アニメ&ゲーム カテゴリ

タイの新名物?ソムタム専門店で食べたい揚げソムタム

辛味・酸味・甘味が絡み合う独特の味わいが癖になるタイ料理。優しい味付けの多い日本食とは正反対のようで、意外にも日本人のファンが多いタイ料理はやっぱり本場タイで味わってみたいもの。ソムタムを筆頭に、タイ東北料理が味わえるレストラン「バーン・ソムタム(Baan Somtum)」は味良し・価格良し・雰囲気良しでタイ人にも大人気。他では中々味わえない揚げソムタムなんてメニューもあるんです!

気取らないけど雰囲気抜群の一軒家レストラン

写真:日向 ちゃあむ

閑静な住宅街に佇む一軒家レストラン「バーン・ソムタム(Baan Somtum)」は、お洒落な外見と開放的な店内でタイ東北料理が味わえるソムタム専門店。BTSエカマイ駅から徒歩約7分。小路を入ったところにある隠れ家的超人気店です。客層はハイソなタイ人が多く、大人数のグループや家族連れなどにもおすすめ。

タイの定番サラダ「ソムタム」は30種類近いラインナップ

写真:日向 ちゃあむ

店名にもなっている「ソムタム」とは、青パパイヤやインゲン、トマトなどの野菜に唐辛子、にんにく、ライム、魚醤、砂糖を加え、木製すり鉢とすり棒でポクポク叩いて作るタイ定番のサラダです。
「バーン・ソムタム」のソムタムはとにかく種類が豊富。パパイヤのみならずキュウリやスイートコーンを使ったソムタムまで。生牡蠣や海老を使ったものもリーズナブルに頂けます。

写真:日向 ちゃあむ

タイではポピュラーな「塩漬け卵のソムタム」や「グリルした豚肩肉が入ったソムタム」(共に75バーツ)は、青パパイヤのシャキシャキ感がたまらず食通も納得の味。

写真:日向 ちゃあむ

他では中々見ないありそうでなかった珍しいメニューが「揚げソムタム」(75バーツ)。そのまま食べるとまるで細〜いフライドポテトのよう。甘みがあり、スッと噛み切れる柔らかさ。子ども受けもいいサックサクの歯ごたえ。ソムタムと言われなければ分からないレベルです!
辛いものが苦手な人にもおすすめで、ピリ辛のソースを絡めれば、一気にタイ風味のしっかり効いたソムタムに!

超人気店になったもう一つの秘密は…

写真:日向 ちゃあむ

この店が超人気店になったもう一つの理由は、扱っている素材がとにかく新鮮なこと。年中暑いタイでは躊躇してしまう生のシーフードだって迷い無くオーダーできるこの鮮度。屋台だったら敬遠しがちな生海老も、タイ風ソースにからめ、薬味と一緒にぷりっぷりの食感を楽しみながらさっぱりと頂くことができます。
写真右側、おつまみとしても人気の「コームーヤーン」(豚のノド肉のあぶり焼)は柔らかくてジューシー。肉食べた感に浸れる一品で、もち米との相性抜群です。

写真:日向 ちゃあむ

鶏手羽先の唐揚げはしっかりと味がしみこんでいてビールにもぴったり。小魚やコーン、バナナの花のフライなど、揚げ物も種類が多くボリューム満点です。

写真:日向 ちゃあむ

食後のデザートには、タイの伝統スイーツが30〜40バーツほどで楽しめます。ココナッツアイスに仙草ゼリーのブラウンシュガーがけ。甘さ控えめでぺろりといけるお口直しのタイスイーツはやっぱり別腹確定。

ディナーにも使える魅力いっぱいのタイ料理店

写真:日向 ちゃあむ

夜はライトアップされ雰囲気が一変。ゴージャスな佇まいで頂く外れのないタイ料理は最高!駐車場が満車になるほどの人気店ですが、席数も多く回転も比較的良いので、割とスムーズに入店できるのもお客さんが支持する理由の一つ。
初めて訪タイする人にもおすすめできるタイ料理の魅力がいっぱい詰まった場所です。素敵な雰囲気のお店で大切な人とタイの絶品料理を味わってみては如何ですか。

バーン・ソムタムの基本情報

住所:15 Soi Sukchai, Prakanong, Klongtoey, Bangkok
電話番号:+66-2-381-1879
アクセス:BTSエカマイ駅から徒歩約7分
営業時間:11:00〜22:00

■関連MEMO
Baan Somtum
http://www.baansomtum.com/

【トラベルジェイピー・ナビゲーター】
日向 ちゃあむ

提供元:トラベルジェイピー 旅行ガイド

オリコントピックス