• ORICON MUSIC
  • ドラマ&映画
  • アニメ&ゲーム

3分でわかる!今週末のプロ野球『全カード』の見どころ

生観戦で楽しみたいプロ野球

スポーツの醍醐味はやっぱり生観戦。今回、ウォーカープラスでは、プロ野球に精通するライターの京都純典さんに、“簡単にわかる”今週末開催の全カードの見どころを聞いてみた。

■ 巨人vs 阪神@東京ドーム

・8月16日(金)18時

・8月17日(土)14時

・8月18日(日)13時

首位を走る巨人。今季10勝6敗と勝ち越している阪神との3連戦は最低でも勝ち越したい。巨人不動の3番・丸佳浩は阪神に対し、打率.328、7本塁打とよく打っている。また、東京ドームでも打率.362、11本塁打と好成績。

■ ヤクルト vs中日@神宮球場

・8月16日(金)18時

・8月17日(土)18時

・8月18日(日)18時

最下位のヤクルトは中日に対し、神宮球場で6連敗中。クライマックスシリーズ進出は厳しくなったが、ひとつでも順位を上げるためにも苦手をなくしていきたい。ヤクルトの2年目・村上宗隆は打点王争いで2位につけている。先日はDeNAの山ア康晃から逆転サヨナラ本塁打を放つなど勝負強さを発揮している。

■ DeNA vs 広島@横浜スタジアム

・8月16日(金)18時

・8月17日(土)18時

・8月18日(日)18時

首位巨人を追うには負けられない2位と3位の対戦。今季の対戦成績は広島の9勝8敗1分とほぼ五分だが、横浜スタジアムではDeNAが6勝2敗1分と勝ち越している。登板が予想されるDeNAの今永昇太は今季広島に対し3勝、防御率1.61。菊池涼介を打率.083、鈴木誠也を.125、バティスタを.100と主力をよく抑えている。

■ オリックス vs ロッテ@京セラドーム大阪

・8月16日(金)18時

・8月17日(土)14時

・8月18日(日)13時

5位と6位の対戦だが、6位オリックスから3位の楽天まで5ゲーム差とクライマックスシリーズ進出の可能性はまだ十分残っている。ロッテの角中勝也は、今季オリックス戦で打率.306。今季はケガもあり、成績がなかなか上がってこなかったが、8月は打率.333と上昇の気配だ。

■ 日本ハム vs楽天@札幌ドーム

・8月17日(金)15時

・8月18日(土)14時

8月に入り1勝10敗と大失速、Bクラスに転落した日本ハム。また、ここにきて主砲の中田翔がケガで離脱と厳しい戦いを強いられそうだ。13日のロッテ戦で、自身プロ入り初の4番に座った清宮幸太郎が起爆剤となれるか注目だ。

■ ソフトバンクvs西武@ヤフオクドーム(8月16日、17日)、京セラドーム大阪(8月19日)

・8月17日(金)18時

・8月18日(土)14時

・8月19日(日)18時

17日、18日はヤフオクドーム、19日は京セラドーム大阪で行われる3連戦。連覇もためにはカード勝ち越しが西武には求められる。西武の秋山翔吾は、今季のソフトバンク戦で打率.209と結果を残せていないが、出塁率は.346と1番打者として最低限の仕事をしている。少しでも多く出塁し、強力クリーンアップの前でチャンスを作りたい。(東京ウォーカー(全国版)・浅野祐介/ウォーカープラス編集長)

提供元:Walkerplus

オリコントピックス