日本を代表するエンターテイナーとして世界を股にかける活躍を続けるプリンセス天功。多くの謎に包まれた彼女にインタビューを敢行!! 驚くべき事実が明らかに!?

『スラバ』は…たけしさんの100倍ハチャメチャ!!

プリンセス天功

――世界的に人気の公演『スラバのスノーショー』が8月に日本で開催されます。今回、天功さんは同公演の宣伝大使に就任され、実際に公演をご覧になったんですよね。
【プリンセス天功】 はい。メキシコに行った際に拝見しました。率直な感想は「こんなの観たことない!!」って感じでした(笑)。 ──世界のプリンセス天功すらも驚愕するショーなんですか!
【天功】 はい。体感型のショーなんですけど、普通の体感型とはスケールが全く違うんです(興奮気味)!! ──なるほど(笑)。
【天功】 もうハチャメチャと言いますか…。(ビート)たけしさんのハチャメチャさってありますよね?それの100倍(笑)。 ──たけしさんの100倍ですか! なんか凄そうですね〜。
【天功】 「こんなことありなの〜」って場面が盛りだくさんなんです!! でも、しっかりと芸術的なエッセンスも取り込まれているので、観ていただいたら「世界ではこんなエンタテインメントがあるんだ!」って確実に驚かれると思います。私が一番最初に『スラバ』を観たのがフランスだったんですけど、その時は芸術性を重視していたんです。彼らは1993年からショーを開始し、毎年毎年内容を変えてやっているですけど、今回の『スラバ』は…あり得ない!!って感じの内容なんです。 ──実際に『スラバ』を観ている天功さんの映像を拝見したんですけど、子供のようにハシャぐ天功さんが印象で(笑)。
【天功】 え〜恥ずかしいです(笑)。
──でも、天功さんですら興奮させるショーだということですよね。
【天功】 そうですね! これまでに世界各国で様々なショーを見てきましたけど、「これ、やっていいのかな〜」って感じたショーは初めてかも(笑)。 ──ステージから客席に蜘蛛の巣が放出されたり、もちろん雪が舞い散るシーンも凄くて。
【天功】 (興奮気味に)そうなんです!! やっぱり言葉がいらないという部分がイリュージョンと共通する部分なんです。あと、楽しませる部分だけじゃなく、ウルッとくるような感動させるシーンもあって、私も涙を堪えられなくて号泣しちゃいました。 ──天功さんも思わず号泣(笑)。
【天功】 ですから、100人いたら100通りの楽しみ方があるショーだと思います。公演が終わってから実際に主役のピエロの方に聞いてみたんです。「これだけお客さんを感動させられるのはなぜ?」って。そうしたら彼、「宇宙と繋がってるからだ」って(笑)。

衣裳もロシアの宇宙センター製の特注なんです

プリンセス天功

──アハハハハ!
【天功】 とってもチャーミングな方なんです。あとビックリしたのが、彼らのステージ衣装は凄く分厚くてモコモコしているのに、一切汗をかいていないんです。私の衣裳も中にファンが付いていて極力汗をかかないようにしているんですけど。 ──天功さんの衣裳って、中にファンが付いてるんですか(笑)。
【天功】 はい(笑)。で、彼らの場合はロシアの宇宙センターで特注で作って貰った温度調節が可能な衣裳で。 ──へぇ〜。なんかホントはウソか分からないですけど(笑)。
【天功】 あ、これは冗談ではなくて本当です。実は私も、家で毛のないネコを飼っているんですけど、自分で温度調節が出来ないんですね。なので、私もNASAから宇宙服素材を取り寄せたんです。そのネコのために。 ──アハハハハ! 天功さんは既に宇宙服の素晴らしさを体感済みだったと(笑)。
【天功】 はい! それで出来た服を着せてたら暑さ寒さも凌げるので、「やっぱり、さすがNASAだね〜」って。 ──さすがのスケール感といいますか(笑)。
【天功】 宇宙技術に関してはロシアの方が進歩してるのかも知れないですね〜。 ──『スラバのスノーショー』には最新技術も取り込まれているんですね!
【天功】 はい! 雪が舞うパフォーマンスも、日本の同じパフォーマンスをやっても、そこまで粉雪のように舞わないんです。でも『スラバ』の雪は客席の奥の方まで舞うし、空中での滞在期間が長いんです。それもショーの後にスラバに聞いたら、「良いところに気づいたね。実はそこに重要な仕掛けがあるんだ」って! ──凄いこだわりがあるんですね〜。
【天功】 ええ。さすがロシアだなぁ〜って感じです! ショー全体でも部分部分で「あれ、これアメリカのショーでも観たな」っていう演出があるんですよ。ですから原点は『スラバ』なんですね。イリュージョンとかマジックの原点は『スラバ』にあったんだなって。 ──『シルク・ドゥ・ソレイユ』の演出の一部も『スラバ』から拝借したということ公式に発表してますもんね。
【天功】 そうです。よく、ロシアのエンタテインメントを世界中が参考にすることが多いんですけど、特に『スラバ』の影響力の高さを改めて感じましたね。

次のページへ【謎に包まれた私生活】



インフォメーション

『SLAVA’S SNOWSHOW スラバのスノーショー』
日本上陸!


東京公演 8月6日(水)〜17日(日)
会場:シアター1010

大阪公演 8月20日(水)〜24日(日)
会場:シアターBRAVA!

お問い合わせ
0570−550−100(チケットよしもと)

『スラバのスノーショー』オフィシャルホームページ
http://slavasnowshow.jp/

『スラバのスノーショー』ダイジェスト映像
http://www.youtube.com/watch?v=Xlv2LutlTMU




BACK NUMBER

Vol.50 プリンセス天功
  『神秘のベールに包まれた“素顔”に迫る!!』(2014年07月18日)

Vol.49 田中美絵子
  『政治家の資質って何!?』(2014年07月11日)

Vol.48 桂三度
  『落語家転身の“真相”を激白!!』(2014年06月05日)

Vol.47 小籔千豊
  『新喜劇も進化せなアカン!!』(2014年05月16日)

Vol.46 高須光聖
  『高須光聖が語る“バラエティの意義”「“ゲスさ”もテレビなんだよ」』(2014年05月02日)

Vol.45 R-1ぐらんぷり2014
  『決戦直前!! 『R-1』決勝進出者インタビュー』(2014年03月03日)

Vol.44 HIDEBOH×レイザーラモン
  『タップとお笑いの過激な融合!??』(2014年01月29日)

特別編 藤原寛
  『「松本アウト〜」でお馴染み!!水先案内人が明かす『笑ってはいけない』の裏側 』(2013年12月27日)

特別編 月亭方正
  『今年もまたあの恐怖がやってくる!!“蝶野のビンタ”は忘れたころにまた痛む』(2013年12月20日)

Vol.43 板尾創路
  『役者としても“ネクストステージ”に到達』(2013年12月06日)

Vol.42 倉本美津留
  『盟友・倉本美津留が語る“監督”松本人志「彼は新たな“文化を生む”キーパーソン」』(2013年10月31日)

Vol.41 松本人志
  『僕の映画はコメディや喜劇ではない』(2013年09月20日)

Vol.40 小籔千豊
  『自身のフェスにも遅刻宣言!?』(2013年09月13日)

Vol.39 渡辺直美
  『ポチャかわブームに異議あり「私、全くモテません!!」』(2013年09月04日)

Vol.38 ジャングルポケット
  『“笑い”に憑りつかれた哀しきトリオ』(2013年07月11日)

特別編 IPPONグランプリ
  “大喜利”に命を懸ける者たち『IPPONグランプリ』直前特集!!(2013年05月23日)

Vol.37 東野幸治
  『元祖“最強ひな壇芸人”が明かす自身の変化とは!?』(2013年05月15日)

Vol.36 ピース・綾部祐二
  『僕が“熟女好き”になったワケ』(2013年05月02日)

Vol.35 河本準一
  『哀愁漂う身内ネタの真意』(2013年02月22日)

Vol.34 宮川大輔
  『松本人志が惚れ込んだ“オチのない話芸”』(2013年02月08日)

Vol.33 千原ジュニア
  『ジュニアが松本人志との“出会い”を明かす!!』(2013年01月25日)

Vol.32 鉄拳
  『衝撃告白!! 鉄拳、芸人辞めようと思っていた』(2012年12月05日)

Vol.31 綾部祐二×YU-A
  『意気投合!?「お友達から始めましょう」』(2012年11月29日)

Vol.30 ウーマンラッシュアワー
  『ブレイク前夜!! 進化する“高速漫才”で頂きに立つ!!』(2012年11月21日)

特別編 SKE48
  『ノブコブのセクハラにSKE48危うし!?』』(2012年09月27日)

Vol.29 徳井義実
  『自分に“ヤンキー要素”はゼロだけど…プライベートの顔に近い元ヤン父親役』(2012年09月07日)

特別編 吉本芸人軍団
  『吉本芸人軍団が『絶望要塞』に白旗!?』(2012年08月03日)

Vol.28 フット後藤
  『キャラチェンジでCDデビュー! 』(2012年07月04日)

Vol.27 山ちゃん
  『“ご意見番”がAKB総選挙を大胆予想!!』(2012年06月01日)

Vol.26 村上健志
 『フルポン村上『アメトーーク!』最新DVD発売記念インタビュー』(2012年03月28日)

Vol.25 R-1決勝進出者
 『今年のR-1決勝進出者決定!ファイナリストインタビュー』(2012年03月16日)

Vol.24 石原さとみ
 『石原さとみ&板尾創路『月光ノ仮面』リレーインタビュー』(2011年12月28日)

Vol.23 ジャルジャル
 『ジャルジャル 結成10年目も特別なことはない!?』(2011年12月28日)

Vol.22 THE MANZAI
 『日本一の漫才師が決定! 進出者“最速”インタビュー!』(2011年12月17日)

Vol.21 田村淳
 『ロンブー淳、テレビ業界に喝!』(2011年12月07日)

Vol.20 2700
 『2700、音楽と笑いの融合がここに極まる!』(2011年11月25日)

Vol.19 雨上がり決死隊×サバンナ高橋
 『雨上がり決死隊の裏側をサバンナ高橋が暴露』(2011年10月24日)

Vol.18 野性爆弾
 『野性爆弾の生態系とは?』(2011年10月14日)

Vol.17 後藤輝基
 『フット後藤の“ツッコミ論”』(2011年08月10日)

Vol.16 藤森慎吾
 『次の“標的”は少女時代で決まり!!』(2011年08月03日)

Vol.15 松本人志
 『笑い道とは“裏切り”と見つけたり』(2011年06月09日)

Vol.14 板尾創路
 『“鬼才”板尾創路の願い』(2011年05月25日)

Vol.13 間寛平
 『間寛平が被災者に笑いのエール!』(2011年05月12日)

Vol.12 椿鬼奴
 『大ブレイクに困惑!?“素顔”の椿鬼奴』(2011年04月27日)

Vol.11 アジアン
 『よしもとべっぴん&ぶちゃいく 揃って1位のアジアン登場!!』(2011年03月24日)

Vol.10 藤原一裕×家城啓之
 『よしもと男前No.1とブサイクNo.1の“明と暗”』(2011年03月03日)

Vol.9 佐久間一行
 『R-1王者・佐久間一行、優勝後最速インタビュー』(2011年02月16日)

Vol.8 R-1ぐらんぷり
 『今年のR-1決勝進出者決定!“ファイナリスト”インタビュー』(2011年02月10日)

Vol.7 ブラックマヨネーズ
 『ブラマヨ、今後の野望語る!』(2011年02月02日)

Vol.6 今田耕司×鈴木おさむ
 『今ちゃんの“変態願望”が明らかに!?』(2011年01月26日)

Vol.5 楽しんご
 『現在、大ブレイク中の楽しんごが登場!』(2011年01月19日)

Vol.4 スリムクラブ
 『M-1で人気爆発! スリムクラブとは何者か!?』(2011年01月12日)

Vol.3 笑い飯
 『M-1覇者・笑い飯に“最速”インタビュー!!』(2010年12月28日)

Vol.2 宮川大輔
 『すべらない話の“作り方”』(2010年12月22日)

Vol.1 M-1グランプリ
 『今年のM-1決勝進出者決定!どこよりも早い進出者“最速”インタビュー』(2010年12月15日)

▲このページの最初に戻る