132.8億年前の宇宙に酸素

最初期の星の形成解明に

酸素が検出された銀河のイメージ(国立天文台提供)

大阪産業大や国立天文台、名古屋大などのチームは、地球から132億8千万光年離れた、しし座方向の銀河に酸素があることを南米チリのアルマ電波望遠鏡を使って突き止めたと16日、発表した。 今から132億8千...

提供元:共同通信

オリコントピックス