ORICON STYLE

吉田豪のギリギリレビュー!! Vol.4 天然少女EX『天然少女EX』

『ブックオフ』から“お宝”を発掘する事にかけては他の追随を許さない人気コラムニスト・吉田豪。そんな彼が、今後100円均一のワゴンセールに埋もれてしまうにはあまりに惜しい名曲&珍曲を毎週紹介!

ヒットーメーカー・中田ヤスタカによる幻の珍曲!?

天然少女EX『天然少女EX』
天然少女EX
『天然少女EX』

 ボクは年に1回ぐらいの緩いペースでDJ活動もしているんですが、最近は完全に“ディスクジョッキー”。つまり、友達を家に呼んで好きな曲を聴かせるような感じになってます。いい曲をちょっと流して、ワンコーラスぐらいで音を小さくしたり曲を止めたりしながら、たっぷりとその曲のバックボーンや面白どころを語るという、そんなスタイル! 技術なんて最初からないし、そこで競ってもプロに勝てるわけないんだから、勝負するのは「選曲」と「トーク」のみ!

 まあ、完全にこうなったのはここ数年で、10年ぐらい前はまだしゃべっていませんでした。それでも昔からのモットーは「ヘッドホンをしない」「ピッチを合わせたりしない」「基本的なテーマは嫌がらせ」。ハロプロのDJイベントに呼ばれれば、「1時間のうち最低3曲はハロプロ曲を使うように」と言われて、みんなほとんどハロプロ曲で頑張ってたのに、ボクはイントロだけハロプロ曲を使って違う曲に繋げたりとか、ハロプロと言っても1分程度のサントラの曲を使ったりとか、そんなことばかりしていたわけで。

 ボクがダイノジ主催のPerfumeのDJイベントに呼ばれたときも、もちろんそんな感じ。真っ先にマイクを掴むと、ボクはこう宣言したわけです。「今日はPerfumeは一切かけません! 明日はPerfumeのライブなんだから、みんな座って休んで下さい! あ、でも中田ヤスタカの曲は1曲だけかけます!」

 96年に矢部美穂主演のVシネが作られ、99年にはWOWOWで松田純主演と酒井彩名主演でドラマが制作された『天然少女萬』。これは酒井彩名主演ヴァージョンの『天然少女萬NEXT-横浜百夜篇』の出演者によって組まれたユニット唯一のアルバム。酒井彩名(ラルクのtetsuya嫁)、安めぐみ(東貴博嫁)、山川恵里佳(モンキッキー嫁)、尾羽智加子、野村恵里、松坂紗良、一場千秋、梅津知香、太田瞳、神谷涼、新井裕子という11人が参加してるんですが、酒井彩名の夫は昔、組んでいたバンド名がバイストンウェルというだけでも信用できる男! ダンバイン!

 ……話を戻します。これ、11曲入りとはいえ、カラオケや別ヴァージョンを除くと楽曲は4曲しか入ってないんですが、そのうち2曲が中田ヤスタカ作品。しかも、これがデビュー作なのに、なぜか名義は「K@TANA」! 中田だから「K@TANA」! 創業者が石橋だからブリヂストンとか、創業者の父親が工藤淳だからジュンク堂とか、そんなセンスに近いよ! このアットマークの使い方とか死ぬほどカッコ悪くて、逆に中田ヤスタカが大好きになってくる! 

 K@TANA楽曲の編曲を担当しつつ、残り2曲を作ったのはSONIC DOVE……って、正体は崎谷健次郎だったんだ! 全然知らなかった! Wikipediaを見たら「テクノ・ハウスミュージックのシンガーソングライターとして知られていた崎谷健次郎」って書いてあったけど、87年にシングル「もう一度夜を止めて」をヒットさせたり、中山美穂に「これからのI Love You」を提供したりで、しっとりしたピアノバラードを得意とした人ってイメージしかないよ!

 ……再び話を戻します。K@TANAが作詞作曲を担当した『夢ならさめないでほしいよ』は酒井彩名&野村恵里&山川恵里佳、『Happie Day!』は一場千秋&梅津知香&松坂紗良が歌っていて、つまり元祖中田ヤスタカファミリーは酒井彩名や山川恵里佳だったってわけです! 正直、メロディも全然良くないし、歌詞にピンとくるものも全然ないしで、capsuleのファースト・アルバムを聴いたときも思ったけど、よくあそこからここまでになったなあ、と。とりあえず、ボクに才能を発掘するセンスが全くないことだけはよくわかりました!

今週の1曲

天然少女EX『天然少女EX』

天然少女EX『天然少女EX』
(99年/east west japan)
TVドラマで共演した新人女優たちを再び集めて制作された企画もの。当時、注目度No.1アイドルだった酒井彩名をはじめ、山川恵里佳、野村恵里らのボーカルを収録している。Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅ等を手掛けるヒットメーカー・中田ヤスタカが2曲のプロデュースを担当。

BACKNUMBER

■Vol.12 お菓子づくり『傘と王子と日曜日』
タワレコ社長も注目(!?)の地下アイドル
■Vol.11 Negicco『Negicco 2003〜2012 -BEST-』
苦節10年、Negiccoの魅力とは!?
■Vol.10 深田恭子『Dear…』
深田恭子の実験的過ぎたインストアルバム
■Vol.9 古川未鈴『リモコン・ディスコ』
最注目アイドル・でんぱ組.incメンバーによる自虐アルバム
■Vol.8 PSG『ピコピコサウンドジェネレーション』
AKBの次はPSG!?
■Vol.7 深見東州『アメリカンポップス&J-POPS・ライブ名曲集』
キング・オブ・アイドル(偶像)!! オモシロ教祖・深見東州とは?
■Vol.6 小夏・ひとみ・レイナ 『てのひらを太陽に』
何かと話題(!?)の2世タレントで結成された画期的ユニット
■Vol.5 SONO 『時の糸』
謎の歌手・SONO、その素性とは!?
■Vol.4 天然少女EX 『天然少女EX』
ヒットーメーカー・中田ヤスタカによる幻の珍曲!?
■Vol.3 amtm 『恋はビヨーン』
埋もれるには惜しい才能・湧口愛美の“口笛ソング”とは!?
■Vol.2 MUSASHI’S featuring P-A 『だいすき!!』
“ももクロ”大ブレイクのきっかけは「猫版ボーカロイド」!?
■Vol.1 Blend×Friend 『ブレンド×フレンド70'S』
泥沼“離婚闘争”中の美元が歌う結婚ソング!

プロフィール

吉田 豪(よしだ ごう) プロ書評家、プロインタビュアー、コラムニスト。徹底した事前取材を元にした有名人インタビューで知られており、インタビュー集を複数出版。またアイドルにも造詣が深く、メジャーからアンダーグラウインドまで幅広く研究。独特な切り口からインタビュー集やコラムなどは熱狂的なファンも多く、福山雅治を筆頭に芸能界からの支持率も高い。

PROFILE 吉田 豪Twitter

▲このページの最初に戻る

エンタメ インタビュートップへ

P R

[an error occurred while processing this directive]
イープラス