アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • 芸能
  • 松井珠理奈も圧巻のパフォーマンス!サプライズ続出の「リクエストアワー」をレポート!!

松井珠理奈も圧巻のパフォーマンス!サプライズ続出の「リクエストアワー」をレポート!!

第1位に輝いたのは、“だ〜す〜&つ〜ま〜”の「ここで一発」 (C)AKS

2018年9月15日(土)・16日(日)の2日間、「名古屋国際会議場センチュリーホール」(名古屋市熱田区)で、「SKE48 リクエストアワー セットリストベスト100 2018〜メンバーの数だけ神曲はある〜」が開催された。ファンによる人気投票で選ばれた上位100曲をランキング形式で披露する同イベントが、約3年ぶりに復活!

100位から50位までが発表された15日には、96位に「パレオはエメラルド」、78位に「オキドキ」などのシングル曲がランクインしたほか、73位の「スルー・ザ・ナイト」など根強い人気を誇るユニット曲も次々披露された。アンコールでは、48グループ最年長のチームKII・松村香織が卒業を発表。今回は、25位から1位までが発表された16日の夜公演の様子を詳しくレポートする。

■ 会場大盛り上がりの神セトリ!

21位には、「夕立の前」がランクイン。松村が終身名誉研究生だった時代に共に研究生として活動した6期生と歌っていた思い出深いこの曲を、松村と6期生9人で歌いあげた。

20位の「誰かの耳」は、松村も所属するチームKIIの最新曲。歌唱後のMCでは、日高優月が松村の卒業発表を受けて「卒業を全然しないことで有名なチームだけど、やっと後輩に光があたる」と、青木詩織も「MCでもババアがずっと喋ってるんだもん」と笑いを交えてコメントした。

「ハートの独占権」は17位にランクイン。江籠裕奈と高柳明音の通称“えごちゅり”コンビがとびきりキュートなパフォーマンスをみせた。

中盤のMCでは、「笑ってはいけないSKE48」と題したコーナーが行われた。滑舌が悪いことで知られる熊崎晴香がキャスターに扮して原稿読みに挑戦するVTRに、挑戦したメンバー全員笑いを堪えられず罰ゲームのケツバットを受けることに。最後には熊崎や、コーナーのMCを務めた谷真理佳もケツバットを受けることになり、会場は終始爆笑に包まれていた。

惣田紗莉渚の初センター曲「あの先の未来まで」が11位、末永桜花の初センター曲「触らぬロマンス」が10位、高柳明音の代名詞的ユニット曲「クロス」が9位にランクインした。

ついにフルサイズで披露される上位3曲の発表へ。3位には松井珠理奈の初ソロ曲「赤いピンヒールとプロフェッサー」がランクイン。ここでついに松井珠理奈が登場!休養後初となるライブパフォーマンスに、会場は今日1番の盛り上がりをみせた。

MCが始まり松井がファンに感謝を伝えると、盛大な珠理奈コールが湧き起こった。「みなさん、ただいま〜!!やっと赤ピンが踊れるようになりました。安心してくださいね。」とファンに呼びかけた後、「楽しかった〜!やっぱりSKE48はライブが一番だなって思いました」と久々のステージを終えての感想を述べた。

2位には8期生の楽曲「夢の階段を上れ!」がランクイン。井上瑠夏は「この曲にはMVがなかったので、まさかこんなに上位にランクインするなんて思ってもいませんでした。本当にうれしいです」とコメント。

■ 1位を獲得したのは、あの曲!

そして栄えある第1位は、だ〜す〜&つ〜ま〜(須田・松村)の「ここで一発」が獲得!曲中のセリフのパートでは、松村が須田に「だ〜す〜に出会えて本当によかったよ」とアドリブで感謝を伝えた。

歌唱後、松村は「『ここで一発』の歌詞は本当に今の私たちにとってもぴったりで、だーすーなんて特に。卒業を発表した次の日にまさか1位をいただけるなんて思ってなくて…本当に幸せ」と喜びをあらわにした。

続いて須田も、「私はSKE48に入ってから1位を取ったことがなくて、人生でも何をやっても2番止まりでした。大事な仲間と力を合わせたら1番に手が届くんだなとか、支えてくれる人がいたら手が届くものもあるんだっていうのを見せてもらった気がします」と語った。

■ サプライズ続々のアンコール

アンコールは「いきなりパンチライン」からスタート!初披露以来となる、松井がセンターでのパフォーマンスに、会場のボルテージはマックスに!!

松井は「10周年までにステップアップしていけるようなお休み期間だったかなと思います。ファンのみなさんもメンバーも『いつまでも待ってるよ』と温かい言葉をかけてくださったので、楽しみながら生活していました。休んでてもSKE48から離れられなかったので、これが答えだなと思ってます」と思いを語った。

さらに、9期生オーディション、研究生の昇格、SKE48のオリジナル公演である「手をつなぎながら」「制服の芽」「ラムネの飲み方」のリバイバル公演がサプライズで発表された。いずれも、結成10周年イヤーをさらに盛り上げてくれそうだ。SKE48の今後の活躍からますます目が離せない!(東海ウォーカー・栗本柚希)

提供元:Walkerplus

オリコントピックス