• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • おでかけ
  • ド迫力!世界三大瀑布「イグアスの滝」アルゼンチン側の見どころ

ド迫力!世界三大瀑布「イグアスの滝」アルゼンチン側の見どころ

ナイアガラの滝・ヴィクトリアの滝に並び称されるイグアスの滝は、世界三大瀑布と呼ばれ、世界自然遺産にも登録されています。11〜4月の雨季には水量が増し、ド迫力の絶景を見せてくれます。滝はアルゼンチン・ブラジルの二カ国にまたがりますが、今回はアルゼンチン側をご紹介。滝のすぐ近くまで行ける「悪魔の喉笛」や、滝壷まで行けるアドベンチャーボート・ジャングルの生態系について学べるエコツアーなどもあります。

世界自然遺産「イグアスの滝」へ

写真:藤谷 ぽきお

アルゼンチン側のイグアスの滝へのアクセスには、プエルト・イグアス(Puerto Iguazu)の街が拠点となります。市内のバスターミナルから20〜30分おきにシャトルバスが運行しており、所要時間は約30〜40分程です。朝一便の7:20に乗れば、開園8:00ちょうどに入園でき一日中楽しむ事が可能です。
まずは最大の見所である「悪魔の喉笛」を目指しましょう。公園入り口周辺のセントラル駅から無料のトロッコ列車に乗って行く事となります。二つ目の駅「ガルガンタ・デル・ディアブロ(悪魔の喉笛)駅」が終点でもあり、「悪魔の喉笛」最寄り駅です。

写真:藤谷 ぽきお

駅から悪魔の喉笛の展望台までは、約1キロ、徒歩で約15分の1本道を進みます。ちょっとだけ離れた小島の先に悪魔の喉笛があるので、橋を渡ってアクセスすることになります。何年かに一度、大雨で流されてしまう事もあり、周辺には過去に流された橋桁なども見ることができます。
ギリギリまで迫ってきている茶色に濁った川の上を、恐る恐る歩いていくので、ドキドキなアクセスルートです。

悪魔の喉笛は想像以上の水しぶき

写真:藤谷 ぽきお

悪魔の喉笛に近付くにつれ、目の前に川の水が落ちていく地点も見えてきます。轟音と水しぶきが皆さんを迎えてくれます。

写真:藤谷 ぽきお

50名程は滞在できそうな展望台からは、悪魔の喉笛が水しぶきの向こう側に見え隠れします。増大した水量のせいで水しぶきも最大級!なかなか全容は見えてきませんが、マイナスイオンは浴び放題です。

写真:藤谷 ぽきお

一番水量が多く集まる滝もド迫力の絶景です。滝壷から跳ね返ってくる水しぶきもひときわ多いので、ベストショットで撮影するには結構な困難が伴います。風向きで水しぶきが少なくなる瞬間がありますので、頑張って少し粘ってみましょう。

トレッキングコースにはたくさんの絶景ポイントが!

写真:藤谷 ぽきお

トロッコでの帰り道には一つ目の「カタラタス(瀑布)駅」で下りて、トレッキングコースを楽しみましょう。
駅を下りると2コースを示した看板を発見できます。赤色がアッパートレイルコース、水色がロウアートレイルコースです。歩き始めの3分程は共通のルートですが、分岐が現れ、直進がロウアー、右折がアッパーとなっています。
滝を横や上から眺める事ができるアッパートレイルコースは、アップダウンの少ない約650m程のトレッキングコースです。特に横幅の広いイグアスの滝を存分に楽しむ事ができます。

写真:藤谷 ぽきお

滝を下から眺めるロウアートレイルコースは、急な下りや階段のアップダウンなどもある約1,7キロのコースです。大小様々な滝の真下周辺まで近付く事ができます。その為、びしょ濡れ必至ですので、大体の方は濡れても良いように水着の上にTシャツを着た位の格好で楽しんでいます。しかし、カメラや貴重品は防水処理必須です。

滝壷まで行くアドベンチャーボート

写真:藤谷 ぽきお

それでもまだ濡れ足りない方は、滝壷まで突っ込んでいくボートツアー「Nautical Adventure」に挑戦してみましょう。滝壷に突っ込んでいくので120%濡れる事間違いナシ!ほとんどの方は水着&ライフジャケットで乗船していきます。ロウアートレイルコースの途中から枝分かれし、川底まで下りて行くコース上にボート乗り場があります。

写真:藤谷 ぽきお

1つのボートには40名程が乗船し、4〜5台程でボートが行ったりきたりしながらツアーを行っています。完全防水のバックも無料でレンタルできるので、濡らしたく無い物は濡れずに済みますのでご安心を!
水量によっては中止もありえるツアーですが、入り口ゲートで催行状況を確認の上、是非挑戦してみて下さい。決して他では体験出来ないアドベンチャーツアーとなりますよ。
<Nautical Adventureの基本情報>
営業時間:9:00〜17:00
料金:750ペソ

ジャングルを行くエコツアー

写真:藤谷 ぽきお

小さな子どもが居たり、ずぶ濡れが気になる方は、ジャングルをゆっくりとボートで約30分程下る「エコライド」はいかがでしょうか?

写真:藤谷 ぽきお

「悪魔の喉笛駅」すぐの場所から約3キロほどを下るツアーで、悪魔の喉笛までの橋の下を潜ったり、ジャングル特有のカラフルな鳥や、水中にワニ・蛇などを観察することができます。
ブラジル側は滝全体を見るには良いですが、アルゼンチン側は滝を真上や真下から見ることが出来たり、様々なアクティビティーがあるので飽きることなく1日過ごす事が出来ます。イグアスの滝観光の予定が1日しかない場合は、是非、アルゼンチン側のイグアスの滝を楽しんでみて下さいね。
<エコライドの基本情報>
営業時間:9:00〜17:00
料金:300ペソ

イグアスの滝の基本情報

住所:Misiones Province
電話番号:+54-11-5258-7318
営業時間:9:00〜17:00
料金:700ペソ
アクセス:プエルト・イグアスのバスターミナルから20〜30分おきに運行、所要時間は約30〜40分程
2019年10月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
イグアスの滝【公式/英語】
https://iguazufalls.com/national-park/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
藤谷 ぽきお

提供元:LINEトラベルjp 旅行ガイド

オリコントピックス