• ホーム
  • ビジネス
  • 「若手のアイデア理解できなかった」 DeNA南場会長らIT大手4社、渋谷ビットバレーで業界背負う未来の人材に語る

「若手のアイデア理解できなかった」 DeNA南場会長らIT大手4社、渋谷ビットバレーで業界背負う未来の人材に語る

左からミクシィの村瀬龍馬執行役員、ディー・エヌ・エーの南場智子会長、長谷部健 渋谷区長、GMO インターネットの熊谷正寿社長、サイバーエージェントの藤田晋社長

東京・渋谷をIT企業やスタートアップが集まる“ビットバレー”として再興する動きが活発化している。渋谷は2019年に大規模なオフィス向けビルの竣工とIT企業の移転を控えており、世界に通用するIT企業の誕生を業界全体で促すのが狙いだ。

ビットバレー再興の発起人であるディー・エヌ・エー(DeNA)、サイバーエージェント、GMOインターネット、ミクシィは9月10日、エンジニア志望の学生やIT業界の若手を集めたイベント「BIT VALLEY 2018」を渋谷で開催した。DeNAの南場智子会長やサイバーエージェントの藤田晋社長、GMOインターネットの熊谷正寿社長、ミクシィの村瀬龍馬執行役員らが登壇し、700人強を収容できる会場には多くの学生や若手エンジニアが集まった。

●DeNA南場会長「若手のアイデア、理解できなかった」

イベントでは、DeNAの南場会長やサイバーエージェントの藤田社長、GMOの熊谷社長が、これまでの約20年を振り返りながら「自分のやりたいことをやってほしい」というメッセージを会場の若手に伝えた。DeNAの南場会長は、自社の若手エンジニアが提案したサービスが「当初は理解できなかった」というエピソードを明かした。

「新卒3年目の社員2人組が、カーシェアリングサービス『Anyca』を提案したとき、私には良さが全く理解できなかった。Anycaは今でも何百万人が使うサービスではないが、DeNAの新卒採用の現場で多くの若い人が『Anycaを使ったことがある』と手を挙げる。明らかにユーザーに喜びを与えていて、そこにはAnycaを立ち上げた2人の幸せそうな顔があった」

「DeNAは、自分たちを永久ベンチャーと呼んでいる。新しいことに挑戦し続けることが一番大事な企業文化。人が敷いたレールを走るのではなく、DeNAの中で完結するエンジニアにはなってほしくない。自分のアイデアを具体化したいという熱量や夢中を追い求めてほしい」(南場会長)

サイバーエージェントの藤田社長は、90年代後半のビットバレーを「当時は“パリピ感”があった」と振り返る。

「当時のビットバレーは株式市場の熱狂を背景にしてベンチャーキャピタルや証券会社の人が多く集まっていて、パリピ感があった。今回はしっかりとした技術的な背景があり、パリピ感がない。当時と同じ名前ではあるが、再興を目指す絶妙なタイミングではないか。渋谷はエンジニアにとって圧倒的ホーム。世界に誇れるようなものを生み出していきたい」(藤田社長)

GMOの熊谷社長は会場の若手にエールを送りながら、渋谷を盛り上げてほしいと話す。

「人には寿命があり、時間は命そのもの。何に命をささげるのか。それがエンジニアやITベンチャーで正しいと思うなら、渋谷で勤めたり、起業したりして盛り上げてほしい。技術を学ぶことにモチベーションを感じている皆さんは素晴らしいと思う」

「過去の産業革命は55年ほど続いた。インターネット革命も同じくらい続くだろう。この55年を24時間で例えるなら、(インターネットは)これからディナーがやってくるところ。つまり、今エンジニアを志望するのは正しい。私は生まれ変わってもこの事業をやっていきたい」(熊谷社長)

●渋谷ビットバレーをもう一度

ビットバレーとは渋谷に集まるITベンチャーを指す総称で、渋(ビター:bitter)と谷(バレー:valley)を組み合わせた造語。ビットには、コンピュータが扱う単位の「bit」もかけられている。90年代後半、渋谷でテクノロジー系ベンチャーが続々と立ち上がり、00年代のITバブルと同時に多くの企業が株式公開を果たした。しかし、後に起こったネットバブル崩壊によって、多くのIT企業は株価が大きく下落。ビットバレーという言葉を口にする人も少なくなった。

それから約20年、テクノロジーやスタートアップを取り巻く環境は一変した。GMOインターネットの熊谷社長は、再び渋谷をIT企業の集積地とすべきだと話す。

「東急電鉄がIT企業向けのビルを多く建てている。六本木に行ったGoogleも再び渋谷に戻ってくる。2年後、渋谷駅を見渡すとIT企業のロゴが並ぶだろう。周辺の飲食店にはIT系の人が集まり、人が集まると情報も集まる。イノベーションが起こる機会も増える」(熊谷社長)

【訂正:2018年9月11日午後1時40分 GMO熊谷社長の発言において表現を一部変更しました。】

現在、六本木ヒルズに拠点を構えるGoogle日本法人は、13日に開業する複合ビル「渋谷ストリーム」(東京都渋谷区)に、2019年に移転する。商業フロアを除く全オフィスフロアに入居し、2600人以上を収容可能にするという。他にもサイバーエージェントが入居する「アベマタワーズ」や、ミクシィが入居予定の「渋谷スクランブルスクエア」など、19年は大規模なオフィス向けビルの竣工と大手の移転が控えており、空いたスペースには他のIT企業が入居すると予想されている。

渋谷区もビットバレー再興を歓迎する構えだ。広告代理店大手・博報堂の出身という異例の経歴を持つ長谷部健 渋谷区長は、同区の多様な人々や文化が集うダイバーシティーを生かしながら「ITが一番進んだ自治体を目指す」と足並みをそろえる。

「以前、エストニア共和国を視察する機会があったが、政府は電子化され、小学生はプログラミングでブロックチェーンを学んでいた。渋谷区では小中学生にタブレットを配布しているが、次の子供たちが世界で大手を振れるように(他国の取り組みを)キャッチアップしたい。企業と区が一緒に課題を解決できることもあるだろう。インフラも含め、ビットバレーの一員に加えてもらうつもりで頑張っていきたい」(長谷部 渋谷区長)

サイバーエージェントの長瀬慶重執行役員(技術政策室 室長)によると、今回のイベントは定員を1000人と想定して募集したところ、想定を超える応募により1300人で打ち切った。地方在住の学生を招くスカラシップ制度でも、120人の定員に対して200人以上の応募があったという。

4社は、今回のイベントをビットバレー再興の旗揚げとし、今後も話し合いを通じて同様の取り組みを検討していく考え。現時点では、19年夏に技術者向けのイベントを開催し、若い世代に幅広く技術に触れてもらう機会を作るという。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス