破綻から学ぶ「夕張学会」

実情知り新たな豊かさ模索

「夕張学会」のメンバーら。前列左から2人目が里見喜久夫さん=2月、北海道夕張市の旧緑陽中学校(里見さん提供)

財政破綻した北海道夕張市を研究し、新たな豊かさやコミュニティーをつくり出そう―。東京のデザイン会社社長で、働く障害者をテーマにした季刊誌「コトノネ」の編集長も務める里見喜久夫さん(69)らが「夕張学会...

提供元:共同通信

オリコントピックス