人気アナのホンネに迫る! アナ☆スタイル  Vol.13 映画『LOVE まさお君が行く!』スペシャル第1弾 植田萌子&紺野あさ美 Special Interview
2年目のもえ×こん 苦楽をともにして深まる絆
「結婚相手は犬好きであることが絶対条件!」
植田萌子

紺野あさ美

――入社2年目。心境に変化は?
【紺野あさ美】 今年はアナウンサーの後輩が入ってこなかったんです。
【植田萌子】 私たちが一番下のままなので、アナウンス部内での立ち位置は変わらないですね。
【紺野】 1年目はすべてが初めてということで、少し甘く見逃してもらっていたところもたくさんあったと思うのですが、2年目はそういうわけにいかなくなるので、もっとしっかりしないといけないな、と思っています。
【植田】 アナウンサーとしての仕事も含め、社会人1年目として、勉強、勉強のたいへんな1年でした。とにかく1年目は慌ただしく過ぎてしまったので、2年目は一つひとつの仕事をより丁寧にやっていきたいです。

――アナウンサーになってみて、何かギャップを感じたことは?
【植田】 思っていたよりも体力勝負! 朝も夜もぐちゃぐちゃなので、睡眠不足になりがちですし…。
【紺野】 体力は、本当に必要だよね。その分、やり甲斐もすごく感じています。勉強しなきゃいけないこともたくさんあって、思っていた以上に自分を成長させてくれる仕事に恵まれて幸せです。

――この1年の変化をお互いにどう見ていますか?
【紺野】 私は研修の時に初めて萌ちゃんの声を聞いた時から、いい声だなって思っていたんですが、最近はニュースも読み慣れてきて、すごく成長しているんだな思うたびに、私も負けずに頑張ろうって思っています。
【植田】 あさ美ちゃんの方こそ、本当に真面目で努力家。それと度胸がいいところも、羨ましく思っています。
【紺野】 え〜、緊張してばっかりだよ。
【植田】 そうは見えない、見せないところがさすがだと思う
【紺野】 でも、この1年でだいぶ鍛えられつつあると思います。生放送や現場取材では、予定通りいかないこともたくさんあって、まずそこで度胸が試される。どんなこと起きても適切な対応できるようになっていかないとダメなので、もっと経験を積んでいきたいです。

――本当に仲がよさそうですね
【植田】 何年も一緒にいた友人関係に匹敵するほど、この1年がすごく濃かったから…。
【紺野】 いろいろな経験を一緒にしてきたもんね。
【植田】 仕事のことも、プライベートのことも、あさ美ちゃんだから話せることもいっぱいあったし。話を聞いてくれる人がいてくれて、本当に救われていたと思います。
【紺野】 『もえ×こん』というのもすごくしっくりくるよね。
【植田】 今となっては『もえ×こん』以外考えられないよね。あさ美ちゃんと一緒にテレビ東京のアナウンサーになれてよかった。
【紺野】 ぜんぜん価値観の違うタイプと同期だったらどうなっていただろうって、考えるのも怖い。萌ちゃんで本当によかったと思っています。

――2人は似たもの同士ってことですか?
【紺野】 似ているところと似ていないところがはっきりしているよね。
【植田】 似ているのは2人とも考えこむタイプ。面白いと感じるところとか、疑問に思うところで、私も!ってなることも多いよね。話が合うから、自分のことも話せるし、相手の話を聞いてもよくわかるんですよね。
【紺野】 似ていないところは、私はわりとのんびりして、なんかこう遅い時があるんですが、萌ちゃんはテキパキしていて対照的だよね。
【植田】 意外とせっかちなんです(笑)。似ていないところは、あさ美ちゃんがピンクなイメージなのに対し、私はうすいブルーな感じとか(笑)。
【紺野】 番組の『もえ×こん』はいつか終了するかもしれないけれど、私たちが“もえ×こん”であることは変わらない。テレビ東京でアナウンサーをしている限り、“もえ×こん”は“もえ×こん”です。
【植田】 お笑いコンビとも違いますからね、“もえ×こん”に解散はありません(笑)

次のページへ 【“もえ×こん”の今後は!?】


ワン(犬)マン(人)コンビが奇跡を起こす!!




『LOVE まさお君が行く!』
2012年6月23日(土)新宿ピカデリーほか
全国ロードショー

2000年10月から2010年3月までテレビ東京系列で放送されていた番組『ペット大集合!ポチたま』。その中の人気コーナー「まさお君が行く!ポチたまペットの旅」に登場したラブラドール・レトリバーのまさお君と、売れない芸人・松本君の友情と絆を、実際に起こった話をベースに描く。

出演:
香取慎吾/主人公・松本秀樹役
広末涼子/松本の恋人・須永里美役
成海璃子/「東京タウンTV」アシスタントディレクター・吉野水希役
光石研/「東京タウンTV」ディレクター・河原茂雄役
ほか

監督:大谷健太郎
脚本:高橋泉
ドッグ・トレーナー:鈴木和夫

原作:テレビ東京『ペット大集合!ポチたま〜まさお君が行く!!ポチたまペットの旅〜』
配給:松竹


(C)2012「LOVE まさお君が行く!」製作委員会

OFFICIAL SITE


PROFILE

植田萌子

1988年生まれ、東京都出身。日本女子大学を卒業後2011年4月、アナウンサーとしてテレビ東京に入社。同年7月より同期入社の紺野あさ美アナとレギュラー番組『もえ×こん』でMCを務め、11月に「もえ×こん」名義でシングルCD「純情☆ファイター」で歌手デビューも果たす。ほかに『News モーニングサテライト』『neo sports』『TOKYO BLANDNEW GIRLS』などを担当。

紺野あさ美

1987年生まれ、北海道出身。2001年に5期メンバーとして高橋愛(現リーダー)、新垣里沙(現サブリーダー)、小川麻琴(卒業)と共にモーニング娘。に加入し、2006年卒業。慶応義塾大学を卒業後、2011年4月、アナウンサーとしてテレビ東京に入社。『もえ×こん』のレギュラーほか、『neo sports』、『FMニュース 』(ラジオ/Inter FM)などを担当。

BACK NUMBER

Vol.20 松尾由美子、島本真衣、久冨慶子
 『仲良し“やじテレ3姉妹”がぶっちゃけトーク!?』(2013年08月16日)

Vol.19 本仮屋リイナ
 『“女優業”発言の真相を激白!』(2013年08月09日)

Vol.18 神谷文乃
 『岡山発 “地域密着型”女子アナ登場!!』(2013年04月17日)

Vol.17 繁田美貴
 『仕事が嫌だと思ったことは一度もありません』(2012年09月26日)

Vol.16 須黒清華
 『自分からも発信できるアナウンサーに』-(2012年09月19日)

Vol.15 松丸友紀×松本秀樹
 『映画化されるなんて、つくづくまさお君はすごい』(2012年06月20日)

Vol.14 秋元玲奈
 『アナウンサーになって性格が変わった新たな自分とたくさん出会っています』(2012年06月06日)

Vol.13 植田萌子&紺野あさ美
 『2年目のもえ×こん 苦楽をともにして深まる絆』(2012年05月23日)

Vol.12 竹内由恵
 『“Mステ”と共に歩んだ4年間』(2012年05月16日)

Vol.11 松丸友紀
 『一人っ子なので、弟妹のような感覚で愛犬と接しています』(2012年05月09日)

Vol.10 田中みな実
 『田中みな実のブリッ子は“素”か“キャラ”か!?』(2011年10月20日)

Vol.9 細貝沙羅&山崎夕貴
 『フジ人気女子アナ 魅惑のウェアで初体験!?』(2011年09月21日)

Vol.8 古谷有美&吉田明世
 『古谷有美アナ&吉田明世アナ TBS期待の新人女子アナが初登場!』(2011年07月06日)

特別編 Early Morning
 『Early Morning 新生アリモニ、働く女性の気持ちを歌う!』(2011年06月29日)

Vol.7 宇賀なつみ
 『宇賀なつみ 人気お天気アナ、来世は男性で決定!?』(2011年02月24日)

Vol.6 細貝沙羅
 『細貝沙羅 生真面目だけど、実はかなりの天然です!?』(2010年12月08日)

Vol.5 加藤真輝子
 『加藤真輝子 テレ朝次期エースアナは外見とは裏腹に“酒豪”です!』(2010年11月24日)

Vol.4 加藤綾子
 『加藤綾子 カトパン、アヤパン退社に思わず号泣!』(2010年11月17日)

Vol.3 枡田絵理奈
 『枡田絵理奈 スポーツ中継にかける熱い思い』(2010年11月02日)

Vol.2 大木優紀
 『大木優紀 『やじマル』メインMCに抜擢! “大木ちゃん”から“大木アナ”へ』(2010年10月27日)

Vol.1 生野陽子
 『偉大な先輩アナから受け継いだ“女子アナ魂”と“生野らしさ”』(2010年09月29日)

▲このページの最初に戻る