CULTURE UP FILE

BOOK 美に効く虎の巻

新しい出会いが待っている春になる前に、読んでおきたい心身とおしゃれをサポートする3 冊を紹介!

『ぷよっと感じ始めたカラダが1日5分で引き締まる モデル流! 体幹革命ストレッチ』

著:武田敏希
有名モデル専属トレーナーの初メソッド本
ダイエット目的でやみくもに運動を始めても、美しくやせるどころか部分的に太くなることも……。TV 番組や女性誌に多数出演しているパーソナルトレーナーの著者が、1 日5 分で引き締まるメソッドを、理論的に実践指導をしてくれる指南本。
発売中 \1,300 KADOKAWA

『sweet 特別編集 河北メイク』

著:河北裕介
写真集としても楽しめる永久保存版な1冊
トップモデルや人気女優からの信頼を得て、数々の雑誌や広告で活躍するメイクアップアーティスト、河北裕介のメイクテクを詰め込んだメイク本。誰でも再現できるテクニックや、SNS映えテクニックなどを網羅した実用性の高い1 冊。
発売中 \1,200 宝島社

『ぼくの名前はズッキーニ』


著:ジル・パリス 訳:安田昌弘 解説:金原瑞人 装画:fancomi
映画も公開中! のフランスベストセラー
突然の事故により母親を失った9 歳のズッキーニは、養護施設レ・フォンテーヌに入る。はじめはなじめなかったものの、次第に仲間たちと心を通わせていくズッキーニの成長を描いた、大人から子供まで共感できるフランスのベストセラー小説。
発売中 \1,800 DU BOOKS

Theater 今月のオススメ舞台

大人気の舞台シリーズの続編が完成。絶対観て損なしのクオリティです!

『ONWARD presents 劇団☆新感線『修羅天魔〜髑髏城の七人 Season極』Produced by TBS』

「髑髏城の七人」最終シーズンは奇しき縁に結ばれた男女の愛憎劇
IHI ステージアラウンド東京で約1年3 か月続くロングラン公演の、最終を飾る“ 極” が登場。渡り遊女、実は織田信長に最も信用された凄腕の狙撃手の極楽太夫(天海祐希)、髑髏の仮面で素顔を隠した天魔王(古田新太)。ふたりの奇しき縁の歯車が回り出す。天海、古田のほかには、福士誠治、竜星 涼、清水くるみ、三宅弘城、山本 享、梶原 善、と若手からベテランまでが出演。
3/17〜5/31、IHIステージアラウンド東京にて公演
http://www.tbs.co.jp/stagearound/shuratenma

『舞台「パタリロ!」★スターダスト計画★』

ハチャメチャなギャグと美が共存「パタリロ!」の舞台第2弾
1978 年に『花とゆめ』で連載開始、1982 年にはアニメ化。10 歳のマリネラ国王、パタリロ・ド・マリネール8 世が巻き起こすギャグマンガの舞台化第2弾は、原作の中でも人気の高いストーリー「スターダスト計画」。今回も破壊的天才少年・パタリロを加藤 諒、美少年キラー・バンコランを青木玄徳、その恋人マライヒを佐奈宏紀演じる。
3/15〜3/25、東京・天王洲 銀河劇場、3/30〜4/1、大阪・森ノ宮ピロティホールにて公演
http://www.nelke.co.jp/stage/patalliro2018/

ART & Event今月のオススメアート&注目イベント

大型展覧会が多数控える春。ひと足早く春の展覧会をチェック!

『プーシキン美術館――旅するフランス風景画』

巨匠が愛した光と色彩を巡る旅
珠玉のフランス絵画コレクションで知られるモスクワのプーシキン美術館から、17 世紀から20 世紀の風景画65 点が来日。神話の物語や古代への憧憬、身近な自然や大都市パリの喧噪など、描かれた時代と場所を軸にフランス風景画の流れを紹介。
4 / 14 〜 7 / 8、東京都美術館 企画展示室にて開催
http://pushkin2018.jp チケットをペアで5 組に。

クロード・モネ《草上の昼食》1866 年 油彩・カンヴァス
The Pushkin StateMuseum of F i neArts,Moscow

『猪熊弦一郎展 猫たち』

数百匹のユニークな猫たちが大集合
「いちどに1 ダースの猫を飼っていた」というほどの猫好きとして知られる、昭和期の画家・猪熊弦一郎。その猫を描いた油彩、水彩、素描を中心に、猫以外の主題を加えた百数十点のユニークな作品が集結。
3 / 20 〜 4 / 18、東京・Bunkamura ザ・ミュージアムにて開催
http://www.bunkamura.co.jp チケットをペアで5 名に。

《不思議なる会合》1990 年 アクリル・カンヴァス 丸亀市猪熊弦一郎現代美術館蔵
The MIMOCA Foundation

創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生 つながる日本美術」

つながる「名作」と「巨匠」が集結
若冲・雪舟ら巨匠たちによる絵画や「源氏物語」など古典文学から生まれた工芸、近代洋画まで、さまざまなドラマを持って誕生し、受け継がれた名作の数々を12 のテーマで紹介。約120 件を通して名作たちの「つながり」が楽しめる。
4/13 〜5/ 27、東京国立博物館 平成館にて開催
http://meisaku2018.jp チケットをペアで5 組に。
重要文化財 仙人掌群鶏図襖 伊藤若冲筆 江戸時代・18 世紀 大阪・西福寺蔵

『パリ開催・傘寿記念 与勇輝展 創作人形の軌跡』

日本は誇る人形作家の創作活動半世紀の軌跡
「世界が尊敬する日本人100」にも選ばれた、人形作家、与勇輝。2017 年80 歳になり、パリの日本文化会館で開催される傘寿記念展が日本国内でも開催。初期の作品から、人気の郷愁シリーズ、大作「椿峠の合戦」など代表作約80 点と、新作約70 点の合計150 点を展観。
3 / 21 〜 3 / 10 まで、松屋銀座8階イベントスクエアにて開催。チケットをペアで5 組に。
「たま(2015 年)」与勇輝作 撮影/南正



『生誕150年 横山大観展』

10年ぶりの生誕記念大回顧展
師の岡倉天心とともに日本美術院を設立。日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつ、変革を試みてきた横山大観。40 m超という日本一長い画巻《生々流転》や、100 年ぶりの発見となった《白衣観音》《彗星》など、総出品数約100 点、生誕100 年、没後60 年を記念した展覧会。
4 /13 〜 5 / 27、東京国立近代美術館にて開催
6 / 8 〜7/ 22、京都国立近代美術館に巡回
http://taikan2018.exhn.jp/ チケットをペアで5 組に。
「群青富士」1917頃 横山大観 静岡県立美術館 4/13〜5/6

『鹿島茂コレクション フランス絵本の世界』展

絵本に潜むアール・デコを探る
フランス文学者・鹿島茂氏が30 年以上収集を続け、秘蔵してきたフランスの子どものための絵本コレクションを初公開。「ぞうのババール」など、19 世紀半ば〜 20 世紀半ばに出版された絵本約200 〜 250 点を展示。
3 / 21 〜 6 / 12、東京都庭園美術館にて開催
※同時開催「建物公開 旧朝香宮邸物語」
http://www.teien-art-museum.ne.jp チケットをペアで5 組に。
アンドレ・エレ『80 ページ世界一周』1927 年

※プレゼント応募方法は『bea’s UP 3月号』P143を参照
取材・文/山西裕美(ヒストリアル)

提供元:bea's up plus

オリコントピックス