アナと雪の女王
満足度90%超!この感動は、終わらない MovieNEX&オンデマンドでいつでもどこでも“レリゴー!”できる!


興行収入249億円を突破し、現在日本歴代興行収入3位(※7月14日付)と記録的なメガヒットを続けている
『アナと雪の女王』。7月16日に発売されたMovieNEX(ブルーレイ、DVD、デジタルコピー、MovieNEXワールドのセット)は、発売初日でブルーレイ歴代最高の売上枚数となる大ヒットを記録。先行配信されているオンデマンドも好調だが、そんななか改めて同作の魅力をアンケート調査! 全国の20〜40代
男女に作品のおもしろさ、それぞれの楽しみ方などを聞いたところ、その満足度は90%以上! MovieNEXとオンデ
マンドへの期待の高さも浮き彫りになった!!

“アナ雪”ってなんでこんなに話題になっているの?

Q.映画を観た満足度は? とても満足	42.4% 満足	48.8% 不満	8% とても不満	0.8%

 映画公開から16週連続で週末興行収入成績1位を獲得。子どもから大人まで幅広い層からの支持を受けて近年で稀に見るメガヒットを続けている『アナと雪の女王』だが、実際に映画を観た人たちにアンケート調査を行い、その声を聞いた。

 その結果、やはり映画を観終わった後の満足度は、【とても満足】【満足】を合わせて 91.2% と非常に高い割合となり、ほとんどの人が満足して劇場を後にしていることがわかった。そうした人たちの多くがリピーターになっているようで、熱心なディズニー映画ファンだけでなく、ふだんあまり映画館に行かないような若い人たちが、いちど観てよかったから次は家族と行ったり、友人同士でも別のグループとまた観に行ったりと、一緒に観る人を変えながら何度も足を運んでいるのが特徴的だ。

 また、作品にハマっている人たちのなかには、オリジナル字幕版、日本語吹替版、3D版のすべてを観るために3回以上リピートしている人が多く、なかにはそれに加えて“みんなで歌おう”企画まで子どもと参加している親の世代も。そんな様子からは、多くの人たちが作品のおもしろさを堪能し、心から楽しんでいることが想像できる。世代別で見ると、10〜20代は友人や恋人と、30〜40代では家族(子ども)とそれぞれの楽しみ方で繰り返し作品に触れており、そのすべての世代で高い満足度を得ていることがわかった。


ディズニーが90年愛され続けるワケ

どこに魅力を感じた? ミュージカル音楽 58.8% 映像美 19.3% ストーリー 11.6% キャラクター 9.4% その他 0.9%

 では、具体的に作品のどこに惹かれたのかを聞いてみると、音楽という声が圧倒的に多く、次いで映像美という結果になった。ストーリーと深くリンクする主題歌「Let It Go」を含めた楽曲のよさは早くから知られ、オリジナルを歌うイディナ・メンゼルだけでなく、それ以上に日本語版の松たか子、神田沙也加、エンドソングを歌ったMay J.の歌声は、その訳詞のよさとともに高い評価を受け、大人気を博した。

 同作のサントラ盤も大ヒット中だが、雪だるまのオラフが歌う「あこがれの夏」は子どもだけでなく10〜20代の女性たちからも人気。また、「エルサが国を飛び出して歌いながらお城を作るシーン」「アナとエルサのかけあいのデュエット」など、歌とシーンがシンクロして強く印象に残っているという声も多く寄せられた。キャラクターの繊細な気持ちの変化が、歌にのることでより心の奥底までひしひしと伝わってくるシーンは多い。

 そのほか、これまでのディズニー作品とは異なる、ふたりの女性が主人公になるストーリー展開、その物語の結末に驚きながらも、それをポジティブに受け止めている人たちが多かった。とくにアナとエルサのお互いへの愛が描かれる部分において、「共感できた」「お互いの気持ちに気づいた」「絆が深まった」という姉妹の声が寄せられている。

 映像に関しては、氷の城を作るシーンの圧倒的な迫力や、吹雪のシーンでのリアルさにこだわった映像の美しさなど、これまでの作品とは一線を画す、細部にまで渡って繊細に作りこまれた表現のクオリティの高さに気づいているファンが多かった。MovieNEXでは、ブルーレイの特徴である、画質の鮮明さによって観ることができる、雪の粒や氷の質感、キャラクターの衣裳、皮膚や髪の毛の細部に注目したい。


楽しすぎる“アナ雪”の遊び方




MovieNEXを楽しみたい!
【調査概要】
調査地域:全国
調査対象調査対象:10〜40代男女、映画『アナと雪の女王』を観た500人
調査期間:2014/6/26(木)〜7/2(水)
調査手法:インターネット調査

 そんな『アナと雪の女王』が、MovieNEX(ブルーレイ、DVD、デジタルコピー、MovieNEXワールドのセット)で発売され、自宅でも楽しめるようになった。

 すでに同作のMovieNEXの予約は115万枚を突破(※7月6日付)。映画館に繰り返し足を運んでいた子どもたちとその親は、まさに今発売を目前にして心躍らせていることだろう。「娘が家で観るのを楽しみにしている」「家族みんなが大好きなので、一緒に何度でも観たい!」など、家で好きなときに、のんびり、自由気ままに楽しみたいという思いは、みんな一緒! 気の合う仲間同士で集まって観たいという声は、家族だけでなく、すべての世代から聞こえてくる。

 そして、家で楽しむもうひとつのよさは、周りを気にせずに歌って踊れること。アナとエルサの真似をしていつも遊んでいる子どもたちは、きっと映画を観ながらお気に入りの役柄になりきって物語を体験したいに違いない。そんなふうに好きなシーンを好きなだけ踊りながら熱唱するのは、『アナ雪』にどっぷりハマっている子どもたちみんなの夢だろう。それが間もなく実現する!

 また、こうしたファミリー層からの人気はだれもの予想通りだが、この作品に関しては、10〜20代からも「なんども繰り返し観たい作品」「映像をブルーレイでじっくり観たい」「自宅で気の合う友人たちと感動を共有したい」といった声が挙がっており、ふだんあまりブルーレイやDVDを購入しない層からも“手元に残しておきたい作品”として関心を引いている。


 そして、デジタルコピーを利用してスマートフォンや携帯電話、タブレットPCなどで、好きなときに好きな場所で作品を楽しめるところは、移動中に時間の余裕ができるというビジネスマンや、雰囲気のよいカフェなどお気に入りの場所でリラックスして楽しみたいという女性など、若い世代ほどその利便性に期待しているようだ。もちろん、もりだくさんの特典への期待も高い。

 もちろん、盛りだくさんの特典への期待も高い。ディズニーオフィシャルサイトで展開されるMovieNEX購入者だけが観ることのできるMovieNEXワールドでは、映画完成までの道のりをまとめたメイキング映像や未公開シーン、また大ヒット曲『♪Let It Go〜ありのままで〜』をいろいろなバージョンで聴き比べできる映像など、特典映像が多数用意されている(DVD、ブルーレイにも別の特典映像が収録)。さらにMovieNEXワールドのすごいところは、スペシャルアイテムがたくさん手に入ること。ここでしか手に入らないスマフォ用デコメパックのダウンロードやオリジナルカレンダー、貴重なアナ雪グッズの抽選応募券もファンには嬉しい特典だ。

 すでに先行配信されているオンデマンドを利用している人も多いことだろう。Movie
NEXやオンデマンドになることによって、映画館での鑑賞とはまた異なる楽しみ方が増え、ファンにとってはその世界観に触れることができる場所がより一層広がることになる。そんな楽しみ方の広がりは、子どもから大人まで作品そのものの満足度をさらに上昇させそうだ。

今すぐ観たい!そんな願いを叶える必須コンテンツ!!オンデマンドとは!?
いつでもどこでも好きなときにオンデマンド!


 インターネットに接続されたテレビやPC、スマートフォンなどで観たいときにすぐに楽しめるデジタル配信サービス。レンタル型と販売型の二種類がある。  レンタルは、ダウンロードしてから24時間または48時間などの視聴期限が設定される。販売型は、ハードディスクに保存しいつでも視聴可能。携帯端末などに持ち出すことができるサービスもある。



アナと雪の女王 MovieNEX
アナと雪の女王 MovieNEX

アナと雪の女王 MovieNEX
2014年7月16日発売
品番:VWAS-5331
価格:4,320円(税込)
※7月9日(水)
オンデマンド先行配信

©2014 Disney



たった3ステップ!デジタルコピーで映画を持ち歩ける!

MovieNEXのセットに入っているのがデジタルコピー。クラウド対応により、映画本編をいつでもどこでもスマートフォンやタブレットPCで簡単に視聴できる。

○ステップ1
MovieNEX CLUB(http://disney-studio.jp/movienexclub/)にアクセス

○ステップ2
Disney.jpメンバーログイン

○ステップ3
MovieNEXに封入されるMagicコードを入力し、ダウンロード!

★詳しいダウンロード方法は、商品に同梱されているリーフレットをご参照ください。

デジタルコピーの詳細はこちら

『アナと雪の女王』
 世界各国で新たな金字塔を打ち建てている映画『アナと雪の女王』。それは、運命に引き裂かれた姉妹を主人公に、凍った世界を救う“真実の愛”を描いた感動のドラマティック・ミュージカル。

 愛し合うからこそ離れていくエルサとアナ、アナの婚約者のハンス王子、アナのために危険を冒す山男のクリストフ、ハグするのが大好きな雪だるまのオラフ……凍った世界を救い奇跡を起こす“真実の愛”とは何か……?ディズニー映画初の“2人のヒロイン”が主人公のこの映画では、王道である“真実の愛”も思いがけない形で描かれる。

監督:クリス・バック/ジェニファー・リー
製作総指揮:ジョン・ラセター
歌曲:ロバート・ロペス、クリステン・アンダーソン=ロペス
声の出演:[字幕版]クリステン・ベル(アナ)/イディナ・メンゼル(雪の女王/エルサ)
[日本語吹替え版]神田沙也加(アナ)/松たか子(雪の女王/エルサ)


▲このページの最初に戻る