ORICON STYLE

2010年08月18日
キム・テヒ Special Interview
役柄に共感!! 仕事にも恋愛にも突き進む(笑)
スンヒのキャラクターにとても共感できる
キム・テヒの写真

――テヒさん演じるスンヒは、クールな諜報部員ですが、恋愛になるととても情熱的です。テヒさんはどちらのタイプですか?
【テヒ】 スンヒは、恋愛だけでなく仕事でも情熱的なタイプだと思います。ただ、仕事に関してはあくまでも冷徹でなければならず、その気持ちが溢れたときに止まらなくなってしまうのです。私も、仕事に対しても恋愛に対しても突き進んでいくタイプなので(笑)、彼女のキャラクターにはとても共感できます。

――キム・ソヨンさんとの女性同士の激しいアクションは大迫力でした。
【テヒ】 電車での格闘シーンの撮影前日に型を合わせているとき、ソヨンさんの指が私の目に当たって真っ赤になってしまい、さらにソヨンさんが電車から飛び降りるシーンでは、高いヒールだったので足をくじいてしまいました。ふたりのケガが治るまで撮影が1ヶ月くらい延びて、結局電車の外側だけ日本で撮影して、格闘シーンは韓国のセットで撮影ということになりました。

――ハードな撮影も多いようですが、現場の雰囲気はいかがでしたか?
【テヒ】 撮影はとても楽しくて、常に明るい雰囲気でした。イ・ビョンホンさんとチョン・ジュノさんが話しているだけで周囲が笑いに包まれるという感じです。もともとふたりはとても仲が良いので、ワザと悪口をいいあってふざけている姿もおもしろかったです。


日本で美味しいものを食べに行きたい(笑)
キム・テヒの写真

――秋田ロケでの思い出は?
【テヒ】 秋田では、イ・ビョンホンさんとのラブストーリーのシーンが中心だったので、彼のアクションシーンを撮影している間、私は休みでした。ですから、大好きな温泉に行って、2時間くらいかけて出てくるおいしい懐石料理をいただいたり。韓国だと顔が知られていてなかなか温泉に行けないのですが、ゆっくりくつろぐことができました(笑)。

――他に日本で行ってみたいところは?
【テヒ】 日本にはいいところがたくさんあると聞いています。たとえば、北海道は雪の風景がとてもキレイで、沖縄はリゾート地のようだと。私はもともと肉や魚が好きで、日本の焼き肉やすき焼きが大好きです。お寿司やラーメンもよく食べるので、美味しいものを食べに行きたいですね(笑)。

――たくさん食べるのにとてもスマートですね!美しさを保つ秘訣は?
【テヒ】 そういう質問を受けるたびに、気をつけないといけないなって思います(笑)。私は基本的には活動的なタイプで、休みの日には軽くハイキングに行ったり、自転車に乗ったりするのが好きなんです。そういった有酸素運動がストレス解消になって、また体力維持にもつながっているんじゃないでしょうか。

ドラマ後半のスンヒを注意して観て
キム・テヒの写真
キム・テヒの写真

――日本ではドラマのストーリーが後半に入って、ますます目が離せなくなっています。
【テヒ】 後半に入ると私の演じるスンヒが不可解な行動をとるようになります。スンヒの真意はどこにあるのか?一体何者なのか?スンヒの過去に何があったのか?そういった謎が明らかにされるのが最終回近くになってからなので、注意して観てください。

――日本では吹き替え版で放送されていて、テヒさんの役は黒木メイサさんが演じています。
【テヒ】 最初に吹き替え版を観たときは不思議な感じでしたが、数分で気にならなくなりました。吹き替えをされている黒木メイサさんとは放送前にお会いして、エージェントという強じんで冷静な役柄が、メイサさんのハスキーな声とあっていると思いました。私自身もあまり女性らしい声ではないので(笑)、普段の私の声のイメージとも似ています。そのほかに、ソンファの声(南沢奈央)は、演じているキム・ソヨンさんの声にそっくりで驚きました。

――BIGBANGのT.O.Pも出演していますが、テヒさんはどんな音楽が好きですか?歌手デビューする予定は?
【テヒ】 音楽は大好きですが、歌手や曲名を覚えるのが苦手で(笑)。友だちが薦めてくれたり、ファンの方に教えていただいたりして聴きます。ジャンルにはこだわりません。以前は中島美嘉やZARDなど、日本の女性歌手を気に入ってよく聴いていました。私自身が歌手デビューする予定はまったくありませんが(笑)、今までにお仕事で歌う機会は何度かありました。先日撮影を終えた映画『グランプリ』でもデュエットをするシーンがあったので、たぶんサウンドトラックに収録されるのではないでしょうか。

(文:菊池昌彦/写真:草刈雅之)

PROFILE

キム・テヒ(KimTaeHee)
3月29日生まれ
韓国でファッションモデルとして芸能界デビュー。その後、映画『プレゼント』(2001年)、テレビドラマ『Let's go』(2002年)などで女優として活躍する。テレビドラマ『天国の階段』(2003年)で注目を浴び、演技力が高く評価される。2010年、テレビドラマ『IRIS -アイリス-』は日本でも地上派(TBS系)で放送される。

PROFILE詳細 COMMUNITY
番組情報『IRIS -アイリス-』
(C)2009 TAEWON ENTERTAINMENT/「IRIS」日本版製作委員会

 総製作費が15億円という巨大なスケールで制作され、韓国では視聴率30%を超えた空前の大ヒットドラマ。約6年ぶりのドラマ出演となった韓国のトップスター、イ・ビョンホンと、5年ぶりのテレビドラマ復帰となったキム・テヒが主演。トップスター同士の夢の共演が実現した、韓国と北朝鮮を巡るスリルとサスペンスに富んだ本格スパイアクション。

【第16話(8月18日放送)以降のストーリー】
ヒョンジュン(イ・ビョンホン)とソンファ(キム・ソヨン)は、チョリョン(キム・スンウ)の支援で核テロの標的が光化門であることを知る。光化門にたどり着いたヒョンジュンらは、手動で爆発させるため光化門にやってきたテロ犯と激しい銃撃戦の末、核テロ阻止に成功。ヒョンジュンらは核テロを未然に防ぐことができたのだが……。

出演:イ・ビョンホン キム・テヒ チョン・ジュノ キム・スンウ キム・ソヨン
毎週水曜夜9時からTBS系で放送中
(C)2009 TAEWON ENTERTAINMENT/「IRIS」日本版製作委員会

OFFICIAL SITE