アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • おでかけ
  • サングラスがおしゃれ!サムイ島「ワットクラナム」のミイラ僧

サングラスがおしゃれ!サムイ島「ワットクラナム」のミイラ僧

亡くなった後も衆生救済に尽くすことを願うミイラ僧侶。日本では、湯殿山大日坊(山形県)の真如海上人が知られていますが、仏教国のタイでもミイラになられた高僧を信仰するお寺があります。しかし、ここのミイラのお坊さんは風変わりで、サングラスをかけたおしゃれなミイラ高僧。タモリのようなサングラス姿のミイラ僧侶はタイでも珍しい。タイのビーチリゾート、サムイ島にあるミイラ寺「ワット・クラナム」をご紹介します。

多くのタイ人が信仰!サムイ島のミイラ寺「ワット・クラナム」

写真:沢木 慎太郎

“ココナッツ・アイランド”と呼ばれるサムイ島。「ビッグ・ブッダ(Big Buddha)」や「ワット・プライ・レーム(Wat Plai Laem)」といった人気の観光スポットほど有名ではありませんが、多くのタイ人から信仰を集めるミイラ寺院が「ワット・クラナム」(Wat Khunaram)。まるでタモリのようなサングラスをかけたおしゃれなミイラ高僧に出会うことができます。

写真:沢木 慎太郎

「ワット・クラナム」があるのは、サムイ島の南東部。国道「4169」と「4170」が交差した付近にあり、観光名所の「ナムアンの滝」にも近い。サムイ島で最もにぎやかなチャウエン・ビーチからタクシーで約20分の場所。乗り合い小型バスのソンテウなども利用すると良いでしょう。

写真:沢木 慎太郎

「ワット・クラナム」の門をくぐると、緑に囲まれた素朴な寺院が見えます。この寺院内に、サングラス姿のミイラ僧侶がひっそり安置されています。

サングラスをかけたおしゃれなミイラ僧侶

写真:沢木 慎太郎

寺院の正面には赤いじゅうたんと天井に囲まれた祭壇があり、こちらにミイラの高僧が安置されています。

写真:沢木 慎太郎

こちらは、やや横から見た写真。黄金の仏像の後ろに、ガラスに囲まれた祭壇があり、サングラスをかけたミイラのお坊さんをはっきり見ることができます。少し近づいてみましょう。

写真:沢木 慎太郎

この方は50歳で出家し、お坊さんになられました。1973年に亡くなったのですが、自分の死を予言したことでも知られ、その言葉通りに79歳8カ月で亡くなられました。

心霊スポット?タモリがミイラに?サングラスのミイラ僧

写真:沢木 慎太郎

ミイラのお坊さんは“瞑想の師”として多くの弟子に恵まれました。亡くなられた後、師の遺言に従って弟子たちはお坊さんの身体をミイラにして、仏の教えを広めるためにお祀りしました。

写真:沢木 慎太郎

ただ、ミイラのお坊さんが予想外だったのは、サングラスをかけたおしゃれなミイラとして広く知られるようになったこと。サングラスをかけているのは、目の傷みを隠すためです。
亡くなった後もミイラとなって自分の姿を見せ、衆生救済に尽くすことを願い続ける僧侶。ミイラの姿を初めて見る方には、不謹慎ながらも心霊スポット・お化け屋敷といった不気味さを感じる方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、サングラスをかけたおしゃれなミイラのお坊さんはタイでも珍しく、タモリのような親しみが感じられ、どこかほのぼのとした優しさを感じることができます。なお、ミイラ高僧の写真撮影は自由。

写真:沢木 慎太郎

ミイラ高僧の後ろには、美しい仏像が立ち、優しいお顔立ちに心が休まります。

ブッダの悟り世界!優しい顔立ちの仏像たちに癒される

写真:沢木 慎太郎

「ワット・クラナム」の敷地内にも数多くの仏像が見られ、ブッダの悟り世界が感じられます。

写真:沢木 慎太郎

敷地内にはタイ独自の装飾が美しい寺院も見られます。「ワット・クラナム」はインスタ映えするフォトジェニックなスポット。

写真:沢木 慎太郎

サングラスをかけたミイラ高僧を慕うように、数多くの仏像が寺院の敷地内で見られ、優しいお顔立ちに癒されます。

おみくじもおすすめ!ビーチリゾート「サムイ島」で瞑想の時間を

写真:沢木 慎太郎

ところで、「ワット・クラナム」では、日本の神社のような風習が見られます。それは、ミイラのお坊さんの前に置かれている竹筒のおみくじ。

写真:沢木 慎太郎

日本のおみくじと同じように、竹ひごの先に書かれた番号を確認し、同じ番号が記された棚から紙を取り出します。自分の運勢がタイ語、英語、中国語で書かれています。

写真:沢木 慎太郎

ビーチリゾートのサムイ島は、エメラルドグリーンに輝く海と白いビーチが人気の観光スポット。ダイビングやシュノーケリングが楽しめる南の島です。そんなサムイ島でミイラ寺の「ワット・クラナム」を訪れ、ひっそり静かな瞑想の時間を過ごしてみるのもおすすめです。
なお、サムイ島の観光スポットなどについては別途、記事にまとめていますのでご興味のある方は関連MEMOに貼り付けたリンクからのぞいてみて下さい。

ワット・クラナム(Wat Khunaram)の基本情報

住所:District, Surat Thani, Koh Samui
アクセス:チャウエンビーチからタクシーで約20分
2018年7月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
インスタ女子おすすめ!サムイ島「エデンビーチバンガローズ」はSNS映え抜群のホテル
https://www.travel.co.jp/guide/article/28585/
ココナッツの美しい楽園「サムイ島」五感に優しい夕暮れの潮騒
https://www.travel.co.jp/guide/article/17550/
死ぬほど絶景っ〜!秘境のビーチに行きタイ「ナンユアン島」は限りなく透明に近いブルーサファイア
https://www.travel.co.jp/guide/article/17705/
アジアで1番、世界でも10位!タイ「タオ島」は世界の観光旅行者に人気&絶景ビーチ
https://www.travel.co.jp/guide/article/19759/
女性観光客に大人気!サムイ島“男性シンボル岩”が立派すぎ
https://www.travel.co.jp/guide/article/21605/

【トラベルジェイピー・ナビゲーター】
沢木 慎太郎

提供元:トラベルジェイピー 旅行ガイド

オリコントピックス