一流アーティストと芸人が多数出演する『コヤブソニック』を主催する小籔千豊が登場。先日、某生放送に遅刻してしまった小籔だが、いよいよ間近に迫った自身のフェスにもまさかの予告“遅刻”宣言が飛び出した!?

実は演者は打ち上げが目的! キョンキョンがカラオケで中森明菜を披露!!

小籔千豊

小籔千豊

小籔千豊

──早いもので、『コヤブフェス』も今年で6回目。ここまで続くとは正直思いませんでしたよ。
【小籔千豊】 ホンマですよね。今年で最後と毎回思いながらねぇ(しみじみ)。毎年当たり前のようにやっているワケでなくて、毎回ホンマに大変なんですよ。 ──まるで、引退発表した宮崎駿監督のような感じですね。
【小籔】 僕もコヤブソニックを辞めるときはイタリアで発表でもしてくれたらね(笑)。 ──各国から惜しむ声が上がると(笑)。でも確かに毎回あれだけ豪華アーティストと芸人さんが出演したら調整が大変ですよね。
【小籔】 出演アーティストの方と出演芸人が決定したら、あとはもう大丈夫。中身は安心なんで。アーティストはエゲツない歌を歌ってくれるし、芸人もエゲツないネタやってくれますから。あとは、いかに演者、スタッフ、スポンサーなどが良い気持ちで帰ってくれるかということなんですよね。 ──当日の舞台裏のケアは、ほぼ小籔さん1人でやってるんですよね。
【小籔】 その方が費用対効果は高いですからね。関わった人で、誰かが嫌な思いしたという事だけはしたくないので……まぁでも、いつもアーティストの方には甘えてばかりですよね。 ──出演アーティストは普段から交流のある方が中心ですもんね。
【小籔】 『コヤブソニック』に出る理由が、お客さんと小籔のために出ていると言ってくれてね。あと、アーティスト同士が凄く仲良くなれるフェスなんだって言ってくれたのが嬉しかったですね。 ──演者同士で共通意識が高いんですね。
【小籔】 まぁ、打ち上げの“RGソニック”があるので、そのために参加してくれているのかなって(笑)。アーティストと芸人だけの宴会なんですけど、(レイザーラモン)RGがカラオケでずっと、その時出演したアーティストの“あるある”ネタを披露するというね。田島貴男あるあるとか(笑)。あとは千鳥が漫才したり、エゴラッピンのよっちゃんさんがカラオケ歌ったり。斉藤和義さんも歌ったりしてましたね。 ──凄い豪華ですね〜。
【小籔】 あ、あとキョンキョンが中森明菜を歌ったり(笑)。 ──それはお金を払っても見れませんよ!!
【小籔】 だから、RG様々……なのかな(笑) ──そもそも『コヤブソニック』の始まりは、小藪さんとレイザーラモンによるユニット・ビッグポルノで『サマーソニック』に出場を熱望したところ、断られたという経緯があってスタートしたんですよね?
【小籔】 もうね、サマソニ兄さんのおかげです!お陰様でその後、『サマソニ』にも出演させて頂いて。しかもスティービー・ワンダーやJAY-Zと同じステージでしたから。 ──そんな大舞台で下品極まりない歌詞のラップを披露したワケですか(笑)。
【小籔】 大阪の2日目だったんですけど、僕らの後に永ちゃん(矢沢永吉)とNASが出たんですよ。で、僕らがパフォーマンスしているときに、黒人の取り巻き達が僕らのことずっと携帯で写真撮ってるんですよ。「クレイジー!」言うて(笑)。 ──アハハハハ!
【小籔】 HGがハードゲイ、RGが着物、宇都宮まきちゃんがバニーガールでその周りにブリーフ姿のオッサンという構成だったので、まあしょうがないかなって。おそらく、アメリカのフェイスブックでは一時期“クレイジージャパニーズ”として僕らの写真が細々とアップされていたんでしょうね〜。 ──下品なジャパニーズがいるって。
【小籔】 国益が損なわれるとか、外交が難航しているとか言われていますけど、僕らにも責任の一端があったんかなぁ(遠い目)。 ──無事にオリンピック開催が決定して良かったですよ(笑)。でも、『コヤブソニック』は本家『サマソニ』に負けないラインナップですよね。これまでに小泉今日子さんやCharaさんなど錚々たる面子が出場してますから。
【小籔】 ありがたいですよね〜。キョンキョンさんは、僕が『すべらない話』(フジテレビ系)でキョンキョンさんの話をしたのを観ていてくれて。その後、お会いした際に「あの時、バーで飲んでたんだけど、『アンタの話してるよ!』ってメールが死ぬほど来た」って(笑)。 ──怒っていたんですか?
【小籔】 いえ、凄く喜んでくれはってね。「『コヤブソニック』ってやってるんでしょ? 来年出してよ」って。それで出場してくれたんです。 ──カッコイイな〜キョンキョン!
【小籔】 アーティストの方にしたら『コヤブソニック』に出たって、ハッキリ言って何の特にもならんと思うてたんですよ。経歴汚すだけというかね。素晴らしい音楽、素晴らしい人間性、異常な判断力。この3つを兼ね備えた方が『コヤブソニック』に出て頂いてる出演者に共通する点ですね(笑)。

次のページへ【台風直撃であわや中止の惨事!?】



インフォメーション

『コヤブソニック2013』
9月15日、16日
インデックス大阪 5号館

出演アーティスト:
アイドリング!! EGO-WRAPPIN’AND THE GOSSIP OF JAXX、サンボマスター、田島貴男、ET-KING、カジヒデキ、スチャダラパー、ハナレグミ、YOUR SONG IS GOODほか

出演芸人:
桂三度、千鳥、中川家、博多華丸・大吉、バッファロー吾郎、フットボールアワーほか

公式サイト


BACK NUMBER

Vol.50 プリンセス天功
  『神秘のベールに包まれた“素顔”に迫る!!』(2014年07月18日)

Vol.49 田中美絵子
  『政治家の資質って何!?』(2014年07月11日)

Vol.48 桂三度
  『落語家転身の“真相”を激白!!』(2014年06月05日)

Vol.47 小籔千豊
  『新喜劇も進化せなアカン!!』(2014年05月16日)

Vol.46 高須光聖
  『高須光聖が語る“バラエティの意義”「“ゲスさ”もテレビなんだよ」』(2014年05月02日)

Vol.45 R-1ぐらんぷり2014
  『決戦直前!! 『R-1』決勝進出者インタビュー』(2014年03月03日)

Vol.44 HIDEBOH×レイザーラモン
  『タップとお笑いの過激な融合!??』(2014年01月29日)

特別編 藤原寛
  『「松本アウト〜」でお馴染み!!水先案内人が明かす『笑ってはいけない』の裏側 』(2013年12月27日)

特別編 月亭方正
  『今年もまたあの恐怖がやってくる!!“蝶野のビンタ”は忘れたころにまた痛む』(2013年12月20日)

Vol.43 板尾創路
  『役者としても“ネクストステージ”に到達』(2013年12月06日)

Vol.42 倉本美津留
  『盟友・倉本美津留が語る“監督”松本人志「彼は新たな“文化を生む”キーパーソン」』(2013年10月31日)

Vol.41 松本人志
  『僕の映画はコメディや喜劇ではない』(2013年09月20日)

Vol.40 小籔千豊
  『自身のフェスにも遅刻宣言!?』(2013年09月13日)

Vol.39 渡辺直美
  『ポチャかわブームに異議あり「私、全くモテません!!」』(2013年09月04日)

Vol.38 ジャングルポケット
  『“笑い”に憑りつかれた哀しきトリオ』(2013年07月11日)

特別編 IPPONグランプリ
  “大喜利”に命を懸ける者たち『IPPONグランプリ』直前特集!!(2013年05月23日)

Vol.37 東野幸治
  『元祖“最強ひな壇芸人”が明かす自身の変化とは!?』(2013年05月15日)

Vol.36 ピース・綾部祐二
  『僕が“熟女好き”になったワケ』(2013年05月02日)

Vol.35 河本準一
  『哀愁漂う身内ネタの真意』(2013年02月22日)

Vol.34 宮川大輔
  『松本人志が惚れ込んだ“オチのない話芸”』(2013年02月08日)

Vol.33 千原ジュニア
  『ジュニアが松本人志との“出会い”を明かす!!』(2013年01月25日)

Vol.32 鉄拳
  『衝撃告白!! 鉄拳、芸人辞めようと思っていた』(2012年12月05日)

Vol.31 綾部祐二×YU-A
  『意気投合!?「お友達から始めましょう」』(2012年11月29日)

Vol.30 ウーマンラッシュアワー
  『ブレイク前夜!! 進化する“高速漫才”で頂きに立つ!!』(2012年11月21日)

特別編 SKE48
  『ノブコブのセクハラにSKE48危うし!?』』(2012年09月27日)

Vol.29 徳井義実
  『自分に“ヤンキー要素”はゼロだけど…プライベートの顔に近い元ヤン父親役』(2012年09月07日)

特別編 吉本芸人軍団
  『吉本芸人軍団が『絶望要塞』に白旗!?』(2012年08月03日)

Vol.28 フット後藤
  『キャラチェンジでCDデビュー! 』(2012年07月04日)

Vol.27 山ちゃん
  『“ご意見番”がAKB総選挙を大胆予想!!』(2012年06月01日)

Vol.26 村上健志
 『フルポン村上『アメトーーク!』最新DVD発売記念インタビュー』(2012年03月28日)

Vol.25 R-1決勝進出者
 『今年のR-1決勝進出者決定!ファイナリストインタビュー』(2012年03月16日)

Vol.24 石原さとみ
 『石原さとみ&板尾創路『月光ノ仮面』リレーインタビュー』(2011年12月28日)

Vol.23 ジャルジャル
 『ジャルジャル 結成10年目も特別なことはない!?』(2011年12月28日)

Vol.22 THE MANZAI
 『日本一の漫才師が決定! 進出者“最速”インタビュー!』(2011年12月17日)

Vol.21 田村淳
 『ロンブー淳、テレビ業界に喝!』(2011年12月07日)

Vol.20 2700
 『2700、音楽と笑いの融合がここに極まる!』(2011年11月25日)

Vol.19 雨上がり決死隊×サバンナ高橋
 『雨上がり決死隊の裏側をサバンナ高橋が暴露』(2011年10月24日)

Vol.18 野性爆弾
 『野性爆弾の生態系とは?』(2011年10月14日)

Vol.17 後藤輝基
 『フット後藤の“ツッコミ論”』(2011年08月10日)

Vol.16 藤森慎吾
 『次の“標的”は少女時代で決まり!!』(2011年08月03日)

Vol.15 松本人志
 『笑い道とは“裏切り”と見つけたり』(2011年06月09日)

Vol.14 板尾創路
 『“鬼才”板尾創路の願い』(2011年05月25日)

Vol.13 間寛平
 『間寛平が被災者に笑いのエール!』(2011年05月12日)

Vol.12 椿鬼奴
 『大ブレイクに困惑!?“素顔”の椿鬼奴』(2011年04月27日)

Vol.11 アジアン
 『よしもとべっぴん&ぶちゃいく 揃って1位のアジアン登場!!』(2011年03月24日)

Vol.10 藤原一裕×家城啓之
 『よしもと男前No.1とブサイクNo.1の“明と暗”』(2011年03月03日)

Vol.9 佐久間一行
 『R-1王者・佐久間一行、優勝後最速インタビュー』(2011年02月16日)

Vol.8 R-1ぐらんぷり
 『今年のR-1決勝進出者決定!“ファイナリスト”インタビュー』(2011年02月10日)

Vol.7 ブラックマヨネーズ
 『ブラマヨ、今後の野望語る!』(2011年02月02日)

Vol.6 今田耕司×鈴木おさむ
 『今ちゃんの“変態願望”が明らかに!?』(2011年01月26日)

Vol.5 楽しんご
 『現在、大ブレイク中の楽しんごが登場!』(2011年01月19日)

Vol.4 スリムクラブ
 『M-1で人気爆発! スリムクラブとは何者か!?』(2011年01月12日)

Vol.3 笑い飯
 『M-1覇者・笑い飯に“最速”インタビュー!!』(2010年12月28日)

Vol.2 宮川大輔
 『すべらない話の“作り方”』(2010年12月22日)

Vol.1 M-1グランプリ
 『今年のM-1決勝進出者決定!どこよりも早い進出者“最速”インタビュー』(2010年12月15日)

▲このページの最初に戻る