• ホーム
  • 音楽
  • 【YouTubeチャート】BLACKPINKが躍進、日本国内でも本格ブレイクの兆し

【YouTubeチャート】BLACKPINKが躍進、日本国内でも本格ブレイクの兆し

 韓国の女性4人組グループ・BLACKPINKがYouTubeチャートで躍進。グローバルでの盛り上がりと同様に、いよいよ日本国内でも本格ブレイクを感じさせるチャートアクションを見せている。7月16日に発表された「週間YouTubeチャート」(集計期間:7月9日〜7月15日)では、「週間アーティストランキング」で、再生回数が先週の143.9万回から137.3%増と大幅に増加し、341.6万回を記録。先週21位から5位へと上昇した。
「DDU-DU DDU-DU」の公式MVは配信約1ヶ月で累積1億9000万再生を突破
 BLACKPINKの躍進を支えているのは、6月15日にミュージックビデオを公開した新曲「DDU-DU DDU-DU」。グローバルの音楽シーンでチャートを席巻しているヒップホップサウンドは“K-HIP HOP”としても注目を集め、公式MVは配信から約1ヶ月で累積1億9000万再生を突破。BTS(防弾少年団)とともに世界規模での活躍を予感させる。

BLACKPINK「DDU-DU DDU-DU」

 なお、「DDU-DU DDU-DU」の公式ミュージックビデオは週間117.5万回再生で「週間ミュージックビデオランキング」で4位を獲得。一方で、同楽曲を使用した関連動画(許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、歌詞動画などの公式コンテンツ)の再生回数ランキングである「週間楽曲ランキング」では約2倍の204.4万再生を記録。ユーザーによる動画投稿なども含め、急激に拡散され始めていることが分かる。
TWICEが新曲「Dance The Night Away」が4位にランクイン、DA PUMP「U.S.A.」も好調キープ
 このほか、7月9日に公開されたTWICEの新曲「Dance The Night Away」が週間189.0万再生を記録し、「週間楽曲ランキング」で4位を獲得。TWICEは同ランキングで、「What is Love?」が4位となっているほか、「I WANT YOU BACK」が8位、「LIKEY」が11位、「Heart Shaker」も12位を獲得。「週間アーティストランキング」では米津玄師に続き、2位にランクインするなど、K-POP勢のなかでもYouTubeチャートで高い人気を誇る。

TWICE「Dance The Night Away」

 また、「週間楽曲ランキング」で前週比増を記録したのは、DA PUMP「U.S.A.」。同楽曲のヒットをひっさげ『THE MUSIC DAY』(日テレ系)、『音楽の日』(TBS系)など、今夏の音楽特番にも多数出演しており、まだまだ拡散中。関連動画では「Dance -Mirror ver.」も、楽しげに踊るメンバーの姿が受け、累積391.8万再生を記録している。

DA PUMP「U.S.A.」

TOP10圏外ではReol「サイサキ」公式MVが20位初登場
 各ランキングのTOP10圏外では、「週間ミュージックビデオ」で20位に初登場した、Reolのミュージックビデオ「[MV]Reol - サイサキ / Saisaki Music Video」に注目。7月3日に公開され、すでに再生回数は150万再生を突破している。

Reol「[MV]Reol - サイサキ / Saisaki Music Video」

 Reolは2012年頃からインターネットサイトを中心に音楽活動を開始。2016年に3人組ユニットREOLとしての活動をスタート。2017年10月にユニットを解散すると、本年からはソロアーティストとして、Reol名義でビクターエンタテインメントのレーベル「CONNECTONE」にて活動を開始。新曲「サイサキ」は、全国で大量オンエア中の専門学校HAL(東京・大阪・名古屋)の“2018年度TVCMソング”に起用。新しい一歩を踏み出したReol自身の姿にもシンクロする力強い楽曲は、着実にリスナーからの共感を集めている。

YouTubeチャート「週間楽曲ランキング」

YouTubeチャート「週間アーティストランキング」

YouTubeチャート「週間ミュージックビデオランキング」

【ランキング説明】
『楽曲ランキング』※YouTubeで最も再生された曲
「楽曲ランキング」は、YouTubeで再生された同じ楽曲の様々なバージョンの合計再生回数を集計し生成されるもの。フルバージョンの公式ミュージックビデオ、許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、歌詞動画などの公式コンテンツの再生回数が集計されている。なお、「楽曲ランキング」には、YouTubeにおける視聴者の傾向、およびアーティストがYouTubeで音楽を共有する様々な方法が反映されている。
※日本時間・毎週月曜日更新。

『アーティストランキング』※YouTubeで人気のアーティスト
「アーティストランキング」は、アーティストによる音楽関連動画全体の合計再生回数に基づいて生成されるチャート。フルバージョンの公式ミュージックビデオ、許諾された楽曲が使用されているユーザー動画、公式ライブパフォーマンス、リミックス、歌詞動画、アルバムトラック、コラボレーションなどの再生回数がチャートに反映されている。
※日本時間・毎週月曜日更新

『ミュージックビデオランキング』※多く視聴されたミュージックビデオ
「ミュージックビデオランキング」は、YouTubeで最も多く視聴されたフルバージョンの公式ミュージックビデオの再生回数から生成されるチャート。
※日本時間・毎週月曜日更新

提供元: コンフィデンス

【最新号】コンフィデンス 2018年9月24日号 詳細はコチラ バックナンバー 一覧

最新号コンフィデンス2018年9月24日号

<COVER STORY>
ジヒ・ナム氏(Instagram アジア太平洋地域パートナーシップス部門統括)
自分らしい自由な表現で
Instagram上のファンとの深いエンゲージメントを築く

<SPECIAL ISSUE>
バーチャル音楽番組を編集部が企画
“演歌・歌謡”を定義から再考 未来への提言

お問い合わせ

オリコンニュース公式SNS

Facebook、Twitterからもオリコンニュースの最新情報を受け取ることができます!