• ホーム
  • 趣味
  • 【親子でのんびり鎌倉ハイキング】鎌倉三大緑地のひとつ、台峯緑地を行く

【親子でのんびり鎌倉ハイキング】鎌倉三大緑地のひとつ、台峯緑地を行く

この春、息子は小学2年生になった。親を介さず、子ども同士で遊ぶ約束を交わして出かけることが増えてきて、それ自体は大変喜ばしいのだけれど……。大人が「面白そうだからいっしょに出かけない?」と誘っても、「いや、ボクはいいよ」と返されるケースもしばしば。

今回の台峯(だいみね)緑地ハイキングも、最初は渋られた。梅雨入り前の、空気がカラッとしているこの時期に行かないのはもったいない! 山を抜けたら大きな公園に出るからそこで遊ぼうよ、と言うと、ようやくその気になった。

台峯緑地へは、JR北鎌倉駅を降りて住宅街の中を歩いていく。坂道をふうふういいながら進んでいると、あじさいの生け垣に出くわした。まだ咲き始めではあったが、季節を先取りした気分でちょっとうれしい。

あじさいの続く道を過ぎたあとも、容赦なく急勾配が続く。まだハイキングコースにたどり着く前の段階だ。実は、3年前にも台峯緑地を訪れたことがあるけれど、こんなに急な道だったっけ……!? 「斜めに登ると、楽かもしれないよ」と、さっそく実践し始めた息子。思ったほどの効果はなかったと見えて、あっさり今までと同じ歩き方に戻していた。

目の前に奥深い森が広がっている。やっと台峯の入口までやってきた。アスファルトから土の道に足を踏み入れた途端、一瞬にして涼しい空気に包まれた。

鎌倉三大緑地のひとつ、台峯緑地の面積はおよそ28.7ヘクタール。東京ドーム約6個分の広さに相当する。もともとは鎌倉を代表する里山のひとつで、人びとは薪や炭、堆肥として活用できる木を植え、伐採し、下刈りをするなど、暮らしのために利用しながら森と共存してきた。その後、里山に頼らなくても生活が成り立つようになり、次第に荒廃が進んでいった。しかし、2008年から地域住民が保全活動を始め、本来の姿に戻すべく定期的に手入れを続けているという。

緑地入口から10分もせずに、展望台に到着した。正午をとっくに回っていたので、ここでお弁当休憩を。六国見山(ろっこくけんざん)の濃い緑と、手前の淡い黄緑色とを交互に眺めながら食べたら、あっという間に弁当箱が空っぽに。食休みののち、ふたたび歩き出す。

皮がはがれている木を見て、「これは生きているのかなあ?」道中、気になるものを見つけたら立ち止まって観察する。もし何かわからなくても、推測してみる。正解を知るのも大切だけれど、いま持っている知識を最大限活用して考えるのは、大人にとっても頭の体操になるから面白い。

平坦な道が多く、とても歩きやすい台峯。ハイカーが通り過ぎた跡をたどれば、ほぼ危険な箇所はないといえよう。それでも、慎重派の息子は二股に分かれた道で、より安全そうなほうを選んでいた。

山道を抜けて、ふたたび住宅街に出た。ただ歩くだけでは物足りなくなったのか、息子、歩道脇の少し高くなったところに登り、そこからジャンプ! 高い場所を見つけた途端、登って飛び降りたくなる衝動は、何歳まで続くのだろう……。

だんだん息子のテンションが下がってきた。「暑い」「公園は行かなくていいよ」「もうそろそろ帰ろう」歩き始めて1時間少々。体力的にはまだまだ余裕があるはずなのに、飽きてきたのだろうか。

北大路魯山人が晩年を過ごした星岡窯(せいこうよう)を通り過ぎると、小さな谷戸があった。すぐ近くにある小学校では授業の一環として、ここで野菜を育てているとのこと。さっきまで文句ブーブーだった息子は、いつの間にか高いところに登っていて、どこから飛び降りようか考えている様子で、岩の上をうろうろしていた。

さて、ここから最終目的地の鎌倉中央公園を目指したいのだが……、道が見当たらない。谷戸に遊びにきていた家族に尋ねてみたが、行けるとは聞いているけれど、実際には行ったことがないという。登山アプリ「YAMAP(ヤマップ)」でダウンロードしておいた地図を確認して、どうやらここ、という位置を見つけたものの、草ぼうぼうだし、人が通るにはちょっと幅が狭すぎやしないか?

試しに、ちょっと入ってみて、厳しそうだったら引き返すことになった。ここで驚きの行動に出たのが、ついさっきまで帰りたがっていた息子。急にスイッチが入ったのか、ずんずん早足で進んでいく。置いてきぼりをくわないよう、大人ふたりは必死でついていく。ロープ場も難なくクリアし、草をかき分け、「ねえー!」と後ろの大人を気遣って立ち止まり、ハアハアいいながら近づいてくる姿を確認したら、またさっさと駆け足で進む。

5分ほど歩いたところで険しい山道は終わり、先ほどのような道幅にゆとりのあるハイキングコースを少し歩いたのち、またまた住宅街へ。数分後にはゴールの鎌倉中央公園に到着した。着いたら着いたでさっそく木に登り始め、その後はサッカーに鬼ごっこにフリスビーと休む間もなく遊び、息子はニコニコ、大人はヘトヘトになった。

◎文=旅音(たびおと) カメラマン(林澄里)、ライター(林加奈子)のふたりによる、旅にまつわるさまざまな仕事を手がける夫婦ユニット。単行本や雑誌の撮影・執筆、トークイベント出演など、活動は多岐にわたる。近年は息子といっしょに海外へ出かけるのが恒例行事に。著書に『インドホリック』(SPACE SHOWER BOOKS)、『中南米スイッチ』(新紀元社)。http://tabioto.com

提供元:BE-PAL

オリコントピックス