『R-1ぐらんぷり 2014』がいよいよ放送。ファイナリスト全員にインタビューを敢行し、秘めたる想いを聞く!! ピン芸人No.1の称号を掴むのは誰だ!? 視聴者が選ぶ優勝者予想も公開します!!
レイザーラモンRG

レイザーラモンRG
“ジョブス”ネタで台風の目となるか!?

──初の決勝進出ですが、貫録すら漂っていますね!
【RG】 (ジョブス風に)イエス! ジョブスを始めてからホントに調子がいいんですよね。 ──昨年末の『THE MANZAI』ではレイザーラモンとして決勝大会のトップバッター。『R-1』でもトップバッターを選択されました。その真意は?
【RG】 あ〜3つの要素があります! あ、これジョブス式の説明です(笑)。ひとつは会見で1番を選ぶと皆が盛り上がってくれる。もうひとつは早くネタを終えたい、緊張から解放されたい。最後のひとつはギスギスした賞レースを柔らかい空気にしたい。この3つです。 ──なるほど(笑)。ほかの芸人さんのことまで考えているんですね。
【RG】 イエス! 迷いなくトップバッターを選びました。それで優勝すればカッコイイですしね。 ──Aブロックはヒューマン中村さんを筆頭に強者揃いですよね。
【RG】 イエス! ただ、ジョブスのネタをやると決めてから、ネタに隙がないんです(キッパリ)。 ──おぉ〜すごい自信だ(笑)。
【RG】 3つの要素があります! まず、英語でゆっくり喋るから噛みようがないし噛んでも気付かれない! 簡単な英語である! そして、途中“あるあるネタ”も入れられる。緊張とかは『THE MANZAI』と比べてまったくないですね。日常でやっていることをそのままぶつけるだけなので。 ──RGさんのなかで、優勝という2文字が明確に見えていると
【RG】 イエス! ピン芸がすごく進化しているなかで 、ひとつ全く違う方向性を見せることが出来るなって思っています。僕のツイッターに報告があったんですけど、僕のジョブスのネタを見た米軍関係者が米軍基地内でメチャメチャウケていたらしんですよ!! ──アハハハハ!
【RG】 僕はジョブスネタで世界を狙います!! 決勝メンバ―のネタの中でも唯一世界が狙えるネタなんです(キッパリ)。 ──R-1はきっかけに過ぎないと(笑)。
【RG】 イエス! 何といっても米軍基地で大ウケでしたから!!

ヒューマン中村

ヒューマン中村
4度目の正直なるか!? 文科系男子が優勝の重圧に打ち勝つ

──4年連続の決勝進出、もはやR-1の顔といっても過言ではないですよね。
【ヒューマン】 いやいや、顔って感じでもないですよ。基本的に地味なので(笑)。出来れば優勝して早く卒業したいんですけど、なかなかダブりが続いていて(笑)。 ──4年連続ってホントにすごいと思うんですけど、周囲からは決勝に行って当然みたいな目で見られるのも辛いですよね
【ヒューマン】 そうなんですよ〜。やっぱり最初に決勝に行った時は皆からも「おめでとう!」ってすごい言われたんですけど、もう麻痺していて祝福すらないという(笑)。アルバイト先の人も逆に「今年優勝しなかったら…」みたいな変なプレッシャーかけてくるようになって。 ──4年連続で決勝進出しているのにまだアルバイトしているですねぇ。
【ヒューマン】 そうなんですよ〜。よしもと七不思議のひとつです。今は週一なんですけど、今年の結果次第で遂に月2くらいにはなれるんじゃないかと。 ──辞めはしないんだ(笑)。でも、アルバイト先の人の期待に応えるためにも今年はぜひとも優勝したいところですね!
【ヒューマン】 そうですね。ただ、自分で言うのも何なんですけど、すごい倍率の中で予選を突破しているので、もうちょっとチヤホヤしてくれてもいいんじゃないかなって(笑)。 ──酷なことですけどね。
【ヒューマン】 去年が準優勝させてもらっているので今年は何とか優勝したいですけどね……。 ──正直、去年の最終決勝を終えた際には、個人的にはヒューマンさんが優勝だと思いましたけどね。
【ヒューマン】 ありがとうございます! 確かに手ごたえはあったんですけど、自分的には三浦マイルドさんのネタを見て「負けたな…」って思ったんです。 ──そうなんですか…。
【ヒューマン】 だから去年もう少しのところでダメだったので、今年こそ三浦マイルドを倒すぞ!って思ってたんですけど、まさかの三浦マイルド決勝ならずで(笑)。 ──ある意味勝ち逃げされた気分ですね(笑)。でも、3回決勝進出して優勝できなかったのはご自身では何が足りなかったと思います?
【ヒューマン】 うーん。やっぱり僕の好きな笑いは、地味な笑いなんですよね。 ──派手さが足りなかった?
【ヒューマン】 はい。なので今年からは黒いメガネから白いメガネに変えました(笑)。 ──お洒落メガネに(笑)。
【ヒューマン】 最後のピースは揃いました! ──ただ、Aブロックはみなさん派手ですよね?
【ヒューマン】 そうなんですよ! Aブロックは僕意外は全員お祭り野郎なんですよねぇ。なので、お祭りに入りたいけど入れない文科系男子のい悲哀みたいなものを視聴者のみなさんに感じていただけたらと思います!

次のページへ【Aブロック:TAIGA/スギちゃん】

インフォメーション


『R-1ぐらんぷり2014』
3月4日(火) 後7:00〜後8:54  関西テレビ・フジテレビ系


インフォメーション


ヒューマン中村の単独ライブ in 東京
開催決定!!

ヒューマン中村が東京・新宿シアターブラッツにて待望の第2回目の単独ライブ開催決定! おなじみのフリップ芸に加え、コントに漫談と、舞台でしか見られない多彩なスタイルのネタにも注目。今回はゲストに「M−1グランプリ」王者NON STYLE石田明を迎えたトークライブも開催。

『ヒューマン中村トークライブ「ヒューマン中村です。よろしくお願いします。」』 3月29日(土)新宿シアターブラッツ

詳しくはこちら


BACK NUMBER

Vol.50 プリンセス天功
  『神秘のベールに包まれた“素顔”に迫る!!』(2014年07月18日)

Vol.49 田中美絵子
  『政治家の資質って何!?』(2014年07月11日)

Vol.48 桂三度
  『落語家転身の“真相”を激白!!』(2014年06月05日)

Vol.47 小籔千豊
  『新喜劇も進化せなアカン!!』(2014年05月16日)

Vol.46 高須光聖
  『高須光聖が語る“バラエティの意義”「“ゲスさ”もテレビなんだよ」』(2014年05月02日)

Vol.45 R-1ぐらんぷり2014
  『決戦直前!! 『R-1』決勝進出者インタビュー』(2014年03月03日)

Vol.44 HIDEBOH×レイザーラモン
  『タップとお笑いの過激な融合!??』(2014年01月29日)

特別編 藤原寛
  『「松本アウト〜」でお馴染み!!水先案内人が明かす『笑ってはいけない』の裏側 』(2013年12月27日)

特別編 月亭方正
  『今年もまたあの恐怖がやってくる!!“蝶野のビンタ”は忘れたころにまた痛む』(2013年12月20日)

Vol.43 板尾創路
  『役者としても“ネクストステージ”に到達』(2013年12月06日)

Vol.42 倉本美津留
  『盟友・倉本美津留が語る“監督”松本人志「彼は新たな“文化を生む”キーパーソン」』(2013年10月31日)

Vol.41 松本人志
  『僕の映画はコメディや喜劇ではない』(2013年09月20日)

Vol.40 小籔千豊
  『自身のフェスにも遅刻宣言!?』(2013年09月13日)

Vol.39 渡辺直美
  『ポチャかわブームに異議あり「私、全くモテません!!」』(2013年09月04日)

Vol.38 ジャングルポケット
  『“笑い”に憑りつかれた哀しきトリオ』(2013年07月11日)

特別編 IPPONグランプリ
  “大喜利”に命を懸ける者たち『IPPONグランプリ』直前特集!!(2013年05月23日)

Vol.37 東野幸治
  『元祖“最強ひな壇芸人”が明かす自身の変化とは!?』(2013年05月15日)

Vol.36 ピース・綾部祐二
  『僕が“熟女好き”になったワケ』(2013年05月02日)

Vol.35 河本準一
  『哀愁漂う身内ネタの真意』(2013年02月22日)

Vol.34 宮川大輔
  『松本人志が惚れ込んだ“オチのない話芸”』(2013年02月08日)

Vol.33 千原ジュニア
  『ジュニアが松本人志との“出会い”を明かす!!』(2013年01月25日)

Vol.32 鉄拳
  『衝撃告白!! 鉄拳、芸人辞めようと思っていた』(2012年12月05日)

Vol.31 綾部祐二×YU-A
  『意気投合!?「お友達から始めましょう」』(2012年11月29日)

Vol.30 ウーマンラッシュアワー
  『ブレイク前夜!! 進化する“高速漫才”で頂きに立つ!!』(2012年11月21日)

特別編 SKE48
  『ノブコブのセクハラにSKE48危うし!?』』(2012年09月27日)

Vol.29 徳井義実
  『自分に“ヤンキー要素”はゼロだけど…プライベートの顔に近い元ヤン父親役』(2012年09月07日)

特別編 吉本芸人軍団
  『吉本芸人軍団が『絶望要塞』に白旗!?』(2012年08月03日)

Vol.28 フット後藤
  『キャラチェンジでCDデビュー! 』(2012年07月04日)

Vol.27 山ちゃん
  『“ご意見番”がAKB総選挙を大胆予想!!』(2012年06月01日)

Vol.26 村上健志
 『フルポン村上『アメトーーク!』最新DVD発売記念インタビュー』(2012年03月28日)

Vol.25 R-1決勝進出者
 『今年のR-1決勝進出者決定!ファイナリストインタビュー』(2012年03月16日)

Vol.24 石原さとみ
 『石原さとみ&板尾創路『月光ノ仮面』リレーインタビュー』(2011年12月28日)

Vol.23 ジャルジャル
 『ジャルジャル 結成10年目も特別なことはない!?』(2011年12月28日)

Vol.22 THE MANZAI
 『日本一の漫才師が決定! 進出者“最速”インタビュー!』(2011年12月17日)

Vol.21 田村淳
 『ロンブー淳、テレビ業界に喝!』(2011年12月07日)

Vol.20 2700
 『2700、音楽と笑いの融合がここに極まる!』(2011年11月25日)

Vol.19 雨上がり決死隊×サバンナ高橋
 『雨上がり決死隊の裏側をサバンナ高橋が暴露』(2011年10月24日)

Vol.18 野性爆弾
 『野性爆弾の生態系とは?』(2011年10月14日)

Vol.17 後藤輝基
 『フット後藤の“ツッコミ論”』(2011年08月10日)

Vol.16 藤森慎吾
 『次の“標的”は少女時代で決まり!!』(2011年08月03日)

Vol.15 松本人志
 『笑い道とは“裏切り”と見つけたり』(2011年06月09日)

Vol.14 板尾創路
 『“鬼才”板尾創路の願い』(2011年05月25日)

Vol.13 間寛平
 『間寛平が被災者に笑いのエール!』(2011年05月12日)

Vol.12 椿鬼奴
 『大ブレイクに困惑!?“素顔”の椿鬼奴』(2011年04月27日)

Vol.11 アジアン
 『よしもとべっぴん&ぶちゃいく 揃って1位のアジアン登場!!』(2011年03月24日)

Vol.10 藤原一裕×家城啓之
 『よしもと男前No.1とブサイクNo.1の“明と暗”』(2011年03月03日)

Vol.9 佐久間一行
 『R-1王者・佐久間一行、優勝後最速インタビュー』(2011年02月16日)

Vol.8 R-1ぐらんぷり
 『今年のR-1決勝進出者決定!“ファイナリスト”インタビュー』(2011年02月10日)

Vol.7 ブラックマヨネーズ
 『ブラマヨ、今後の野望語る!』(2011年02月02日)

Vol.6 今田耕司×鈴木おさむ
 『今ちゃんの“変態願望”が明らかに!?』(2011年01月26日)

Vol.5 楽しんご
 『現在、大ブレイク中の楽しんごが登場!』(2011年01月19日)

Vol.4 スリムクラブ
 『M-1で人気爆発! スリムクラブとは何者か!?』(2011年01月12日)

Vol.3 笑い飯
 『M-1覇者・笑い飯に“最速”インタビュー!!』(2010年12月28日)

Vol.2 宮川大輔
 『すべらない話の“作り方”』(2010年12月22日)

Vol.1 M-1グランプリ
 『今年のM-1決勝進出者決定!どこよりも早い進出者“最速”インタビュー』(2010年12月15日)

▲このページの最初に戻る