• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • eltha(エルザ)
人気アナのホンネに迫る! アナ☆スタイル  Vol.10 田中みな実 Special Interview
田中みな実のブリッ子は“素”か“キャラ”か!?
求められることに応えていきたいのが本音です
田中みな実

田中みな実

――今、巷では「田中みな実のブリッ子は素なのか? キャラなのか?」が議論されているんですけど、ホントのところはどちらなのでしょうかね?
【田中】 ウフフフ。実際に会ってみて、どう思いましたか?

――いやぁ、非常にプロフェッショナルな方だと思います。
【田中】 (笑)。そこは視聴者の方の判断にお任せしたいなと思います。ただ、ブリッ子という部分は、潜在的に私の中にあったものだったと思うし、そこをスタッフの皆さんがキャラクターとして生かしてくれたのだと思います。

――なるほど。
【田中】 全てがウソでもないし、全てが本当でもないということだと思います…というのが本音ですね。

――素晴らしい対応です!。田中さんって本当にプロフェッショナルだなぁ。
【田中】 そんなことないですよ〜。ずっと走り続けているほうが、余計なことを考えなくていいから楽なんです。立ち止まると、「このままで良いのだろうか…」とか、余計なことも考えてしまうので。私は走り続けているほうが成長できるタイプだと思います。

――結構、考え込みますか?
【田中】 そうですね。自分が出演した番組をオンエアチェックしたとき、なぜこの部分がカットされたのかを反省しながら考えてみたり。面白くなかったのかなぁとか、ちょっと噛んじゃったのかなぁとか。

――真面目だ(笑)。でも、視聴者の中にはあのキャラクターを快く思っていない方も少なからずいますよね。
【田中】 私、何を言われてもあまり気にならない性格なんです。周りから色々な声が聞こえてきても走り続けていると気付かないんです。……だから止まるのが怖いんでしょうね(笑)。

――なるほどなぁ。でも、たまに息切れとかしないんですか。ストレスが溜まったり…。
【田中】 あまりストレスを感じる方でもないようです。今、私は自宅から通っているんですけど、実家に帰って家族と話したり、ペットと戯れたりすれば自然とリセットされますね。

――タフですねぇ〜。
【田中】 いえいえ。ただ、どこにでも溶け込めるタイプではあります。現在、『みのもんたのサタデーずばッと』という報道番組に出演させてもらっているんですけど、出演前は「報道番組に田中みな実が出ているというのは不自然ではないか?」という声もあったんです。

――あぁ、イメージとしてね。
【田中】 でも実際入ってみたら、共演者の方やスタッフの方から「最初からいたみたい」って言われるので、それは凄く嬉しいです。おそらく、オンとオフがあまり無いのかもしれないですね。家にいても現場にいてもあまり変わらないから溶け込めるのではと思います。

――今回、いろいろな話を聞かせて頂いて、テレビで観る田中みな実アナからは、良い意味で裏切られた感があります。
【田中】 そうですか(笑)。 逆にガッカリしないですか?

――とんでもない! 逆にファンになる人が多いと思いますよ。
【田中】 嬉しいです。とにかく求められることには、応えていきたいと思うんです。入社当時は、「アナウンサーって、こんな職業なんだろうな」という自分のイメージがあったんですけど、バラエティ番組などに出演させて頂いて、アナウンサーが携わるもの全てがアナウンサーの仕事なんだという考え方に変化していったんです。

――原稿を読むだけがアナウンサーではないと。
【田中】 バラエティのなかでブリッ子キャラでいるのは、アナウンサーの仕事では無いのでは? という方もいるとは思うんですけど、制作スタッフの方が望んでいることに、会社員として応えるということは当然だと思うんです。楽しい番組作りに少しでも協力できればいいなという想いで臨んでいます。

――それが2年間アナウンサーという職業を経験しての結論なんですね。
【田中】 はい! 一緒にお仕事させて頂いてるスタッフさんが素晴らしい方ばかりなので、そういう風に思えるようになったんでしょうね。スタッフさんも真剣に作っているので、私も本気で臨まないと失礼に値しますから。一見くだらないネタに見えるかも知らないですけど、本当に一生懸命考えてくださっているので…。

――くだらないことこそ一生懸命考えなければいけないんですよね。
【田中】 そうなんです! それで視聴者の方に少しでも笑って頂ければありがたいですね。いつか先輩の小林麻耶さんのように、スタッフの方から「一緒に仕事をしていて気持ちいいよね、安心だよね」と言ってもらえるようなアナウンサーになりたいですね。

――もう既に信頼を得ているのでは?
【田中】 いえ、まだまだです。 でも、いつかは信頼を勝ち得たいですね!

前のページへ 【サンジャポで免疫ついた】


『爆報! THE フライデー』

有名人の知られざる一面や実家&家族を徹底紹介!

「実は実家が変な商売していた!」「両親のキャラが濃すぎる!」「妹がめちゃくちゃ美人!」など有名人の実家や親にまつわる面白すぎる情報や伝説をメインに、有名人の知られざるスゴイ一面やプライベートの“爆報ネタ”をニュース形式で紹介。初回は田原俊彦の壮絶な芸能人生を振り返る!
(10月21日スタート 毎週金曜 後7:00 TBS系)

【MC】
爆笑問題(太田 光、田中裕二)、田原俊彦
アシスタント:田中みな実

『爆報! THE フライデー』公式HP


PROFILE

田中みな実

PROFILE詳細 COMMUNITY OFFICIAL SITE
BACK NUMBER

Vol.20 松尾由美子、島本真衣、久冨慶子
 『仲良し“やじテレ3姉妹”がぶっちゃけトーク!?』(2013年08月16日)

Vol.19 本仮屋リイナ
 『“女優業”発言の真相を激白!』(2013年08月09日)

Vol.18 神谷文乃
 『岡山発 “地域密着型”女子アナ登場!!』(2013年04月17日)

Vol.17 繁田美貴
 『仕事が嫌だと思ったことは一度もありません』(2012年09月26日)

Vol.16 須黒清華
 『自分からも発信できるアナウンサーに』-(2012年09月19日)

Vol.15 松丸友紀×松本秀樹
 『映画化されるなんて、つくづくまさお君はすごい』(2012年06月20日)

Vol.14 秋元玲奈
 『アナウンサーになって性格が変わった新たな自分とたくさん出会っています』(2012年06月06日)

Vol.13 植田萌子&紺野あさ美
 『2年目のもえ×こん 苦楽をともにして深まる絆』(2012年05月23日)

Vol.12 竹内由恵
 『“Mステ”と共に歩んだ4年間』(2012年05月16日)

Vol.11 松丸友紀
 『一人っ子なので、弟妹のような感覚で愛犬と接しています』(2012年05月09日)

Vol.10 田中みな実
 『田中みな実のブリッ子は“素”か“キャラ”か!?』(2011年10月20日)

Vol.9 細貝沙羅&山崎夕貴
 『フジ人気女子アナ 魅惑のウェアで初体験!?』(2011年09月21日)

Vol.8 古谷有美&吉田明世
 『古谷有美アナ&吉田明世アナ TBS期待の新人女子アナが初登場!』(2011年07月06日)

特別編 Early Morning
 『Early Morning 新生アリモニ、働く女性の気持ちを歌う!』(2011年06月29日)

Vol.7 宇賀なつみ
 『宇賀なつみ 人気お天気アナ、来世は男性で決定!?』(2011年02月24日)

Vol.6 細貝沙羅
 『細貝沙羅 生真面目だけど、実はかなりの天然です!?』(2010年12月08日)

Vol.5 加藤真輝子
 『加藤真輝子 テレ朝次期エースアナは外見とは裏腹に“酒豪”です!』(2010年11月24日)

Vol.4 加藤綾子
 『加藤綾子 カトパン、アヤパン退社に思わず号泣!』(2010年11月17日)

Vol.3 枡田絵理奈
 『枡田絵理奈 スポーツ中継にかける熱い思い』(2010年11月02日)

Vol.2 大木優紀
 『大木優紀 『やじマル』メインMCに抜擢! “大木ちゃん”から“大木アナ”へ』(2010年10月27日)

Vol.1 生野陽子
 『偉大な先輩アナから受け継いだ“女子アナ魂”と“生野らしさ”』(2010年09月29日)

▲このページの最初に戻る