• ホーム
  • おでかけ
  • 士林夜市・辛發亭は台湾名物・雪花冰の元祖!とろけるカキ氷に悶絶!

士林夜市・辛發亭は台湾名物・雪花冰の元祖!とろけるカキ氷に悶絶!

台北最大級の「士林夜市」は、屋台、路面店、市場となんでもそろう台湾屈指の観光地。地元人はもとより観光客も一度は訪れる人気スポットとなっています。台湾のあらゆるB級グルメがひしめくこのエリアで、並んででも食べたいのが「辛發亭」。
今でこそ、台湾全土で食べられる雪花冰(フワフワ氷)ですが、実は辛發亭が元祖。元祖と聞いたら食べるしかない!台湾人の胃袋を魅了し続ける絶品カキ氷の魅力に迫ります。

もはや芸術品!珈琲雪片

写真:浮き草 ゆきんこ

雪花氷とはミルクを凍らせて削った氷のことですが、お店によって呼び方はまちまち。辛發亭では、雪片とメニューに記載されています。
早速、雪片をオーダーと思っても、メニューは、小豆、抹茶、緑豆などの豆類、プリンなど20種類以上!最も、台湾らしいのは、豆やピーナッツ、だんご、サツマイモなどがごろごろ入っている蜜豆冰。豆好き必見です!

写真:浮き草 ゆきんこ

筆者一押しは珈琲雪片。まずは、この芸術作品をご覧ください!ミルク氷の上にたっぷりのコーヒー氷を薄く削ると、切れずに一枚の紙のようになり、さらにどんどん折り重なりこのような形になります。
下のミルク氷を一緒に食べると濃厚カフェラテの味わい。練乳と一緒に食べると甘さが加わり、コーヒー牛乳のような味がします。パラパラと振りかけられたチョコチップも味にアクセントをつけてくれます。

超甘党の人にチャレンジしてほしい!雪山変化

写真:浮き草 ゆきんこ

雪花氷の元祖として有名な辛發亭ですが、他店にはないもっと変わったかき氷を!という思いでさらに開発を進めて作ったのが雪山変化(ピーナッツミルク氷)です。
ベースのミルクにピーナッツペーストをあわせて作った氷を削ると先ほど紹介した珈琲雪片と同じような形状に。
サーブされた瞬間、あま〜いピーナッツの香りに包まれます。そして、食べてみると、かなり濃厚でこってりとした味わい。ピーナッツ好きであれば「おいしい!」と最初はかなりスプーンが進みますが、あまりのこってりさに最後はダウン。2〜3人で一つがちょうどよいでしょう。
まだまだ甘いのいける!という人は練乳をかけてもらってください。極上の甘さを体験できますよ!

神業的な作業

写真:浮き草 ゆきんこ

台北最大級の「士林夜市」の中にあり、さらに人気店である辛發亭は、オープンから常に人でいっぱい。途切れることはありません。
入口には2台のかき氷機を設置し、常にフル回転。珈琲雪片などを手早くかつ芸術的に仕上げていくさまは圧巻です!
夏は並んでいる間に暑さと湿気で汗だくになりますが、氷を削っている音を聞いているだけで涼しくなれます。

衣料品などの店舗の間に突然かき氷やさん!

写真:浮き草 ゆきんこ

士林夜市には、美食区というグルメの屋台が集結したフードコートがあります。辛發亭もこのフードコート内にあると思われがちですが全然違います。衣料品などの屋台が並ぶ場所にあるんです。
メインの通り(大東路)をまっすぐ歩き安平街という細い通りに入るとお店がありますが、安平街という表示が見えづらくとにかくわかりづらい!初めての人はかなり難易度の高いルートです。
辛發亭を最初に目指すのであれば、メイン通りに入らずに文林路に沿って歩き、映画館が見えたら右に入りましょう。ほどなくして行列が見えるのでお店を発見できます。

夏はマンゴー、冬はイチゴ!

写真:浮き草 ゆきんこ

もちろん、フルーツかき氷もあります。季節限定で夏はマンゴー、冬はイチゴのかき氷を食べることができます。
どちらもミルク氷との相性抜群!自家製シロップも絶品です。

辛發亭の基本情報

住所:台北市士林区安平街1号
営業時間:平日15:00〜24:00/土日12:00〜24:00
アクセス:MRT「劍潭」駅の1番出口から徒歩10分。メインの通り(大東路)をまっすぐ歩き安平街という細い通り沿い
※2018年2月現在の情報です。最新の情報は公式サイトなどでご確認ください。

■関連MEMO
辛發亭
https://www.facebook.com/pages/%E8%BE%9B%E7%99%BC%E4%BA%AD/185408504814074

【トラベルjpナビゲーター】
浮き草 ゆきんこ

提供元:トラベルjp<たびねす>

オリコントピックス