アニメ&ゲーム カテゴリ

もはや観光スポット!シンガポール「チャンギ国際空港」

ワールドエアポートアワードで第1位を獲得し続けている、シンガポールにあるチャンギ国際空港。利便性、エンターテインメント、グルメ、すべてにおいて秀でており、もはや1つの観光スポットとなっています。
フライト時間よりも早く行って空港で楽しみたい、あえてシンガポールで乗り継ぎをしたい、今回はそんな気持ちにすらさせる魅力たっぷりのチャンギ国際空港の出国エリアのご紹介です。

チャンギ国際空港は癒しの空間を提供

写真:小出 友里

まず、チャンギ国際空港が高く評価されている理由の1つは、その優れた空間演出。空港内の所々に、写真のような空港とは思えない癒しスポットが点在します。池には鯉が泳いでおり、ベンチでゆっくりと休憩をするには、最適なスポットとなっています。
他にもバタフライガーデン、ひまわりガーデンなど、ターミナルごとに撮影スポットにもなるような施設が設置されており、散策を楽しむことができます。空港というとざわついた忙しい場所のイメージですが、チャンギ国際空港はリラックスした雰囲気作りに見事に成功しています。

24時間営業のフードコート

写真:小出 友里

2つ目の人気の秘密は、いつでも好きな時間に食事が楽しめるということ。出国エリアには24時間営業のフードコートが設置されており、深夜、早朝のフライトであっても時間を気にせず食事をすることができます。
ラクサやチキンライスなど、シンガポールに来たら絶対に食べておきたいグルメも揃っており、観光中は食べる機会がなかった、という場合でも、最後の最後に空港で堪能することが可能です。
フードコート以外にも、カヤトーストやカレーパフなど、定番の軽食用店舗も出国エリア内に点在しているので、小腹が空いた時に立ち寄るのもいいでしょう。

無料で楽しめる映画館やゲーム、プレイエリア

写真:小出 友里

ターミナル2と3に設置されているエンターテインメントデックには、映画館とゲームエリアが設置されています。
ここの映画館では、なんと24時間無料で映画を観ることができます。しかも、放映されている映画は公開終了直後の最新の映画。受け付けなどもなく、出入りは自由となっているので、ちょっとした空き時間を潰すには最高です。
また、子供が喜ぶゲームコーナーも併設。PlayStation 3やXbox 360などのゲームを自由にプレーできるようになっています。このエンターテインメントデックへ行けば、長い乗り継ぎ時間でも退屈することなく時間を過ごすことができるでしょう。
加えて、エンターテインメントデック内には、ゆったりとしたソファが設置された休憩スペースもあるので、仮眠をとるにも便利なように考えられて作られています。

写真:Changi Airport

すべてのターミナルに設置されている、12歳までの子供用のプレイエリアです。まるで公園のような大きなスライドが用意されており、思う存分体を動かして遊ぶことができます。ここで子供を元気に遊ばせておけば、飛行機の中では疲れてゆっくりと寝てくれるでしょう。
チャンギ国際空港はアジアでのハブ空港なので、いろいろな国籍の人が利用しています。そのため、プレイエリアで遊びつつ子供たちに国際交流をさせることができますよ!

チャンギ国際空港でショッピングも満喫

写真:小出 友里

チャンギ国際空港には24時間営業してる免税店があります。そのため、フライトの時間に関係なく、ショッピングをすることができます。また、TiffanyやHermes、Victoria’s SecretにTory Burchなど、人気のブランドは一通り入っており、国内で購入するよりも1割程度安く購入することができます。
さらに、クッキー店"ENGAWAN SOLO"や、ビーフジャーキーが購入できる"Bee Cheng Hiang"、紅茶専門店"TWG"など、シンガポールのお土産の定番が出店しています。そのため、お土産を追加で購入したい場合や、買い忘れがあった場合も、空港でゆっくりとお土産探しをすることができます。

写真:Changi Airport

第3ターミナルにある美容商品を扱っている"Shilla Beauty Loft"では、化粧品や香水を購入するだけではなく、まるでエステに来たかのようなサービスを受けることができます。
"Shilla Beauty Loft"には、ラ・プレリーによるスキンケアバーやSK-II ピテラのラウンジが設置されており、それらの製品を使ったフェイシャルマッサージなどのトリートメントを受けることができます。
飛行機に乗っていると肌が乾燥してしまったり、寝不足により肌が荒れてしまったりなど、女性には悩ましいことが多くありますよね。チャンギ国際空港ではそんな肌トラブルを一気に解消して、いつも通りの美しい肌を取り戻すことができます。

ホテル、シャワーがあり利便性も◎

写真:Changi Airport

空港で一泊する場合、ベンチで睡眠をとらなければいけないということもありますが、チャンギ国際空港ではそんな心配は全く必要ありません。出国エリア内にはトランジットホテルが設置されており、わざわざ入国をしなくてもホテルでしっかりと休むことができます。
また、シャワールームの他にも、ジム、スパなどの豊富な施設があり、フライトで疲れている時などリフレッシュをすることができます。これで寝不足や疲れとは無縁な快適なフライトに備えることができるでしょう。

写真:Changi Airport

第1ターミナルにあるエアロテルエアポートトランジットホテル内には、屋上プールが設置されています。宿泊者はもちろんのこと、ホテルを利用しない方でも有料でプールのみ利用することが可能です。プールの他にもジャグジーやプールサイドバー、シャワーが設置されているので、リラックスするには最適な空間となっています。
朝の6時から利用することができるので、シンガポールの日の出と共にプールでゆっくりと日光浴を楽しむのもいいでしょう。
魅力たっぷりのチャンギ国際空港。空港は退屈な場所、そんなイメージを一掃するかのような充実ぶりで、空港に遊びに行く、という新たな概念を生み出してくれます。シンガポールに行った際には、空港=観光スポット、ということを忘れずに、チャンギ国際空港を満喫しましょう!

<チャンギ国際空港の基本情報>

住所:Airport Blvd
電話番号:+65-6595-6868
2018年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
Changi Airport
http://www.changiairport.com/

【トラベルjpナビゲーター】
小出 友里

提供元:トラベルジェイピー 旅行ガイド

オリコントピックス