• ホーム
  • ビジネス
  • 「なでしこリーグ」も配信 世界80カ国を開拓したサッカー無料配信サイト「mycujoo」は何者か

「なでしこリーグ」も配信 世界80カ国を開拓したサッカー無料配信サイト「mycujoo」は何者か

インドネシアのスタジアムで配信(写真提供:mycujoo)

日本は1勝2敗1分け・ベスト16という結果に終わった、サッカーワールドカップロシア大会(以下、W杯)。2010年の南アフリカ大会以来の決勝トーナメント進出とあり、日本中が大いに盛り上がった。

いつもはあまりサッカーを見ないという人も、W杯期間中はレベルが高い世界のサッカーに夢中になったという人もいるだろう。これを機にサッカー観戦に興味を持った人には、いつでもどこでも試合を見られる動画配信サービスなどがお勧めだ。

日本のサッカーファンにとってなじみ深いものの1つに、英Perform Groupが運営するスポーツ専門の動画配信サービス「DAZN」(ダ・ゾーン)がある。しかし、基本的には日本のJリーグやイングランドのプレミアリーグなどのメジャーな試合が対象だ。

マイナーリーグ含め、もっと世界各国のいろいろなサッカーの試合を見てみたい――そんな要望に応えるのが、スイス発のベンチャー企業mycujoo(本社はオランダ)が2015年にリリースした、サッカー専門の無料配信サービス「mycujoo」(マイクージュー)だ。

日本ではなじみ深い日本女子サッカーリーグ(なでしこリーグ)から、ウズベキスタンやブータンのリーグ、欧州のビーチサッカーリーグまで、同社がパートナーシップを結んだ世界のさまざまなリーグの試合が見られる。7月時点で、6大陸80カ国以上の配信パートナーがいるという。

ライブ配信とオンデマンド配信に対応し、スマートフォンアプリ(iOS/Android、無料)の他、PCやスマホのWebブラウザでも視聴可能。17年は4200試合を配信し、今年は6月末時点で5000試合を配信済みという。月間平均ユーザーは100万人以上で、17年の総視聴回数は4000万回を記録した。試合以外に、選手インタビューや記者会見なども見られる。

ユーザーはブラジル、ポルトガル、米国などの国が多いが、意外にも東南アジアの試合が人気という。7月13日まで配信されるASEANサッカー連盟(AFF)の女子選手権では1試合7.2万ビューを超える試合もあり、アジアカップ予選のマレーシア対北朝鮮戦は12万ビューを果たすほどの人気だった。

世界80カ国の試合を無料で見られるのは、サッカーファンにとってはありがたい。なぜ、他では放送、配信されないマイナーリーグの試合も視聴できるのだろうか。

●試合はスマホで配信

mycujooは、スマホアプリで視聴と配信を両方行えるのが特徴。契約を結んだパートナー(協会、リーグ、大会主催者やクラブ)がスマホやタブレットで手軽に試合を配信できるため、なかなか見られないマイナーリーグの試合も視聴できるというわけだ。ビデオカメラでの配信、テレビの中継映像を流すことなども可能。

配信者側の利用も基本は無料。プレミアムプランでは、スポンサー獲得支援や試合中の配信技術サポートを受けたり、広告収入のレベニューシェアを得られたりする。サイト内のバナー広告や動画再生時に配信する広告の再生回数によって、得られた収入をmycujooと配信パートナーで分ける仕組みだ。

配信画面には、対戦チームの情報やスコア、試合会場、視聴者数などを表示。ハイライト機能も用意しており、配信者側が手動で重要なシーンをタグ付けすれば、ゴール、ファウル、フリーキック、イエローカードといった試合の大事な場面へワンタップで飛べる。

これらのハイライトクリップは、TwitterやFacebookなどのSNSで試合終了を待たずにシェア可能。このように、ワンタップで特定のシーンに飛ぶことができるのはYouTubeやFacebook Liveなどにはない特徴といえる。

網羅性の高いユニークな配信サービスはいかにして生まれたのか。また、なでしこリーグ契約の裏で奔走した日本人社員にも話を聞いた。

●なぜマイナーリーグに注目?

mycujooは、ポルトガル出身の双子の兄弟ペドロ・プレサCEOとジョアン・プレサ氏が創業。ペドロCEOが応援していたサッカーチーム・ボアヴィスタは、ポルトガル1部リーグで優勝するほどの強豪だったが、やがて3部リーグに降格。当時スイスに住んでいたペドロCEOはスタジアムに行くしか試合を観戦する手段がなく、mycujooのように時間や場所に縛られない配信プラットフォームの必要性を感じたという。

mycujooという名前は、古代中国のフットボールゲーム「Cuju」に由来。これにfootballの「o」と、サッカーがみんなのものであることを示す「my」を加えたとしている。

創業当初3人だった社員は、現在50人以上。本社はオランダのアムステルダムで、シンガポール、リスボンなどにも拠点を置く。

「テレビで放送されなくてもその試合を見たい人は必ずいる。それが10人だろうが10万人だろうが関係なく、mycujooを通していつでもどこでも観戦できる。これまで解決策がなかったサッカー界のニーズに応えている」(同社)

テレビや他の配信サービスなどがメジャーな人気コンテンツで視聴者を集める中、同社は「サッカーファンのニーズに応える」ことに忠実であろうとしているようだ。

●「なでしこリーグ」契約に奔走した日本人

日本に目を向けると、同社はなでしこリーグ、北信越フットボールリーグ、関東フットサルリーグなどと契約を結んでいる。2018シーズンは、なでしこ1部リーグや、新潟県に拠点を置くサッカー専門学校・高等部である「JAPANサッカーカレッジ」のホームゲームなどを中心に配信するという。

なでしこリーグとの契約に奔走したのが、シンガポール拠点でアジア地域のパートナー支援を行う辻翔子さんだ。辻さんは17年10月にmycujooへ入社。アジア各国のサッカー協会(現時点で29協会)を相手に、コンテンツ配信や収益化のフォローなどをしている。

現在シンガポール拠点で働く辻さんは、サッカー元日本代表の宮本恒靖さんも卒業したスポーツの大学院「FIFAマスター」(国際サッカー連盟が運営)を修了しており、そこでの経験が今の仕事につながっているという。

早稲田大学でスポーツ文化を学び、ア式蹴球部女子部(サッカー部)では選手としても活動した辻さんは、スペイン・マドリードの大学院に進学し、バルセロナで就職。現地のプロサッカーリーグ「リーガ・エスパニョーラ」関連の中継や取材に携わってからFIFAマスターに臨むなど、サッカー漬けの日々を過ごしてきた。

FIFAマスターは、経営や法律などスポーツについて幅広く学ぶスポーツ経営の大学院(国際修士)。英国、スイス、イタリアの3カ国を移動して受講するなどなかなかハードで、辻さんは23カ国のクラスメートと1年間共に生活したという。

実はペドロCEOもFIFAマスターの卒業生。「社内や各国のサッカー連盟にも卒業生が多く、そのネットワークの強さを改めて実感している」(辻さん)

辻さんは「韓国のKリーグやイランサッカー協会の試合を配信できるのは、その機関で働くFIFAマスター同期の存在が大きかった」と説明。「いま30カ国以上のパートナーをサポートしているが、仕事の仕方やサッカーに対する姿勢は国によってさまざま。FIFAマスターでの経験が生きている」(辻さん)

大学卒業後は海外で暮らしていたため、「日本で活躍する先輩、同期、後輩の試合を見る手段がなかった」とし、「日本国内ですらなでしこリーグの試合がほとんど放送・配信されていない事実に衝撃を受けた」と振り返る。

自身を含め、なでしこリーグの試合を見たい人は国内外に必ずいるはずと、入社後最初にアプローチしたのがなでしこリーグだった。いまはライブ配信の個別サポートなどを行っている。「なでしこリーグのライブ配信を通じて、世界中になでしこの試合を見たい人がたくさんいることが分かった。審判を務める友人からも、ライブ配信のおかげで自分が担当した試合をあとから分析できるようになった、とうれしい連絡もあった」(辻さん)

●世界の公式サッカー、8割以上は配信されない?

mycujoo全体では、今年は1万4000試合の配信が目標。まだ放送や配信されていない、世界各国の未開拓コンテンツをさらに拡充していく考えだ。

辻さんは「世界で行われている公式サッカー試合のうち、8割以上は放送・配信されていないというデータがある。日本でもビーチサッカー、フットサル、女子サッカー、育成年代のサッカー、地域リーグと、開拓されていないコンテンツがたくさんある。いまは沖縄県八重山サッカー協会からも声が掛かっており、(mycujooの)ポテンシャルは十分あると感じている」と意欲を見せる。

提供元:ITmedia NEWS

オリコントピックス