人気アナのホンネに迫る! アナ☆スタイル  Vol.18 神谷文乃 岡山発 “地域密着型”女子アナ登場!! Special Interview
各局の人気女子アナを迎えて、その人となりに迫る『アナ☆スタイル』。今回は特別版として地方局の女子アナにスポットをあてる!! 岡山放送の人気女子アナ・神谷文乃アナが登場し、岡山&香川の魅力を余すところなく紹介してくれた!!
真っ暗なスタジオで1人で泣いたり、倉庫の中で泣いたりしていました(笑)
神谷文乃

神谷文乃

――2008年に岡山放送に入社した神谷さんですが、入社直後から報道番組『OHKスーパーニュース』に出演し、“エースアナ”として期待を受けてきました。プレッシャーもあったと思いますが、当時の心境はいかがでした?
【神谷文乃アナ】 エースなんてとんでもないです! もう日々勉強の毎日です(笑)。入社当時は……何も理解してないまま走り出したという感じだったと思います。自分の「実力」と「キャスター」との間に、もの凄く大きな埋められない「差」がありました。

――初めて番組に出演して原稿を読んだときのことは覚えてます?
【神谷アナ】 とにかく緊張していたことだけは覚えています(笑)。あまりの緊張で自分がちゃんと喋っているのかも分からない状況でした。恥ずかしくて、しばらくは自分がニュースを読んでいる映像をしっかり見ることが出来ませんでした。

――不安を拭い去るためにも、やはり事前の下調べなどは入念に行っているんでしょうね。
【神谷アナ】 これは弊社の社風なんですが、報道アナは下調べから原稿作成、テロップなどを入れる編集作業もすべて自分で行うんです。

――そうなんですか! それはOHKならではですね! でも、それって大変ですよね?
【神谷アナ】 そうですね。でも、そうすることによって地元の“生の情報”が自分の中に直に入ってくるので、自分にとって凄くいいことだったと思います。

――神谷さんは東京出身ですけど、そのことも不安やプレッシャーとしてのしかかった要因だったんですね。
【神谷アナ】 そうですね。地元出身ではない私が、岡山・香川の情報を視聴者の方にお伝えするということが凄くプレッシャーでした。

――地域の細かな情報などは、実際に長く住んでいないと分からないことも多いですからね…。
【神谷アナ】 私なんかがニュースを伝えていいのかな…と戸惑う毎日でした。でも、毎日自分の足で取材を重ねて、1つ1つ知識を増やしていくことでしか、その「差」は縮められないのだと先輩から教えてもらって……ただひたすら毎日一生懸命過ごしていたように思います。

――全く知らない土地での1人暮らしということでも辛い日々だったんでしょうねぇ。
【神谷アナ】 はい(笑)。初めての1人暮らしでしたし、友達も家族も遠く離れた東京に置いてきた気分で、とてもとても寂しかったですね……。

――辛くて泣いちゃったりしたことも?
【神谷アナ】 真っ暗なスタジオで1人で泣いたり、倉庫の中で泣いたり(笑)。

――そこにピンスポットが当たったら完璧でしたね(笑)。
【神谷アナ】 アハハハハ! そんなドラマチックな感じではなかったですね。

――人前で泣くことはないと。
【神谷アナ】 それはないですね(キッパリ)。弱音はなるべく吐きたくないので、人のいない所でちょっとだけ(笑)。でも、こうして何とか続けていられるのも会社の同僚や上司のおかげだと思います! 社員同士も仲がいい会社で、年の近い先輩に毎日のように食事につれていってもらっていたので、精神的にも乗り切れた気がします。

――家族や友達がいない状況だからこそ仕事に打ち込むしかなかったというのも大きかったんでしょうね。
【神谷アナ】 そうですね! 仕事に慣れるのに必死で、寂しさも吹き飛びました(笑)。

――4年間報道を経験して、その後制作・バラエティに異動となりました。環境の変化は神谷アナにとっても大きな転機となりましたか?
【神谷アナ】 とても大きかったと思います! 仕事の分野が大きく変わったことで見えてきたのは、「アナウンサーは、言葉だけじゃなく表情や仕草など全身で表現する仕事なんだ」ということです。表現の仕方はさまざまで、とても奥深い仕事だなと改めて感じることが出来ましたね。

――4月からは新番組『夢みる金バク!』がスタートしましたが、手ごたえはいかがですか?
【神谷アナ】 地元に密着した情報番組はこれまでにもあったんですが、『夢みる金バク!』に関しては、“繋がり”や“絆”をより明確に浮き彫りにした企画が見どころですね。

――視聴者から番組に寄せられた「夢」や「願い」の実現を番組がバックアップしていくんですよね?
【神谷アナ】 はい! 先日、休校が決まった真庭市の阿口小学校に安田大サーカスさんと一緒に行かせて頂いたんですけど、卒業生の皆さんの深い絆や学校に対する深い愛に触れることが出来て非常に感動しました。

――サプライズとして、安田大サーカスさんと結成した「阿口小サーカス」で、神谷さん自身もネタを披露していましたね。
【神谷アナ】 そうなんですよ〜。凄く恥ずかしかったんですけど、現在、番組のホームページにも動画がアップされているので、よかったら見てください(笑)。
※動画アップは19日(金)の番組終了時19時54分頃まで。

次のページへ 【理想の男性はルフィ!?】


視聴者から寄せられた“夢”や“願い”をバックアップ!

『夢みる金バク!』
(毎週金曜 後7時〜岡山放送)

岡山・香川の視聴者から寄せられた“夢”や“願い”を「ドリーム☆クリエーター」たちが実現に向けて全面的にバックアップ!! また、仲間や家族と絆を深めるために様々な“新記録”にチャレンジする『目指せ大記録! 夢レコーズ』や家事や育児に追わるママに至極の1日をプレゼントする『ママのお願いお助け隊』など、新コーナーも続々登場する。

OFFICIAL PAGE


PROFILE

神谷文乃(カミヤ アヤノ)

岡山放送アナウンサー。10月17日生まれ、東京都出身。聖心女子大学文学部卒業。
2008年入社。同年より、報道番組『OHKスーパーニュース』に出演。現在は『エブリのまち』などの番組を担当。また2013年4月より新番組『夢みる金バク!』のナビゲーターを務めている。

BACK NUMBER

Vol.20 松尾由美子、島本真衣、久冨慶子
 『仲良し“やじテレ3姉妹”がぶっちゃけトーク!?』(2013年08月16日)

Vol.19 本仮屋リイナ
 『“女優業”発言の真相を激白!』(2013年08月09日)

Vol.18 神谷文乃
 『岡山発 “地域密着型”女子アナ登場!!』(2013年04月17日)

Vol.17 繁田美貴
 『仕事が嫌だと思ったことは一度もありません』(2012年09月26日)

Vol.16 須黒清華
 『自分からも発信できるアナウンサーに』-(2012年09月19日)

Vol.15 松丸友紀×松本秀樹
 『映画化されるなんて、つくづくまさお君はすごい』(2012年06月20日)

Vol.14 秋元玲奈
 『アナウンサーになって性格が変わった新たな自分とたくさん出会っています』(2012年06月06日)

Vol.13 植田萌子&紺野あさ美
 『2年目のもえ×こん 苦楽をともにして深まる絆』(2012年05月23日)

Vol.12 竹内由恵
 『“Mステ”と共に歩んだ4年間』(2012年05月16日)

Vol.11 松丸友紀
 『一人っ子なので、弟妹のような感覚で愛犬と接しています』(2012年05月09日)

Vol.10 田中みな実
 『田中みな実のブリッ子は“素”か“キャラ”か!?』(2011年10月20日)

Vol.9 細貝沙羅&山崎夕貴
 『フジ人気女子アナ 魅惑のウェアで初体験!?』(2011年09月21日)

Vol.8 古谷有美&吉田明世
 『古谷有美アナ&吉田明世アナ TBS期待の新人女子アナが初登場!』(2011年07月06日)

特別編 Early Morning
 『Early Morning 新生アリモニ、働く女性の気持ちを歌う!』(2011年06月29日)

Vol.7 宇賀なつみ
 『宇賀なつみ 人気お天気アナ、来世は男性で決定!?』(2011年02月24日)

Vol.6 細貝沙羅
 『細貝沙羅 生真面目だけど、実はかなりの天然です!?』(2010年12月08日)

Vol.5 加藤真輝子
 『加藤真輝子 テレ朝次期エースアナは外見とは裏腹に“酒豪”です!』(2010年11月24日)

Vol.4 加藤綾子
 『加藤綾子 カトパン、アヤパン退社に思わず号泣!』(2010年11月17日)

Vol.3 枡田絵理奈
 『枡田絵理奈 スポーツ中継にかける熱い思い』(2010年11月02日)

Vol.2 大木優紀
 『大木優紀 『やじマル』メインMCに抜擢! “大木ちゃん”から“大木アナ”へ』(2010年10月27日)

Vol.1 生野陽子
 『偉大な先輩アナから受け継いだ“女子アナ魂”と“生野らしさ”』(2010年09月29日)

▲このページの最初に戻る