ORICON STYLE

15年を経たからこその会話…俺も一人前になったな(笑)

連載第7回目は“踊る”シリーズから俳優キャリアをスタートさせたユースケ・サンタマリアが登場!クールを装い、いつもの毒舌まじりの冗談を飛ばしながらも……“踊る”への人一倍強い思い入れから感傷的な気持ちがひしひしと伝わってくる。「このタイミングで終わる潔さは好き!」と力強く語る!!

今まで一度もなかった3ショットシーンも!

──ユースケさんにとって、俳優キャリアのスタートともいえる役柄が“踊る”シリーズの真下正義でした。そのシリーズがファイナルを迎えるわけですが、今の気持ちを聞かせてください。 【ユースケ】 ひと言では言い表せない想いはありますけど、もう15年もやっているし、みんないい大人ですから、今回もこれまで通りドライに受け答えしようと務めてきたんです。ファイナルなのは寂しいけれど、サラッとやろうと。それなのに、いざ現場に入ってみるとファイナルというだけあって、今までにないようなシーンがたくさんあるんですよ。室井さんと真下のシーンが多かったり。驚いたのは、室井さん、すみれさん、真下の3人でしゃべるシーンですね。この3ショットは今まで一度もなかったんです。本広監督も「新鮮だ!」って喜んでいました。

──織田さんは、何度も涙しそうな瞬間があったそうですが、ユースケさんはそういう感極まる瞬間はありましたか? 【ユースケ】 それぞれに想いを噛み締めながら撮影していたと思うんですが、僕はほかのみなさんとドラマスタート時は(演技経験の)レベルが違うので、当初からものすごくジレンマがあったんですよ。だから、なおさら今回の『ファイナル』は感傷に浸っている自分がいて……。基本、2クールのバラエティの終了時でも泣きそうになるタイプで(笑)。でも、人前で泣くのは死ぬほどイヤなので、クールを気取っていました。それでも泣きそうになりましたね。最初の頃は室井さんを前にすると緊張していたのに、『ファイナル』ではおしゃべりをしたり、織田さんは「ユースケだったらこの芝居どうする?」とか聞いてくれるんですよ。そんなふうに聞いてくれることは今までなかったので、僕も一人前になったなって(笑)。というのは冗談で、15年だからこその会話だったのかなと。嬉しかったですね。

──15年の間に真下というキャラクターは、スピンオフ『交渉人 真下正義』としても注目を集めましたね。 【ユースケ】 僕にとって真下は大好きなキャラクターなので、もっともっと活躍させてやりたいという欲望は持っていました。スピンオフが決まったときは縦横無尽に真下を活躍させられる!と、嬉しいことは嬉しかったんですが、やっぱり自信はなかったですね。自分が一番前に出ることで、“踊る”に泥を塗るんじゃないかと心配で。そして、そのときに『踊る大捜査線』というのは、織田さんという看板役者を筆頭にあれだけ大勢のメンバーが集結しての“踊る”なんだと、その先頭でみんなを引っぱる織田さんって大変なんだなと、すごさを実感しました。

スピンオフ『署長 真下正義』製作決定!?

──それでも、『交渉人 真下正義』でのユースケさんは活き活きしていました。 【ユースケ】 ありがとうございます(笑)。僕にとってもそうなんですが、“踊る”っておそらく本広監督にとってもものすごいストレス(プレッシャー)のある作品だったと思うんです。だって、あれだけのメンバーのスケジュールを合わせるだけでも大変なんですから(笑)。けれど、ドラマから知っている僕に対しては気を遣わなくていいわけで、『交渉人 真下正義』のストーリーも監督の好きなテーマですし、もう存分にやっちゃってください、監督!ここでガス抜きしてください!みたいなところがあったんですよね(笑)。

──たしかに『2』があれだけ大ヒットすると、その後の期待に応えるのは大変ですよね。ちなみに、スピンオフはどういう流れで決まったんですか? 【ユースケ】 『2』の初日舞台挨拶だったと思うんですが、そのときに「スピンオフ『ネゴシエーター真下正義』、製作決定しました!」って、勝手に言っちゃったんです。観客は「わーっ!」って盛り上がるし、舞台袖でプロデューサーは「ねえよっ!」って目がマジだし(苦笑)。でも、その後に「ユースケ、あるかもな」と。スピンオフ『交渉人 真下正義』はそこから生まれたんです。なので、今度の『THE FINAL』の初日舞台挨拶でも言いますよ!「ファイナルですが、スピンオフ『署長 真下正義』、製作決定しました!」ってね(笑)。とはいっても、署長だと湾岸署が舞台になって織田さんやほかの方のスケジュール調整が大変で、また監督のプレッシャーになってしまうかもしれないので……。署長だったんだけど、まだ交渉人になったという設定が一番いいですね(笑)。

──ファイナルの後の再びのスピンオフを狙っているということは、ユースケさんはこれが最後だとは思っていないということですか? 【ユースケ】 このタイミングで終わる潔さは好きなんです。でも、エンターテインメントって「やってくれ!」というファンの要望が高まったのなら、やるべきだと思うんですよね。もちろん、簡単なことではないですけれど。ただ、仮に「本当に最後なんですか?」って織田さんが聞かれたとしたら「最後です」と答えなきゃいけないかもしれないけど、こういうことを言えるキャラである僕が言っておこうかなと。ファンが望んでいるなら、続編を断るキャスト&スタッフはいないと思います!だって、解散したバンドも何だかんだいって再結成してるじゃないですか。ユニコーンだって再結成してツアー回りまくってますからね(笑)。

みんな以上の思い入れがある共演……

──真下のキャラクターはそのままユースケさんのイメージにもなっている気がします。真下はメカマニアという設定ですが、ユースケさんも機械に強いんですか? 【ユースケ】 (きっぱりと)真逆です!こういうことをいうと真下のイメージが崩れちゃう気もするんですが、すみません……真逆なんですよね。『1』のときに、パソコンを見ながらキーボードをワーッと打つシーンがあって、「ユースケ、電卓打っているみたい。ブラインドタッチで頼む」って言われました(苦笑)。僕は、役者として役作りも何もできない状況で真下を演じていたので、しゃべり方とか手の動きとか、世間でいうところのユースケ・サンタマリアのパブリックイメージやクセが真下に出てしまっているんです。だから、苦手ではあるけれどメカをいじることが真下になるスイッチでもあったんですよね。

──真下を演じたことで、今ではパソコンやスマートフォンに詳しくなりましたか? 【ユースケ】 まるでないです(笑)。この前はスマートフォンを逆に持っていて。上下逆になっていないか、裏表逆になっていないか、スタッフに「注意して見ていてね」って言っていますから(笑)。

──最後に、これから『THE FINAL』を観る方へメッセージをお願いします。 【ユースケ】 今回、完成披露までサプライズにしておかなければならないことがあって、ずっと取材で言いたくて仕方がなかったんですけど……“踊る”ファンのみなさんには、それは文字通りのサプライズだと思います。このインタビューが完成披露後の掲載だというので、そのサプライズを明かしてしまいますけど、それは雪乃さん役の美紀ちゃん(水野美紀)が出ること。だって雪乃さんは真下がずっと好きな女性ですから、僕自身もすごく嬉しくて。なんたって自分が先頭切って演じたスピンオフの『交渉人』でふたりは一緒になったんですから。ただ、今作では僕の方が先に映画の撮影を終えてしまうスケジュールになっていたので、そこにいるという前提でアドリブの芝居をしていたんです。それを受けて、美紀ちゃんは僕のアドリブに合わせて芝居をしてくれたんですよね。アフレコで初めて雪乃さんと真下が演技をしているところを観たんですけど、同じ画面のなかにいられるというのが嬉しくて。一緒に撮影は出来なかったですけど、“共演”できて本当に嬉しいんです。っていっても、彼女からしたらユースケとの共演なんてなんでもなかったりして(笑)

(文:新谷里映/写真:片山よしお)

プロフィール

ユースケ・サンタマリア 1971年3月12日生まれ。大分県出身。
1994年、ラテンロックバンド・BINGOBONGOのボーカル&司会としてデビュー。1997年、バンド解散の後、フジテレビ系ドラマ『踊る大捜査線』にレギュラー出演。以降、ドラマ、バラエティ、映画、ラジオ、CMなどで幅広く活躍する。2012年、テレビ東京系『親父がくれた秘密〜下荒井5兄弟の帰郷〜』(9月スタート)などに出演。

PROFILE詳細 OFFICIAL SITE

踊る大捜査線 THE FINAL 新たなる希望

 湾岸署管内で開催中の国際環境エネルギーサミット会場で誘拐事件が発生。数時間後に被害者は射殺体で発見される。使用されたのは、警察が押収した拳銃。緊急招集された捜査会議では、全ての捜査情報を管理官・鳥飼へ文書で提出することが義務付けられ、所轄の捜査員には一切の情報が開示されない異例の捜査方法が発表される。

 そんななか、第2の殺人が発生。そして、捜査員たちを嘲笑うかのように起こった第3の事件。「真下の息子が誘拐された……!」――疑念を抱きながら必死に真実を突き止めようと捜査する青島。その捜査こそが、青島、最後の捜査になるとも知らずに……。

監督:本広克行
脚本:君塚良一
出演:織田裕二 深津絵里 ユースケ・サンタマリア柳葉敏郎
伊藤淳史 内田有紀 小泉孝太郎北村総一郎 小野武彦 斉藤暁 佐戸井けん太真矢みき
筧利夫小栗旬 香取慎吾

2012年9月7日(金)全国東宝系ロードショー
(C)2012 フジテレビジョン アイ・エヌ・ピー

Facebook OFFICIAL SITE

▲このページの最初に戻る

エンタメ インタビュートップへ

P R

[an error occurred while processing this directive]
イープラス