(税込)
ソニー・ミュージックレコーズ
SRBL-1582/3

【SCREW info】

SCREW【初回限定盤A】
SCREW 
2013/07/10[アルバム]
価格:3,990(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA-73930

 

SCREW【初回限定盤B】
SCREW
2013/07/10[アルバム]
価格:3,990(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA-73931

SCREW【通常盤】
SCREW 
2013/07/10[アルバム]
価格:3,150(税込)
徳間ジャパンコミュニケーションズ
TKCA-73932

■the GazettE(ガゼット)

RUKI(Vo)、麗(G)、葵(G)、REITA(B)、戒(Dr)による5人組。
2002年に結成。以降、着実にライブ動員を伸ばしていき、2010年12月26日にはバンド史上初の東京ドーム公演を成功させた。一貫してセルフプロデュースを貫き、妥協なく追及するハイクオリティなサウンドは国内外で高く評価されている。
2013年6月26日、DVD『the GazettE LIVE TOUR 12-13[DIVISION]FINAL MELT AT 03.10 SAITAMA SUPER ARENA』をリリース。
2013年8月、シングル「FADELESS」をリリース。
2013年9月、約6年ぶりとなるワールドツアー『the GazettE WORLD TOUR13』を7ヶ国9公演行う。
2013年10月、アルバム『BEAUTIFUL DEFORMITY』をリリースする。

> the GazettE OFFICIAL SITE

■SCREW(スクリュー)

鋲(Vo)、和己(G)、マナブ(G)、ルイ(B)、ジン(Dr)による5人組ロックバンド。
抜群の容姿と音楽性で着実に動員を増やし、2012年5月にはヨーロッパツアーを成功させるなど、年齢や性別、国籍を超えてファン層を拡大している。
2012年10月17日、シングル「XANADU」でメジャーデビュー。 2013年2月6日、2ndシングル「Teardrop」をリリース。それと同時に鋲が渋谷109MEN’Sの巨大懸垂幕に登場するなど、モデルとしても輝かしい活動を行っている。
2013年4月20日には、バンド結成7周年のライブで自身初のSHIBUYA-AX公演を行う。
2013年7月10日、アルバム『SCREW』をリリース。
2013年7月24日、DVD『SCREW 7th Anniversary Live NEVERENDING BREATH AT SHIBUYA-AX』をリリース。
2013年7月28日よりHEAVEN'S ROCKさいたま新都心VJ-3を皮切りに全国ツアー『TOUR2013 UNDER THE “SCREW”』を行う。

> SCREW OFFICIAL SITE


▲このページの最初に戻る