人気アナのホンネに迫る! アナ☆スタイル  Vol.18 本仮屋リイナ “女優業”発言の真相を激白! Special Interview
各局の人気女子アナを迎えて、その人となりに迫る『アナ☆スタイル』。今回は特別版として地方局の女子アナにスポットをあてる!! 岡山放送の人気女子アナ・本仮屋リイナアナが登場し、岡山&香川の魅力を余すところなく紹介してくれた!!
社員として“昼ドラ”に出る機会があるなら…という部分が取り上げられてしまい…
本仮屋リイナ

本仮屋リイナ

――番組が始まって約4ヶ月が経ちますが、振り返っていかがですか?
【本仮屋リイナ】 できないことだらけで課題ばかりが増える毎日です。オンエアを観るのが恥ずかしい。うまくできなくてもいいので、まずは視聴者の皆さんや番組に迷惑をかけないレベルに一日も早く成長するのがいまの目標です。

――入社したばかりでは、わからないことだらけなのは当たり前。しかし、テレビに出るということは、そうも言っていられない。
【本仮屋アナ】 入社試験の時、「私には伝える力があります。表現できます」とアピールしていたんですが、そんなに簡単な仕事じゃなかった。気持ちで伝わると思っていたんですが、アナウンサーはそれだけではダメ。音声表現者として正しい音で、正しく伝えないといけない。私はまだ正しい音も出せないし、伝えるべき的確な言葉を伝えるべきタイミングで見つけられないし…。

――生放送に出演しながら、基礎発声や滑舌練習、アナウンサーとしての技術を学んでいるんですね。
【本仮屋アナ】 はい。『スイッチ!』の放送が終わった後、研修に出ています。放送中に失敗すると、研修にもよりいっそう身が入ります。失敗するなら若いうちとも言いますし、ヘコみそうなときは、「今、失敗してよかったんだ」と思うようにして、落ち込み過ぎないようにしています。尊敬している(同局の)高井一アナウンサーも「毎日、反省している」とおっしゃっているので、アナウンサーを続ける限り、その道にゴールはないんだろうと思います。

――入社直前まで舞台(3月27〜31日まで東京・新国立劇場で『国家 偽伝、桓武と最澄とその時代』でヒロインを務めた)に出演されていましたよね。
【本仮屋アナ】 舞台の経験がきっとアナウンサーになってから役立つと思ったのでチャレンジしました。舞台のけいこでは、なぜそのセリフを言うのか、どういう間で言うのか、すごく考えましたが、アナウンサーも似たところがあると思います。台本やカンペの棒読みにならないように表現力を身につけていきたいですね。

――女優業にも興味はあったんですか? 学生時代に芸能活動への誘いがあったと思うのですが。
【本仮屋アナ】 声をかけていただくことはあったんですが、小学生の頃からアナウンサーになるのが夢だったので、そういうお誘いはお断りしていました。子どもの頃から、自分が知ったことや見つけたことを誰かに発信したい、湧き上がるものを誰かに伝えたいという気持ちが強くて、人に会って話をしたり、聞いたりすることも好きでした。大学もアナウンサーになるために法学部で国のことを学ぶか、文学部で言葉について学ぶか考えて、結果的に(青山学院大学)法学部に進学しました。

――大学1年の時(2009年)、「ミス青山学院」の最終選考にまで残っていましたが、その時のプロフィールにも将来の夢は「アナウンサー」と書いてありましたね。一部スポーツ誌の記事では「将来は女優の仕事もしたい」と書かれていましたが…。
【本仮屋アナ】 それは弊社には“昼ドラ”という50年近い歴史のある看板番組があるのですが、社員として“昼ドラ”に出る機会があるなら出てみたいと言ったことが大きく取り上げられてしまいました。

――なるほど。そういう真相だったんですね。6月には全国ネット番組デビューも果たしました(『ピースのイライラ救助隊 出動!ストレスキュー』で番組アシスタントを務めた)。4月にスタートした番組『スイッチ!』も視聴者にだいぶ浸透してきたようですね?
【本仮屋アナ】 視聴者から寄せられたファックスやメールは番組作りにも生かされていますし、私の中継先でも人が集まってきてくれてすごくうれしいです。皆さんと新しい番組を作っている感じがします。

――では最後に今後の抱負、意気込みを聞かせて下さい。
【本仮屋アナ】 アナウンサーになる夢がかなって、まさにこれから。ドタバタ、アタフタしてばかりいるので、視聴者の方に安心して放送を観ていただけるように明日からまた頑張ります。3年目までに成長している自分を実感できるようになって、4年目からは会社に貢献できるような働きをみせたい。高井先輩のように表現豊かに伝える、力のある愛されるアナウンサーになるために精進します!


インフォメーション

『スイッチ!』
(毎週月〜金 前9:50〜 東海テレビ)

東海地方の最新ニュースや最新カルチャーをいち早くお届けする情報番組。曜日ごとに様々なコーナーも設け、身近でためになる情報をお届け。本仮屋アナは番組アシスタントを務めており、様々な場所でロケも行っている。

OFFICIAL PAGE


PROFILE

本仮屋リイナ(モトカリヤ リイナ)

東海テレビアナウンサー。1991年4月1日生まれ。東京都出身。青山学院大学法学部。2013年入社。入社当日の4月1日、新番組『スイッチ!』のレギュラーとしてデビュー。6月9日、『ピースのイライラ救助隊 出動!ストレスキュー!』で全国放送でお披露目。実姉は女優の本仮屋ユイカ。

BACK NUMBER

Vol.20 松尾由美子、島本真衣、久冨慶子
 『仲良し“やじテレ3姉妹”がぶっちゃけトーク!?』(2013年08月16日)

Vol.19 本仮屋リイナ
 『“女優業”発言の真相を激白!』(2013年08月09日)

Vol.18 神谷文乃
 『岡山発 “地域密着型”女子アナ登場!!』(2013年04月17日)

Vol.17 繁田美貴
 『仕事が嫌だと思ったことは一度もありません』(2012年09月26日)

Vol.16 須黒清華
 『自分からも発信できるアナウンサーに』-(2012年09月19日)

Vol.15 松丸友紀×松本秀樹
 『映画化されるなんて、つくづくまさお君はすごい』(2012年06月20日)

Vol.14 秋元玲奈
 『アナウンサーになって性格が変わった新たな自分とたくさん出会っています』(2012年06月06日)

Vol.13 植田萌子&紺野あさ美
 『2年目のもえ×こん 苦楽をともにして深まる絆』(2012年05月23日)

Vol.12 竹内由恵
 『“Mステ”と共に歩んだ4年間』(2012年05月16日)

Vol.11 松丸友紀
 『一人っ子なので、弟妹のような感覚で愛犬と接しています』(2012年05月09日)

Vol.10 田中みな実
 『田中みな実のブリッ子は“素”か“キャラ”か!?』(2011年10月20日)

Vol.9 細貝沙羅&山崎夕貴
 『フジ人気女子アナ 魅惑のウェアで初体験!?』(2011年09月21日)

Vol.8 古谷有美&吉田明世
 『古谷有美アナ&吉田明世アナ TBS期待の新人女子アナが初登場!』(2011年07月06日)

特別編 Early Morning
 『Early Morning 新生アリモニ、働く女性の気持ちを歌う!』(2011年06月29日)

Vol.7 宇賀なつみ
 『宇賀なつみ 人気お天気アナ、来世は男性で決定!?』(2011年02月24日)

Vol.6 細貝沙羅
 『細貝沙羅 生真面目だけど、実はかなりの天然です!?』(2010年12月08日)

Vol.5 加藤真輝子
 『加藤真輝子 テレ朝次期エースアナは外見とは裏腹に“酒豪”です!』(2010年11月24日)

Vol.4 加藤綾子
 『加藤綾子 カトパン、アヤパン退社に思わず号泣!』(2010年11月17日)

Vol.3 枡田絵理奈
 『枡田絵理奈 スポーツ中継にかける熱い思い』(2010年11月02日)

Vol.2 大木優紀
 『大木優紀 『やじマル』メインMCに抜擢! “大木ちゃん”から“大木アナ”へ』(2010年10月27日)

Vol.1 生野陽子
 『偉大な先輩アナから受け継いだ“女子アナ魂”と“生野らしさ”』(2010年09月29日)

▲このページの最初に戻る