ORICON STYLE

2010年03月03日
松田翔太 Special Interview
厳しい撮影を乗り切った“必勝法”
スピード感あふれるスリリングな展開が人気を呼んだ、あの人気ドラマの最終決戦『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』がいよいよスクリーンに登場する。恐怖のゲームに再び挑む、主演の松田翔太が厳しい撮影で見出した“必勝法”とは!?戸田恵梨香とのオフステージも語る。
前へ   次へ

(写真:原田宗孝)

松田翔太
1985年9月10日生まれ。
東京都出身。
A型。
テレビドラマ出演などを経て、2006年に『陽気なギャングが地球を回す』に出演し、映画デビュー。主な主演映画は、『ワルボロ』(2007年)『イキガミ』(2008年)など。『ケンタとジュンとカヨちゃんの国』が2010年6月12日公開。

ストーリー:
ライアーゲーム決勝戦は、準決勝までを勝ち上がってきた精鋭たちによって争われる。ゲームの名前は“エデンの園ゲーム”。優勝賞金は“50億円”。ゲームのテーマは“信じあう心”。決勝戦はプレイヤー全員が互いを信頼すれば、容易にしかも確実に大金が手に入るという。しかし、決勝進出者の中には、最強の刺客“プレイヤーX”が姿を潜めていた……。百戦錬磨のプレイヤーたちが他人を信じることなど出来るのか?プレイヤーXの正体は?最後に勝利するものは?ライアーゲーム開催の真の目的とは?
監督:松山博昭
出演:戸田恵梨香 松田翔太 田辺誠一 鈴木浩介 荒川良々ほか
2010年3月6日(土)より全国東宝系ロードショー
(C)2010フジテレビジョン/集英社/東宝/FNS27社

予告編を見る OFFICIAL SITE

▲このページのTOPに戻る