九電玄海原発3号機が営業運転

蒸気漏れ対応で3週間遅れ

九州電力玄海原発3号機。奥は4号機=3月13日、佐賀県玄海町(共同通信社ヘリから)

3月に再稼働した九州電力玄海原発3号機(佐賀県玄海町)が16日、原子力規制委員会の最終検査を終え、営業運転に移行した。当初は4月24日を予定していたが、再稼働から1週間後に穴が開いた配管から蒸気が漏れ...

提供元:共同通信

オリコントピックス