• ホーム
  • おでかけ
  • ギネスも認定!埼玉行田「世界一のゲームセンター エブリデイ」がすごい

ギネスも認定!埼玉行田「世界一のゲームセンター エブリデイ」がすごい

埼玉県行田市といえば、映画『のぼうの城』のモデルとなった「忍城」、大規模な古墳を有する「さきたま古墳公園」、ハスの名所であり田んぼアートが見られる「古代蓮の里」など歴史的・文化的な観光スポットが多い地。その行田市に、“世界一のゲームセンター”と謳われるクレーンゲーム大型専門店があることをご存じですか?
そこで今回は、ギネスも認定した「世界一のゲームセンター エブリデイ(行田店)」をご紹介します。

世界一のゲームセンターが埼玉県の行田市に!

写真:大宮 つる

国道17号沿いにある「世界一のゲームセンター エブリデイ(行田店)」は2011年11月にオープンした新しいお店。気になるのが“世界一のゲームセンター”というフレーズですよね。一体なにが世界一かといいますと……クレーンゲーム(UFOキャッチャー)の台数なんです!
自称NO.1も少なくないなかで、こちらのお店は2012年3月にギネス記録に認定。世界が認めたNO.1店です。その話題性などから、今やテレビなどのメディアに頻繁に取り上げられる超有名店となっており、遠方から足を運ばれる方も多い人気店なんですよ。

写真:大宮 つる

ギネス認定証は、1階の入口付近にあるカウンターの上方に掲示されています。

クレーンゲーム台数、世界一になった理由が泣ける……

写真:大宮 つる

「世界一のゲームセンター エブリデイ(行田店)」は2011年オープンと上述しましたが、「エブリデイ」というお店自体は北本の地で1990年に創業されました。創業当時は家電ディスカウント専門店だったとのこと。
会社HPによれば、社長の中村秀夫さんはクレーンゲーム機にたまたま興味を持ち、1992年に機械を1台導入。それを皮切りに、鴻巣店、北本店、太田店、上尾店と“クレーンゲーム専門店”をオープンするまでに至ったといいます。その当時は、ほかには類を見ないクレーンゲーム専門店として大盛況を誇っていたそうですが、年々、時代の波には打ち克てず、2011〜2013年にかけて上記4店舗はあえなく閉店に……。

写真:大宮 つる

廃棄されようとするクレーンゲーム機に再び活躍の場を与えようと土地を探し出し、心機一転2011年にオープンしたのが、「エブリデイ(行田店)」でした。閉店した4店舗分の機械が行田店に集まったことで、2012年に「世界一のゲームセンター エブリデイ(行田店)」となったわけですね! そういった歴史をもつ機械なんだ……という目で見てみると、感慨深いものがあります。
では以下より、世界一のクレーンゲーム台数という点以外に、「エブリデイ」ならではの特徴をご紹介します。

特徴1:超!変わり種のクレーンゲームがある

写真:大宮 つる

オンリーワンの特徴としては、他の店舗には絶対ないであろうクレーンゲームがあるところです。
写真は、“化石”が取れるクレーンゲームですが、「え、化石??」って思ってしまいますよね。化石のほかにも、“宝石”や“隕石”などといった超変わり種の品をGETできるかも!なのです。とくに“宝石キャッチャー”は、日本テレビ系列のバラエティ番組『月曜から夜ふかし』で取り上げられ、大きな話題を呼びました。取れるか取れないかは運要素も絡んできますが、遊び感覚で試してみてはいかが?

特徴2:100円で複数回遊べる台がある!

写真:大宮 つる

クレーンゲームというと、100円で1回、あるいは200円で1回などといった価格設定が一般的。ですが、「世界一のゲームセンター エブリデイ(行田店)」では、100円で4回、8回など、複数回遊べる台があるんです! 何度も気軽にチャレンジできるのが嬉しいポイントではないでしょうか。

特徴3:スタッフさんが景品の取り方を教えてくれる!

写真:大宮 つる

3つ目の特徴は、お店のスタッフさんが景品の取り方を伝授してくれるという点。これはとっても有り難いですよね。景品の大きさ・形状、アームの形などによって攻略の仕方が異なってきます。チャレンジする前にスタッフさんに取り方を尋ねてみるといいかも!
以上、「世界一のゲームセンター エブリデイ(行田店)」について紹介しましたが、いかがでしたか? 世界一の台数ということもさることながら、レトロ感漂う味わい深さ、景品の豊富さ・ユニークさなどをぜひ体感しに遊びに行ってみてくださいね。
なお、行田には本文で紹介したとおり、「忍城」、「さきたま古墳公園」、「古代蓮の里」などなど観光スポットがたくさんありますので、こういった場所もあわせて行田巡りをされるとグッと満足度が高まりますよ!

世界一のゲームセンター エブリデイ(行田店)の基本情報

住所:埼玉県行田市下忍644-1
電話番号:048-598-8649
アクセス:東北自動車道「加須IC」より約31分。首都高速5号池袋線「与野JCT」より約1時間10分(無料の駐車場あり)
電車の場合、JR高崎線「吹上駅」が最寄り駅
2018年6月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
世界一のゲームセンターエブリデイ 行田店
http://ufo-everyday.com/
行田市観光ガイド - 行田市観光協会
http://www.gyoda-kankoukyoukai.jp/
実物の横穴式石室の見学も!埼玉県「さきたま古墳公園」満喫する5つのポイント
https://www.travel.co.jp/guide/article/18263/
埼玉県名発祥の地「前玉神社」で恋愛成就・夫婦円満祈願!
https://www.travel.co.jp/guide/article/18251/

【トラベルジェイピー・ナビゲーター】
大宮 つる

提供元:トラベルジェイピー 旅行ガイド

オリコントピックス