アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • ライフ
  • 汚れゼロ・ニオイゼロ・洗剤残りゼロへ!花王が新洗濯洗剤を発表

汚れゼロ・ニオイゼロ・洗剤残りゼロへ!花王が新洗濯洗剤を発表

“これまでの洗浄の概念を塗り替える”衣料用濃縮液体洗剤「アタック ZERO(ゼロ)」がお披露目された

1月23日(水)、都内にて、「花王 新洗たく用洗剤発表会」が開催され、“これまでの洗浄の概念を塗り替える”衣料用濃縮液体洗剤「アタック ZERO(ゼロ)」がお披露目された。

花王は現在、社会課題に対応すべく、研究・技術の革新で未来の社会に貢献する取り組みを一層強化している。その先駆けとして、2019年春、洗浄の概念を変える革新的技術を搭載した新洗濯用洗剤「アタック ZERO」を発売する。

同社代表取締役 社長執行役員の澤田道隆氏は「10年以上の歳月をかけて開発しました。花王の5つの新技術イノベーションの一つ『バイオ IOS』を実用化させ、主成分にしたものになっています。“アタック液体史上最高の洗浄力”で汚れゼロへ、また、抗菌洗剤使用時を超える消臭力でニオイゼロへ、そして洗剤残りゼロへ。洗剤残りゼロは、言い換えれば、すすぎなしでも問題がないということ。洗濯を繰り返すことで、これらゼロの効果がアップし、衣類をよみがえらせます。また、天然パーム果実の搾りかすを使用しており、未来を切り開くサステナブルな洗浄基剤となっています」と説明。「花王の総力をあげて開発した、不可能を可能に変えた技術イノベーションです」と胸を張る。

発売は4月初めを予定している。通常の洗濯機に対応するレギュラータイプに加えて、初めてドラム式専用タイプも発売。同社ファブリックケア事業部長 中尾良雄氏は「それぞれ、非常に使いやすいワンプッシュボトルも準備させていただいております。化繊の汚れの“落としにくさ”や、家庭での“ぎゅうぎゅう詰めの洗濯機”、スキンケア剤の油分といった“汚れの多様化”などは現代の洗濯事情の課題。調査によると(これまで家庭では)洗濯の満足度は非常に低かったのですが、これに対して、最も良いパフォーマンスを発揮したいと開発したのが今回の洗剤となっています」と、新商品の種類や開発理由についても話していた。(東京ウォーカー(全国版)・Raira)

提供元:Walkerplus

オリコントピックス