アニメ&ゲーム カテゴリ
  • ホーム
  • おでかけ
  • 日比谷の街が劇場に!「Hibiya Festival」が宮本亜門さん演出でスタート

日比谷の街が劇場に!「Hibiya Festival」が宮本亜門さん演出でスタート

ステージは熱狂に包まれた

東京都千代田区に3月29日(木)にオープンした、ショップやレストラン、映画館などの複合施設「東京ミッドタウン日比谷」。同施設の開業後初のエリアイベントとして、観劇の祭典「Hibiya Festival」が、4月26日(木)から5月20日(日)まで開催。初日26日のオープニングショーでは、宮本亜門さんプロデュースによる一夜限りの特別ショーがあり、華やかなパフォーマンスが繰り広げられた。

ショーは、大澄賢也さん(ストーリーテラー)、中川晃教さん(特別出演)、鈴木瑛美子さん、SAMURIZE from EXILE TRIBEをはじめ総勢約50名のパフォーマーが出演した。鹿鳴館があった格式高い場所であり、近代化に伴い舞台芸術の花が開いた場所でもある日比谷界隈。大人の世界に憧れる少女が、恋に落ち、音楽、ダンスなどのエンターテインメントに酔い、痛みを伴いながらも未来を見つめ、成長していくストーリーを表現した。

60年代は「My Eyes Adored You」「君の瞳に恋してる」、80年代は「Holding Out For A Hero」、近未来は「SAMURIZE」6人による光るスーツのダンスなど、ここ100年のヒットチューンが時代とともに展開し、それぞれに盛り上がりを見せた。

ステージの周りは大勢の観客たちであふれ、色とりどりの光線が飛んだり曲が変わったりする度に歓声をあげ、拍手を送っていた。東京ミッドタウン日比谷のビルの上層階から、ガラス越しに鑑賞する人たちもいた。

上演後、宮本さんは「僕は日生劇場で自分が31歳のときに初演出をやった。日比谷はあらゆることを学んで、そして人を喜ばせること、楽しませること、一緒につなぐことというのを教えてくれる」と日比谷への思いを語り、「日比谷を一緒に盛り上げていきましょう!皆さんのお力が必要です」と呼びかけた。

また、アーティスト・ヤノベケンジさんによるシンボルオブジェ「Flora」の特別演出もあった。高さ4mの少女の像が、光を放ちながら立ち上がり、まぶたを開けて目覚める様子が披露された。ちなみに、Floraがウインクをする瞬間を見ると幸せになれる、というウワサがあるそう。フェスティバルのアイコンとなるFloraの特別演出は、期間中毎夜18時30分、20時、21時30分に行われる(※荒天中止)。

フェスティバルでは、芸術文化・エンターテインメントの聖地にふさわしい、演劇やダンス、舞踊、ミュージカル、オペラなどのさまざまなステージパフォーマンスが上演される。帝国ホテルや日比谷公園など、日比谷の街の随所で特別企画が予定されているので、もっと観劇を身近にしに行ってみよう。(東京ウォーカー(全国版)・セキノユリカ)

提供元:Walkerplus

オリコントピックス