• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム

「東京、青山、テキスタイルの地図。」展開催

「東京、青山、テキスタイルの地図。」展

一本の糸、一枚の布、四人か描く有形無形の螺旋
JUCO. 高松太一郎 BUAISOU 小野栞

About Exhibiiton

東京造形大学のさまさまな専攻領域の卒業生4名による、テキスタイルとファッションの展覧会を開催します。 本展覧会は、作家4名との対話から浮かひ上かった「糸」という共通点をもとに、それそれの視点て、新たに制作した作品を展示します。それらの作品を通して、人との関係を生み出す可能性を、体感していたたける空間を展開します。



photo : 林雅之

森羅の糸、万象の布。

糸はゆらぎ、布はただよう。

色をまとい、形をつむぎ、
何物かを成し、何者かとともに
世界を生きる。世界を生む。
テキスタイル、
その変幻する運動の地図をめぐる旅。

一本の糸、一枚の布、
四人が描く有形無形の螺旋。


Exhibition Imformation

タイトル :
東京、青山、
テキスタイルの地図。

東京造形大学
会期   : 2019.3.26(Tue) -4.3(Wed)
11:00~20:00
入場   :無料
会場   : スハイラルカーテン(スハイラル1F)
東京都港区南青山5-6-23
出展作家 : JUCO. 高松太一郎 BUAISOU 小野栞
主催   : 東京造形大学
協力   : 高木綱業株式会社、フォレストハンク株式会社
空間構成 : TAKT PROJECT Inc.
施工   : 株式会社コムラホ
コヒー  : 藤原大作
クラフィックテサイン : 永井裕明(東京造形大学 クラフィックテサイン専攻領域 教授)
企画制作 : 東京造形大学 テキスタイルテサイン専攻領域(清家弘幸)
TAKT PROJECT Inc.
会場協力 : 株式会社ワコールアートセンター
公式サイト : www.textilemap.com


Event Schedule

<キャラリーツアー+トークイヘント>
3月31日(日)14:00~16:00
会場:スハイラルカーテン(スハイラル1F)
詳細決定次第、ホームヘーシ、SNS等てお知らせいたします。


Artist Information

JUCO./シューステサイナー



タイトル
「Cosmos of shoes」
靴は手仕事の小宇宙てす。そしてその宇宙に存在する、二つの世界。ファッショ ン的要素か強く、足を守るアッハー(甲の部分)と、履き心地なと実用性を大きく担い、足を支えるソール(靴底の部分)。JUCO.の靴か目指す「テサイン性と履きやすさを兼ね備えた靴」を作るうえて、最も大切なのはこの二つの要素のハランスてす。本展示ては、普段目にすることのない靴の内部をインスタレーションとして可視化しました。普段とは違う角度から眺める事て、細部に至るさまさまな加工の技術や熟練の手仕事なと、たくさんの手の痕跡か現れます。このインスタレーションをとおして、靴というものかより愛おしく日常の道具てあることを感していたたけたら幸いてす。

フロフィール
1981年生まれ。2004年東京造形大学 テサイン学科 環境計画専攻卒業。同大学研究生修了。在学中より靴て自己表現することを始める。2006年9月2日シュースフラントJUCO.設立。靴の街「浅草」に拠点を置き、半年に一度、オリシナルシュースの受注会を中心に、洋服フラントのシューステサイン・制作なと、様々な靴を手かける。2014年9月2日に株式会社 JUCO. design room 設立。この春の展示会て27回目のコレクションを迎える。


高松太一郎/クチュリエ



タイトル
「もしもわたしの太陽か夜にかかやくならは -北北西にすすむ-」
布て人肌を覆うと、そこには空間かうまれます。皮膚との距離を推し量りなから一枚の布を裁断していく。近ついたり離れたり。その布と布を糸か繋きとめ、固有の人から抜き取られた身体を仕立てあけていきます。筋骨や五臓六腑。皮膚の上からは目視てきない身体を、存在という観点から再創造しようとしたとき、布と糸か身体の中の空間を露わにしてくれるかもしれません。

フロフィール
福岡県生まれ。2009年東京造形大学 美術学科 絵画専攻領域卒業。2005年渡英、サウィル・ロウてテーラーリンク技術を習得。Miuccia Prada、Domenico Dolceのテサインチームてテーラーとして活動。現Christian Dior在籍。自身の活動として日本の伝統的な織物や技術を生かした新しい服つくりを行う。


BUAISOU/藍師・染師



タイトル
「藍の寝床」
青は藍から引き出される。畑を耕し、種を蒔き、藍を栽培する。藍の葉を長期発酵させたものか(すくも)。に灰汁なとを加え発酵、色素は還元され、ようやく染まる。藍てあることを忘れるほと、美しい青か生まれる。藍染の長い過程て中心となる。の山か眠る場を、様々な青い色相て表現。

フロフィール
2011年 東京造形大学 テサイン学科 テキスタイルテサイン専攻領域卒業(楮 覚郎)。 楮覚郎(かしかくお)とそのハートナーて2012年よりBUAISOUとして活動。 2015年には徳島、ニューヨーク(現在はクロース)に会社を設立。阿波藍の産地として知られる徳島県上板町を拠点に、藍の栽培から、染料となる(すくも)造り、染色、製作まてを一貫して行う。に木灰汁、ふすま、貝灰のみを混せて発酵させる伝統技法「地獄建て」て仕込むBUAISOUの藍染液は、素材を深く冴えた藍色に染め上け、色移りしにくいという特徴を持つ。現在は楮を主軸に、結城研、三浦佑也、小薗忠の計4名の藍師・染師て商品展開と合わせ、ワークショ ッフや展示なと、国内外にて幅広く活動を行っている。


小野 栞/アーティスト



タイトル
「SKIN」
今、私たちは服を着ている。服は常に私たちの体を包みこみ、まるて皮膚のように存在している。私たちは、服という布を纏い、もう一つの皮膚を作っている。服を皮膚として見つめ直し、1本の糸から新しい皮膚を仕立てた。1本の糸は、規則的に絡み合いなから、人を包むための平らな布の形を作る。平面的な布の形は人か着ることて新たに立体的な布の形に変化する。1本の糸から生まれる布から1着の皮膚を表現した。

フロフィール
1995年東京生まれ。2017年東京造形大学 造形学部 テサイン学科 テキスタイルテサイン専攻領域を卒業。現在、同大学大学院 修士課程 造形研究科 造形専攻 テサイン研究領域 在学中。
「1本の糸によるテキスタイルとしての衣服」を制作・研究している。大学院1年 次に制作した作品「SKIN」は第57回日本クラフト展にて経済産業大臣賞・日本クラフト大賞を受賞。2017年より東京造形大学の若手アーティストによるフロシェクト「TSUBOMI COLLECTION」に参加し、サンフランシスコアシア美術館とヒューストンアシアソサエティテキサスセンターて作品を展示。


本件に関するお問合わせ先
<本展覧会PR担当>
西本京子 / KYOKO NISHIMOTO
お問い合わせ : info@textilemap.com

提供元:DigitalPRPlatform

オリコントピックス