アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • グルメ
  • 【福岡コーヒー巡り】淹れる人の心、経験が味わいに表れる「toile coffee」

【福岡コーヒー巡り】淹れる人の心、経験が味わいに表れる「toile coffee」

バリスタとしての技量の高さはお墨付き。自らが焙煎した豆を使い始めて、より表現したい味が明確になったと山口さん

JBCでのジャッジ経験もある山口美奈子バリスタが営む。開業当時は修業した「ハニー珈琲」出身者らしく、フルーティな酸味、華やかなフレーバーといった豆の個性を前面に押し出すスタイルだったが、オープンから丸3年経ち、プライベートでも結婚、出産を経験。今は、全体的に味わいに丸みがあり、なにか一つをあえて特出させない、まとまりに秀でたコーヒーになった印象。

「2018年1月から自家焙煎にチェンジしました。本当に小さな焙煎機ですし、手探りの挑戦ですが、自分が今、求めている味を抽出以外でも表現できるのはすごく楽しいです」と山口さん。

そして、焙煎を始めたからにはこだわるのが生豆。「生産から抽出までの質を高める活動をしている北欧のチーム『ノルディック・アプローチ』、希少な『ナインティ プラス』など、世界的に高い評価を得ている生豆も仕入れています。今まで扱ったことのない豆に触れてみたくて」と続ける。

同店はこだわりのコーヒーに加え、洗練された雰囲気も魅力だ。テーブルにさりげなく飾られる季節の花、長時間の電話禁止など、居心地のよさに重きを置くことで、コーヒーはもちろん空間や流れる時間を重視する人たちから愛されてきた。

さらに、最近はママ世代も増えてきたという。それは、山口さんの内面からにじみ出る優しさがコーヒーの味わいに表現されているからかもしれない。

[toile(エトワール) coffee]福岡県福岡市中央区平尾2-2-22 / 092-531-5922 / 10:00〜16:30 / 水曜・日曜・祝日休み / 16席 / 禁煙(テラス席のみ喫煙可) / コーヒー1杯600円〜(九州ウォーカー・九州ウォーカー編集部)

提供元:Walkerplus

オリコントピックス