ORICON STYLE

2010年09月29日
涙をあおるティーン映画が多いなか、ささやかな日常の積み重ねで 10代の微妙な心の機微を丁寧に描き、観る者をほっこりハッピーな気持ちにする『君に届け』。 誰にも愛されるこの映画で、主人公の爽子ちゃんと風早くんを好演した、 多部未華子&三浦春馬がさわやかに対談する。

    >>

撮り下ろし写真:原田宗孝

▲このページの最初に戻る


インタビューへ戻る