• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム
  • ホーム
  • おでかけ
  • 湘南茅ヶ崎・海へ続く5つの「通り」。明治の人気俳優からサザンまで

湘南茅ヶ崎・海へ続く5つの「通り」。明治の人気俳優からサザンまで

JR茅ケ崎駅から南へ海に向かって走る5つの「通り」。
それぞれの通りを歩くと、明治時代の人気俳優の別荘跡や昭和を飾る有名スター、作家、そしてサザンオールスターズ桑田佳祐さんゆかりの地など、いくつもの名所に出会えます。
今回はサーフィンなどのマリンスポーツとは違った茅ヶ崎の魅力を、「通り」の散歩を中心にご案内しましょう。もちろん散歩途中のグルメ情報もお楽しみに。

サザンの曲のタイトルにもなっている「ラチエン通り」

写真:堀江 廣喜

まず初めの通りは、サザンの曲「ラチエン通りのシスター」のタイトルにもなった通りです。昔この辺りは別荘地として有名で、この道沿いに大きな別荘を持っていたドイツ人のルドルフ・ラチエンさんが通りの名前の由来になっています。
この通りを海に向かって散歩していて行くと、海の向こうにご覧の大きな岩が見えるポイントがあります。この辺りでは定番の写真スポットです。地形の関係でしょうか、この辺りから見る方が、岩に近づいてみるより、はるかに大きくこの岩が見えるのです。
この大きな岩、サザンの曲で有名になった、あの「烏帽子(えぼし)岩」、今や茅ヶ崎を代表するランドマークです。

写真:堀江 廣喜

先ほどの写真スポットから海に向かって数分のところに、コピーライターの草分けであり、釣りやグルメなどに造詣の深い趣味人であった故開高健氏の邸宅跡をそのまま利用した記念館があります。小説家としては決して多作ではありませんでしたが、その作品は今尚多くの人に愛されています。当時のままの書斎や同氏が愛し「哲学者の小径」と命名した南面の庭など、在りし日の様子をうかがい知ることができます。
<開高健記念館の基本情報>
住所:神奈川県茅ヶ崎市東海岸南6-6-64
電話番号:0467-87-0567

写真:堀江 廣喜

昭和の中期「Pacific Park Chigasaki」と言うリゾート施設がありました。オーナーはあの加山雄三さん親子。当時としては特異な外観で、ホテル・レストラン・ボーリング場・プールを備えたリゾート施設でした。開業当初は著名人が多数訪れたことで有名になりましたが、運営していた会社が倒産。ホテルは売却され、1988年に完全廃業となってしまいました。
このホテルが、あのサザンの曲「THE PACIFIC HOTEL」の元になったホテルでした。
現在はそのホテルの跡地に、ご覧の様な高級リゾートマンション「パシフィックガーデン茅ケ崎」として生まれ変わって建っています。
<パシフィックガーデン茅ケ崎の基本情報>
住所:神奈川県茅ヶ崎市東海岸南6-4

「雄三通り」の人気店

写真:堀江 廣喜

JR茅ヶ崎駅南口を出て目の前のバス通りが、かつて加山雄三さんのご自宅があった「雄三通り」です。地図上には加山雄三さんのお父上、上原謙さんのお名前が記載されています。現在は写真左側のマンションが建っています。

写真:堀江 廣喜

この通りの人気店、アイスクリーム屋さんです。上質なミルクを使って毎朝手作りするアイスクリームが大人気です。季節のフレーバーと各種トッピングを選んでお気に入りの一品が食べられます。
<プレンティーズ茅ヶ崎本店の基本情報>
住所:神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-7-28
電話番号:0467-88-0013

文化の香りが感じられる海まで散歩道「高砂通り」

写真:堀江 廣喜

次に、歴史を感じる場所や文化施設が立ち並ぶ「高砂通り」を散歩してみましょう。
海まで向かうこの通りの中ほどに、ご覧の「高砂緑地」と呼ばれる地域があります。昔この辺りに砂山があってそれが「高砂」と呼ばれていたことに由来されている様です。
明治30年代に、この地の一角に新派の俳優で当時有名だった川上音二郎と貞奴夫妻が別荘を設けていました。今も緑地の中にある石の井戸が音二郎の別荘ゆかりのものと言われてます。
現在この辺りは緑濃い市の「高砂緑地」として市民の憩いの場になっています。

写真:堀江 廣喜

前述の高砂緑地内の小高い丘にご覧の茅ヶ崎美術館があります。
緑地に入って緩やかな上り坂をくねくね歩いて行くと白い建物が現れます。常設展示はなく、都度企画展が色々開かれています。お出かけの際はインターネットなどで催し物を確認してお出かけください。
<茅ヶ崎市美術館の基本情報>
住所:神奈川県茅ヶ崎市東海岸北1-4-45
電話番号:0467-88-1177

写真:堀江 廣喜

この美術館を後に海に向かって10分ほど歩くと、2000年サザン伝説の「茅ヶ崎ライブ」の会場になった茅ヶ崎公園野球場もこの通りにあります。波の音をバックに正に地元湘南の伝説のコンサートでした。
<茅ヶ崎公園野球場の基本情報>
住所:神奈川県茅ヶ崎市中海岸3-3-11

オシャレスポットが並ぶ「一中通り」

写真:堀江 廣喜

「一中通り」は海近くにある「茅ヶ崎第一中学校」から付けられてた通り名で、この学校の卒業生に加山雄三さん、桑田佳祐さんなど茅ケ崎を全国区にした人たちが卒業した学校となっています。
さて、その通りの中間辺りに湘南アパレルブランド「SPORTIFF」を中心にした、ショップ、カフェなどが集まる複合施設「SPORTIFF VILAGE」があります。
LA直輸入のビンテージ家具&雑貨&グリーンなど多数取り揃っている「Mar-Vista Garden」は、若手アーティストのギャラリー展示や、広いデッキスペースでの季節毎の色々なイベントも開催されています。
<Mar-Vista Gardenの基本情報>
住所:神奈川県茅ヶ崎市東海岸南2-11-15
電話番号:0467-87-0962

写真:堀江 廣喜

この通りのお勧めイタリアンを紹介します。
先ほどのSPORTIFF VILLAGEから海へ向かって数分、「一中」の目の前。
茅ヶ崎の海岸沿い近くの本格窯焼きナポリピッツァのお店です。
都内イタリア料理店やファイブスターホテルレストランで経験を積んだ3人が、2年前本格カジュアルイタリアンをこの通りにオープンさせました。

写真:堀江 廣喜

500度の石窯で一気に焼き上げる本格ピッツァをメインに、魚介は平塚の漁港や鎌倉から直仕入れ、地元野菜や鎌倉であがったタコなど現地食材をふんだんに使ったメニューが豊富です。
散歩の途中のランチや、お帰り時のディナーでも、本格的なイタリアンをカジュアルな雰囲気で楽しめます。
フレンドリーなスタッフ達がいつも気さくに迎えてくれます。
<ピッツェリア&オステリア アグルメの基本情報>
住所:神奈川県茅ヶ崎市東海岸南6-3-26
電話番号:0467-73-7712

やはり茅ヶ崎と言えばこの通りでしょう「サザン通り」

写真:堀江 廣喜

比較的最近、と言っても20年前ですが、茅ヶ崎駅西側のツインウェーブから国道134号線サザンビーチまで続く道が平成12年から「サザン通り」の愛称で呼ばれるようになりました。
この通りの商店街「サザン通り商店街」の人たちが、サザンのファンの人達が「折角来てくれるんだから記念になる場所を」と、空いていた商店街の事務所を改造して、みんなで協力して作ったのが「サザン神社」です。お賽銭箱があったり鐘があったりと、本格的な神社です。 壁には、寄せ書きがびっしり。ペンが置いてあるので、誰でも書けるようになっています。

写真:堀江 廣喜

「サザン通り」の終点、サザンビーチにあるお勧めカフェをご紹介しましょう。ビーチを目の前にしたテラスがおしゃれなカフェです。
20種類以上の材料を使ったこだわりのワッフルがお勧め。店内はオーナーが集めた骨董品や絵画が並び、落ち着いたゆったりした時間が過ごせます。海からの風が心地よいお勧めのカフェです。
<cafe gallery gitanの基本情報>
住所:神奈川県茅ヶ崎市中海岸4-4-12986-52
電話番号:0467-84-7176

写真:堀江 廣喜

最後は、茅ヶ崎のベスト定番写真スポット。
夏は海水浴場として賑わう湘南きっての人気ビーチ、サザンビーチ。このビーチの東の一角に茅ヶ崎サザンの「C」のモニュメント。遠くに「ラチエン通り」から見た大きな岩、えぼし岩がちょこんと見られます。

湘南の海の風を感じながら「通り」散歩を楽しんでください!

「5つの通り」の散歩いかがでしたが。
今回ご案内した「通り」には、ご紹介できなかったポイントやカフェ、レストランなどまだまだあります。
のんびり寄り道しながら最後はビーチへたどり着く「通り」のお散歩、都内からでも日帰りで十分楽しめます。
ぜひ週末ぶらっと湘南・茅ヶ崎までどうぞ。
2019年9月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
開高健記念館
http://kaiko.jp/kinenkan/
茅ヶ崎美術館
http://www.chigasaki-museum.jp/

【LINEトラベルjp・ナビゲーター】
堀江 廣喜

提供元:トラベルジェイピー 旅行ガイド

オリコントピックス