• ホーム
  • 芸能
  • STU藤原あずさ、千鳥見習って地元岡山弁使いたい

STU藤原あずさ、千鳥見習って地元岡山弁使いたい

千鳥と、大阪で冠特番を収録したSTU48の、左から石田みなみ、今村美月、藤原あずさ(撮影・村上久美子)

瀬戸内エリアを拠点にする「STU48」の石田みなみ(19)今村美月(17)藤原あずさ(19)が12日、大阪・カンテレ(大阪市北区=関西テレビ)で、冠特番「STU48×千鳥 瀬戸内少女応援団」(28日深夜1時=関西地区、近畿中四国6局)の収録を行った。

今月31日にシングル「暗闇」を発売し、CDデビューを控えるメンバーは、3チームに分かれて瀬戸内へロケに行き、この日の収録には3人が出演。岡山出身の藤原は、千鳥・大悟(37)の故郷・北木島(きたきじま)で、大悟の両親から歓待を受けたと明かした。

「(移動の)ドライバーさんがお父さんで、(母の)手料理もいただきました」

岡山県内でも、北木島は「大悟の故郷」として有名になっているといい、藤原は「もちろん知ってました。いたるところに大悟さん、千鳥のポスターがあった」と、現地での千鳥人気に驚いたという。

スタジオ収録では、罰ゲームも体験し、藤原は「千鳥さんから心の強さ、ハートの強さを学びました。私たちも地元の言葉、岡山の言葉、使っていきたい」。これに大悟は「アイドルが方言使うたら、わしらが薄れるからやめてくれ」と苦笑。ノブ(38)は「ここぞ、という時だけ使えばいい。あかん時に『わやじゃ!』とか」とアドバイスを送った。

また、兵庫出身の石田は、淡路島へロケに行き、地元グルメを紹介。スタジオでは、ものまねネタが大すべりしても平然としていた千鳥に「すべった時の対応を学びました」。広島出身の今村は、昨年末のロケで、地元に帰省中の遠距離恋愛カップルを探すロケを終えており「今日は、千鳥さんから、リアクションの大切さを学びました」と話していた。

提供元:日刊スポーツ新聞社

オリコントピックス